033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
THE HIGH LLAMAS@O-West(2/20)
仲間内ではポップ隊長と呼ばれるgちゃんオススメの英バンドHigh Llamasを観てきました!ワタシはベスト盤しか持ってない初心者、メンバー構成や経歴も知らなかったのでライヴ前に予備知識としてプロフィールを一読し、中心メンバーがアイルランド人と知ったさ!
c0024243_5402833.jpg
◆The High llamas ハイ・ラマズ
80年にアイルランドで結成されたマイクロディズニーのメンバーであったショーン・オヘイガンが、解散後のソロ活動を経て、91年にロンドンで結成。結成当時はヴァン・ダイク・パークスやビーチボーイズ(ブライアン・ウィルソン)の影響を前面に押し出した音楽性で、その後はエレクトロニクスの要素を取り入れ、音響面などを強く意識したポスト・ロックとも言えるアプローチを展開していく。ステレオラブやコーネリアス、ジム・オルークなどのアーティストとの交流を通じて、90年代のアンダーグランド・ポップシーンのトップアーティストとなった。USインディ老舗レーベルDrag Cityなどから8枚のアルバムをリリースしている。現在、6人組。

O-Westはお初のハコ!Nestで利用するエレベーターの行列に5分は並んで乗ったらWestには停まらないことを知る・・。乗り合わせた人たちには同じ目的で間違った人が数人居たので、ちょっと勝手が分かりづらいわよねぇ。外階段を上がった2階にあり、19:10過ぎた頃で前座1組目が始まっていて、身動き取れないほどではないものの、既に後方まで埋まってました。

独りでアコギの弾き語りをしていたのはmasaさん。英語詞が違和感ないなぁと聴いてましたら、普段はロンドンを拠点に英国人?のニールと一緒に活動しているとのこと。ちょい渋いゆったりしたフォーキー・サウンド、19:30に終了。

19:45に2組目のトクマルシューゴさん。フジやアジカンフェスに出演していたので名前は知っているが、観るのは初めて。宅禄系のイメージがあったけど、パーカッションとピアニカ&鉄琴ほかの男女2人のサポートあり。CD買いたいとまでは思わなかったが、ギターは上手いな~!30分のアクトが少し長く感じちゃった。。セットチェンジに入ると行けるところまで進み前から5列目に詰められた。来日は9年ぶり3度目だそうで満員!30~40代が多く、ポップオタクっぽい男性と意外に若い女性の姿も目立ち、外国人がちらほら。

20:45にハイラマズ登場!やはり観客フロア脇のスペースで前座を観てたり、サウンドチェックに度々出てきていたのはメンバーだったか!Vo&GのショーンとG、B、Ds、Key、Vibes(鉄琴)という6人編成。サウンドはボサノバやソフトロックとか甘くて優しいという印象を持ちました。友人の解説ではCD音源のアレンジを人力で再現するのが見所ということで、その通りでした。エレクトロニクスに全然頼ってなく、あのラップトップ使ってた・・?という感じで、アコースティックな感触が強い。滅多に生演奏なんて聴けないビブラフォンの綺麗な音がクリアに響いてきて感動~!ショーンは一見渋くて気難しそうなんだけど、透き通った柔らかい声でなかなかステキな優しい歌声を聴かせます!ギター奏者とアコギとバンジョーを共有していたのは物理的なことか予算的なことか・・謙虚で素朴な人柄のバンドというのが伝わってきたな~。

心地よくて前半は時々眠気と戦ってましたが・・後半以降は緩やかな横揺れを楽しめた!アンコールは物販Tシャツを着用して登場、アットホームな雰囲気のなか、アコーディオンとフルートで加わったゲストは呼び屋のお2人さん?!2回目のアンコールは時間的に演って大丈夫かな?!という表情で再登場して、多分本当に即興だったかも!ショーンのちょこちょこお辞儀する姿と親指立てたグーポーズが可愛かったー。ギターさんの数々の気配りに(ショーンのMCに出てきた前日会ったファンを観客の中に見つけてた!ゲストのフルート奏者にもっとマイクに近寄りなさいと誘導。物販コーナーを指差し買ってねとフォローなどなど)にも好感度アップ!

終演は22:30ごろで、時間的にも聴き応え十分の貴重なライヴでした!招へいしたイベンターさんには敬意を表したいと思います。本日の最終公演@町田の簗田寺(りょうでんじ)も素晴らしいものになったことでしょう!

O-WestはEastよりふた回り小さい5~600人キャパの横長型。天井が高く音響系向きな音の良いハコですね~!客の入りが多いとドリンクバーや上の階にあるロッカーへ行くのに一苦労するのが難だったけど。。

◆2/23追記→【当公演の写真が SMASHING MAGに掲載!】

c0024243_5414360.jpg
↑昨年のライヴ写真よりSean O'Hagan:ステキなオジさま系ミュージシャン。




2009.02.20@O-West
c0024243_5422341.jpg
ギター担当のピートさんの所にあったB5版のリストなんですが・・・・・アンコールで演った唯一曲名の分かる“Checking In Checking Out”の記載がない!本編だけのリストなのかしらん?

えっと、観に行ってませんが画像を頂いたので・・・兄弟的バンドのステレオラブのセットリも!こちらのライヴもとても良かったと友人はご満悦でした~♪
c0024243_54251100.jpg
[#STEREOLAB@Shibuya Club Quattro(2/12)
by 033_MFS | 2009-02-21 23:51 | ♪音楽-LIVE
<< FEEDER@Akasaka ... DEATH CAB FOR C... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ