033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
今から願かけ♪
この数年で知り合った音楽やブログつながりお友だちからよく聞かれる質問、

「誰(どのバンド)が一番好き??」



うーん、誰が一番とか考えたこともなかった……。そりゃぁ、長年不動で好きな我が心の5大バンドとかいるけど、イチバンなんて決められないよぅ~~。

って答えると、必ずといっていいほど「それじゃ、例えばU2とR.E.M.のライヴがカブったらどっちを観る?」とツッコまれる。

ハイ、決めました!ワタシの一番はR.E.M.ですっ♪

ここ近年になって気づかされたともいえるのかも。だからといって、毎日HPをチェックしたり、メンバーの誕生日を記憶してる!なんてことはないんだけど。つまるところ、音楽的に最も好きなバンドなのだ。スタイプには乙女的な心情に人類愛とでもいうべき感情を抱いておりますが。

そんなわけで(苦笑)、こんだけ放置しておいても、今年中に書いておかないと心置きなく年が越せないので、自分に向けて書き残しておきます!

やっぱり会場への交通手段とThe Nationalのことを書いておかないとね。




もしかしたら、いつか誰かの助けになるかもしれない!から書き残しておこうと思った交通手段ですが、すっかり忘れて・・・・・・・しまうほど楽ちんだったよ!

治安の悪い都会ではそれなりの高級ホテルに泊まった方が、困ったときのスタッフの応対や警備が安心かなぁと思い、空港から地下鉄(MARTA)で最も近いダウンタウンのPeachtree Center駅から近いHyatt Regencyにしました。予約したのは出発の5日前だったけか、ふはは。商業の街にありがちな平日はビジネスマンで混み合うホテルでも、週末になると空いてディスカウントレートで泊まれてしまう、ってゆうパターンでラッキーでしたわ。

ホテルから徒歩圏内を散策するぐらいしか観光できなかったのだが、道すがらPhilips Arenaを見かけました。20,000人キャパのアリーナはNBAやNHLのチームの本拠地で大物アーティストの公演もよく開催されています。R.E.M.も過去に公演を行ってましたし、会場名がついてる最寄駅からなら簡単に行けて、ここも遠征OKな会場じゃん!

会場のLakewood Amphitheatreは今年から名称が変わったそう。検索するとそれまで慣れ親しまれていたHiFi Buys Amphitheatreがヒットするので、事情を知るまで悩ましかったわ。

Peachtree Center駅から10分で最寄り駅のLakewood/Ft. McPherson Stationに着くと、ホームから会場行きのバス乗り場が目にはいってきて、地下鉄の乗車券を見せて乗れました。バスに揺られること10分で会場に到着、拍子抜けするほどちょー楽!
c0024243_475892.jpg
入場ゲートをくぐると、ドリンクと軽食のショップや物販がある休憩エリア。缶ビールが10$で高っ!と思ったらサイズがデカかった・・。キャパ19,000人の会場なので期待せず席に着くと、あらま、ステージがわりと近い!MSGならアリーナの真ん中ぐらいか。直訳するとレイクウッド円形劇場という会場は、屋根つき指定席:5,000、屋根無し指定席:2,000、後方芝生エリア:12,000という割合。既にThe Nationalが始まっていて、観客はまだ3割の入りだったけど、ステージ前の数百人入れるスタンディングエリアだけ満員!

The Nationalで気になっていたのはドラム!暗めの曲調で地味に憂いを帯びた美メロ、じわじわと迫ってくる低音ヴォーカルに、意外性のある変則的なリズムやドラムマシンのように淡々としたリズムをタイトに刻むのですが、なかなか目を引くパフォーマンス力を持っていると思います♪昨年か今年あたりフェスで来日してもよかったのに、彼らも欧米での注目度と比べたら・・ってやつですな。私はModest Mouseより気に入っちゃいました!

続くサポートアクトのModest Mouseは、特に追筆することは・・。昨年が初見のサマソニから1年以内に4回も観ることになるとは思わなかったー。前の席に4人家族がいて、10代半ばの姉弟がパパ仕込のモデストファンという感じで、ママ以外の3人がノリノリで歌詞バッチリの合唱をしていたのには、周囲の客も驚いてました。弟クンはR.E.M.でも初期の曲に反応していたツワモノ!アメリカならではの光景ですね~。

R.E.M.は写真やYouTubeを集めたページがあるので、そちらをどうぞ!
他の公演もここで映像なんかチェックしたら、実際に観ていなくてもレポが書けちゃいそう(苦笑)。各公演のセットリストはコチラから。

“So Fast, So Numb”と“Walk Unafraid”は原曲の2倍速って感じで、私の中でトップ20に入る好きな曲なので聴けて嬉しかったけれど、オリジナルバージョンのほうが好い!NY公演から連続して“Harborcoat”を演ってくれたんだよね~。アトランタのほうが観客の反応もよかった!“I've Been High”はアコースティックなアレンジで、原曲の柔らかい歌声とは違い力強く歌っていたのが印象的!

アンコールで今回の北米ツアー最終日にして初披露の“Nightswimming”♪
R.E.M.のなかで極上の感涙ソングです。始まった途端に、両目から大粒の涙がボロボロこぼれ落ち・・・マイクのピアノと対面して寄りかかっているスタイプ、奥ではスコットが何か弾いてるようだけど、涙で見えない。。。この曲では合唱せず聴き入っていた観客にもありがとうです~。はるばるアトランタまで観に来てよかったーーーーー!!!!!
c0024243_4475553.jpg
終演後のバス乗り場は大行列!!!仕切るスタッフはおらずテキトーに並んでいていつ乗れることやら・・でも、無理やり横入りしてくるマナーの悪い人はいない。バスは5~10分置きに次々と来ていたので不安になることはなかった!30分待ったら乗れて(後ろにはまだ数百人が待機)、駅についたらホームも乗り込んだ電車もライヴ帰りの客で満員状態!24:00頃にホテルの最寄り駅で降りると、駅構内のライトがこうこうと光っていたので薄暗かった昼間より怖くないぞ。で、地上に出てからホテルまでの数十メートルで若い黒人男性が話しかけてきたので避けるようにダッシュ!ふぅー、この数十秒がイチバン怖かったかも~。

余談ですが、アトランタは米国で最も独身者向きの都市だそうです。(ロイターより

21 June 2008 - Lakewood Amphitheatre, Atlanta, GA

These Days
Living Well Is the Best Revenge
So Fast, So Numb
What's the Frequency, Kenneth?
Time After Time
Driver 8
Man-Sized Wreath
Walk Unafraid
Hollow Man
Ignoreland
Houston
Electrolite
(Don’t Go Back To) Rockville
Auctioneer
Harborcoat
The One I Love
I've Been High
Let Me In
Bad Day
Horse To Water
Orange Crush
I'm Gonna DJ
---------------------------------
(Encore:)
Supernatural Superserious
Losing My Religion
Pretty Persuasion
Nightswimming
Fall On Me (w/ Johnny Marr)
Man On The Moon (w/ Johnny Marr)

c0024243_6182747.jpg
11月に南米ツアーが終了して今後の予定は?!?!?
先日ファンクラブから素敵な贈り物↑が届いたの~!カレンダーと今ツアーより3曲のライヴ映像(伊・米・西公演)を収めたDVD!年会費たったの$12で太っ腹!来年こそは来日してねー♪
by 033_MFS | 2008-12-16 21:04 | ♪音楽-LIVE
<< Sheryl Crow@JCB... とりあえず布教活動 >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ