033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
MOGWAI@Studio Coast(1/11)
インスト系は好んで聴かないので尻込みしてたんだけど、轟音のフィードバック・ギターは好物ですしライヴの評判もすこぶる良いので、これは観ておかないと!でした。グラスゴーを思い出す寒さの中・・・初モグワイ観てきましたー!
c0024243_17145677.jpg
【Mogwaiはスコットランドのグラスゴー出身の5人組、1995年結成。インストゥルメンタル主体のポスト・ロック・バンド。】

開場時に入場し狙っていたフロア後方の上段バルコニーへ。19:00から前座のRemember Rememberがスタート、Mogwaiと同郷のアーティストらしいっす。独りでギター、ピアニカ、鉄琴、楽器ではない小道具なんかで音を作ってループさせて重ねていく演奏。やってることは面白いのですが、1曲で飽きてしまい・・・30分のアクトが長く感じましたです。

前日にリキッド公演の追加が出るほどの人気で、気がつくとフロアはぎっしり、7割近くが男性。30分のセットチェンジを挟み、20:00にMogwaiが登場!

昨年リリースの6th『The Hawk Is Howling』と初期の1st、2ndしか聴けてない、顔と名前が一致するのはギターのスチュアートだけ・・、楽曲もメンバーについてもあまり知識のないまま観た初見者の感想です。

序盤は静かで淡々とした流れに時々轟音を鳴らすという感じ、意外とピアノ音も多いのね。スチュアートのところに1本だけマイクスタンドが置いてあり、曲が終わったあとの「アリガトウ」と1曲ぼそぼそ歌ってました。
中盤以降、轟音ギターがスパークする曲が増えていくと、激しいストロボライトが放たれ、視覚と聴覚を刺激する!静寂と轟音の対比は、歌のないSigur Rosとも例えられるけど、ツインまたはトリプルギターのあくことなく重ねられる重厚感は別世界!向かって左側にいたギターが地味な立ち姿ながら目を引く歪み音や残響音を鳴らし、打ち付ける強力なドラミングはお腹に響き、鍵盤の奏でる美しさ、5人のバランスのよさも絶妙だわ。
終盤のノイズ音の洪水と音圧は、言葉を失う壮絶さ!知っている曲が少ない中で最も聴きたかった人気の高い曲“Mogwai Fear Satan”が最高!!!
ひたすら音世界に包まれ、浸って揺らいでいた1時間50分、期待以上に素晴らしかったー♪♪♪彼らの音楽には歌(声・歌詞)がないのだけれど、1曲の中に起承転結(ストーリー)があるんです◎

スタジオコーストのバルコニーは音響とライティングが楽しめて良いハコだと思うけど、アクセスがねぇ。日曜夜の駅周辺のさみすぃーことったら・・・(苦笑)

【当公演の写真が SMASHING MAGに掲載!】

前日のリキッド公演の写真が SMASHING MAGに掲載!】

c0024243_17151834.jpg




2009.01.11@Studio Coast

Yes! I Am A Long Way From Home
The Precipice
I Know You Are But What Am I?
Scotland's Shame
Secret Pint
I Love You, I'm Going to Blow Up Your School
Summer
Thank You Space Expert
Friend of the Night
Helicon 1
Batcat
I'm Jim Morrison, I'm Dead
We're No Here
--------------------------------------------
(Encore)
Hunted by a Freak
Mogwai Fear Satan
by 033_MFS | 2009-01-12 23:29 | ♪音楽-LIVE
<< THE SWELL SEASO... MYSTERY JETS@Sh... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ