033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
THE WHO@Nippon Budokan(11/17)
c0024243_619202.gif結成44年目にして初の単独来日公演を果たした、伝説のロックバンドThe Whoを観てきました!

直接・間接に関わらず、今好んで聴いている音楽や次世代のミュージシャンへ多大な影響を与えているロック界の偉人たちは、「一生に一度は観ておくべきであろう!」という自分なりの1つの価値観を持っているので、たとえ現役感バリバリでなくても、加えてチケ代が高額であろうと(苦笑)、やはり観ておきたいものです♪

ビートルズ、ストーンズ、キンクスと並び、英国の4大ロック・バンドと称される、ザ・フー。初来日は最初で最後かも・・という思いで、04年に開催されたフェス@横浜国際総合競技場(現在の日産スタジアム)へ観に行ったわけですが、最初で最後になってしまったのはロックオデッセイのほうっすね。ふはは・・(冷笑)
c0024243_6204831.jpg
関東3公演の中で週末・休日の横浜アリーナ・さいたまスーパーアリーナには目もくれず、迷わず月曜日のブドーカン!距離感はなるたけ近いほうが好いっ。チケ届いたときはS席でも1階席でアリーナ外した~!という思いでしたけれど武道館は即日完売だったらしく、ファンクラブ枠やVIPパッケージ(←¥45,000!)に良席が優先されていたので、取れただけでもラッキー。

開演ちょい前に会場へ入ると、ビール売り場と男子トイレに行列!観客の大半が団塊の世代と思しきオジさまたち。19:00を過ぎると色めき立ち、ステージではまだスタッフが音合わせ中でも関係な~い。オープニングSEのD.ボウイの “Jean Genie”が流れると立ち上がって手拍子が起きる。開演前から一体感を生み出す盛り上がりに笑っちゃうほど。オジさんパワーって凄いなー。
60~70年代のロック・コンサートってこんな雰囲気だったのかも!と、なんだかタイムスリップしたかのような感覚?!

1曲目“I Can't Explain”から合唱&拳振り上げ、年季の入ったファンは熱い!オリジナル・メンバーのロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼントの2人にザック・スターキー(dr)、ベース、ギター、keyという6人編成。音の厚みは期待以上!

ロジャーはハンドマイクを空中でブンブ~ン振り回し、ピートはグルングルン腕を回す(さすがにかつての映像で観たようなジャンプはなかったけど・・)、お約束のステージアクションにみんな大喜びで、一挙手ごとに歓声が上がる!
ロジャー小柄なわりに胸板厚すぎるだけあって、ガッツ溢れる歌声は最後まで衰えずでした!ピートは少し荒っぽいところも含め表情豊かなギタープレイが印象的で、数曲メインで歌ってたときや曲紹介のMCも生き生きしてました!
c0024243_6215360.jpg
at the IZOD Center on October 29, 2008 in East Rutherford, New Jersey.

でもまぁ、実はワタシが最も熱い視線を注いで観ていたのは・・・・・


ザーーック!!! なんですけどね。あははっ。

すんません。なんせベスト盤しか持ってない代表曲数曲しか知らない、永遠に初心者どまりなもんで。

現在43歳のザックは父親がビートルズのリンゴ・スター、幼少時代にザ・フーのキース・ムーン(故人)にドラムを教わっていたという、有名なエピソードを持った凄腕ドラマー。前回のフーのときはザックのこと知らずに観ていて、シロウト目に観てもうまいなーと思ったもんです。04年からオアシスの活動に関わり始めツアーにも参加していたので、サマソニ&単独で彼のプレイを観ているのですが、パワフルであり、安定感もあり、凄く存在感のあるドラムはギャラガー兄弟より目立っていた!

「ボーダーの長T!」「おぉツーバスやん!」「ますますお父さんに似てきた~!ぐはは。」ニヤニヤしながら双眼鏡を覗き込んで楽しんでましたわ。むふふー♪ザックのいないオアシスのライヴは、うーーん、魅力半減・・と感じて3月の来日公演は1日だけしか行かないつもりデス。

“Who Are You”でのフッフー、フッフ~♪は自然に口ずさんでしまい、“My Generation”はイントロから激反応して燃えましたけど、1番感動的だったのは“Baba O'reily”!!定番の代表曲ですよね~、特に好きな曲ではなかったのですが、観客の大合唱につられTeenage wasteland~♪を一緒に歌って(←歌詞がスクリーンに映し出されたのがよかった!)、ロジャーのハーモニカも何気にうまくて、感極まってる観客に感動でした。“Love Reign O'er Me”もファンの間では鳥肌ものの有名な曲のようですが、壮大なバラードに時々意識が遠くにいっちゃいました・・・。そんなときはスクリーンの映像(スクータに乗った若者とか)を観て楽しんでた、えへ。アンコール最後はピートのアコギとロジャーの歌だけでしっとり締めてました。

この日はアリーナ席には自分が居るのはふさわしくないな~って感じた。観客にもアッパレです!特にアリーナセンター最前の一団のノリノリはロジャーとピートもお気に入りって感じでしたもん!月曜日から濃厚な男臭いライヴを観て、今週は胸いっぱいお腹いっぱい状態だったわーん。

ザ・フーの軌跡を追ったドキュメンタリー映画 『AMAZING JOURNEY: THE STORY OF THE WHO』 もタイミングが良すぎ!観に行くっきゃない!




2008.11.17@Nippon Budokan

I Can't Explain
The Seeker
Anyway Anyhow Anywhere
Fragments
Who Are You
Behind Blue Eyes
Relay
Sister Disco
Baba O'reily
Eminence Front
5:15
Love Reign O'er Me
Won't Get Fooled Again
My Generation
Naked Eye
-------------------------------
(Encore)
Pinball Wizard
Amazing Journey
Sparks
See Me Feel Me
Tea and Theatre
by 033_MFS | 2008-11-22 15:57 | ♪音楽-LIVE
<< とりあえず布教活動 THE KBC@Shibuya... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ