033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
BECK@NHK Hall(3/25)
10曲で33分というシンプルでメロディーとソングライティングが主体の最新作『Modern Guilt』('08)を引っさげての来日公演。2年前のパペットショーやテーブルセットを織り込んだステージと比べるとエンタ色は弱く、ガレージ・バンドさながらのラフでストレートなロックを聞かせた前日。毎公演セットリストに変化ありとの情報より選曲はいくらか変えてくるんだろうとは思ってたけど・・・・・・
c0024243_23261847.jpg
前日は場内アナウンスでマジシャンによる特別なイリュージョンを・・と紹介後に登場した謎の2人組(ヅラをかぶったkeyのブライアンと上半身裸のベース君であったことはライブ始まってから知る)によるチープな手品ショーがあったので、余興を想定してゆる~く構えていたらいきなり本番編から始まった!

両日とも座席はCブロックで1階席のステージ向かってセンターエリア。初日は1列目の表記に大喜びしていたら、ステージ真ん前のオーケストラピットに5列の特設?座席が設置されていたので実質は6列目ですが、良席でござんした!オケピには無理して立ち上がってる?みたいな人も見受けられて・・テンション低めな人が視界に入ってくるとイラっときちゃったねぇ。(苦笑) 翌日は5列後ろでしたが、段差があってステージを見上げるでもなく見下ろすでもなくという感じで観やすかった!前日は封鎖していた3階席にもお客が入っていたので2日目のほうが客の入りはよかったみたい。

ロン毛と思いきや短髪になっていて、後ろ刈り上げ気味の前下がりボブというオサレな髪型。前日は帽子とベストにケープストールを羽織って黒系のクラシカルな衣装でしたが、翌日は打って変わってラフなカジュアルスタイル。前日と同じ最新作の“Gamma Ray”でスタートしましたが、2曲目からはあれっ、これ昨日演ってないよなー?!という曲が続き、前日演奏した曲は当然のように順番を入れ替えてるぅ~!つい前日のセットリと比べて臨んでしまうワタシの浅はかな先入観をあっさり裏切ってくれるじゃん!

今回のバンド・メンバーは、Brian LeBarton(key)、Bram Inscore(b)、Jessica Dobson(g)、Joey Waronker(ds)という布陣。ブライアンは前回のツアーにも居ましたね、スキンヘッドになってて気づかなかった・・。ジェシカ嬢の佇まいがマブい!前日のお団子ヘアーとまっピンクのカラータイツのほうがイカしてたー。ぴょんぴょん飛び跳ねて弾く姿もカワイイ!まっ、大したフレーズは弾いてなかったけど・・どちらかといえばコーラスが目立ってたような。

で、ドラムのジョーイがスルーできない素敵な経歴の持ち主なのだ!Beckの作品に多く参加している彼は、Ima Robotに在籍していたことがあり、R.E.M.の『Up』と『Reveal』やスマパンの『Adore』にも参加していたなんて~!タイト且つパワフルなドラムがカッコよかったわん!“Chemtrails”や“Replica”では目と耳が釘付けになってましたー。
c0024243_23285629.jpg
短めの曲を連発でガンガン演奏していく展開、ベックがギター弾くまくり! それでも遊び心を導入する演出があるんだな!バンドメンバー全員とステージ前に出てきてタッチパネル(ベックはiPod Touch?)や電子楽器のピコピコ音をバッキングトラックにラップ調のヴォーカルで “Hell Yes” →“Black Tambourine” →“Clap Hands” を演奏。ベックの軽めの踊りも見れて、ここでかなり会場の雰囲気を盛り上げ、観客も手拍子で応える!“Black Tambourine”は序盤でバンド・バージョンを演ってくれてたのもラッキー!

見た目は少年のようですが、別に愛想よくMCするタイプではなくって、マイペースでちょっと不思議クン。脱いだ上着をマネキンに着せてあげ(←ずり落ちるので何度かトライしてた)「寒そうにしてたから・・」とボソッとオモロイこと言ってた。前日は「シブヤは地球上で大好きな場所の1つ」と言ってたっけ。

アコギに持ち替えて前日とは異なる曲を!“Jackass”聴けて嬉し~♪てか、アコースティック・セットは東京公演のみらしい(!?)と知ってホント有難いっす。続く“The Golden Age”と“Volcano”のイントロで数列後ろからきゃぁー!!!と歓喜の声が起こっていたので、きっと今ツアーのレア曲なんだわ!と気づかせてもらったり。エレキに持ち替えるとアーシーでブルージなギターを鳴らしたイントロにシビれた“Loser”!本編最後は“Sexx Laws”のダンスチューンにアンコール1曲目“Where It's At”のコール&レスポンス、思わず体が動いてしまう“Timebomb”に締めの“E-Pro”のNa na na na na na na~♪まで更にノリノリにさせてくれたよー。くぅ~イスがどんだけ邪魔だったことか...。

LEDスクリーンは、点状の幾何学模様が鮮やかに、ステージのベックがモノクロでぼやけた風合いの映像だったり。アンコールは前方の観客たちも映し出され、最前の客に笑顔で手を振るベックが映ったとき、ギャルに愛想好いベックちんなんてイヤーだーー!と嘆いていたら・・・・手を振っていた相手は母親に抱かれていた赤ちゃん!ぐふふふ、いやぁー妙に安心いたしました!(あ、赤ちゃんに爆音はよくないと思いますが)

2日間で『Modern Guilt』ほとんど演ってくれた!“Profanity Prayers”だけ聴けず残念。(←翌日のZeppで演ってたー)
前日より数曲増え、アレンジも変えていたんでしょうね、演奏時間は20分ほど延びて1時間40分!(Zeppは2時間の更に濃いライブだったそうで!)
2日目のほうが盛り上がる曲順だったかな、オケピ客のノリも前日より良かったし。2日間で10曲以上入れ替える内容になっちゃうとは、さすがベックだぜ!!複数公演観ても飽きさせないもんな。うあーZeppも行きたかった!!!!!年度末の平日でなければ・・・・・・・・・・・。

当公演(3/25)Zepp公演(3/26)の写真が SMASHING MAGに掲載!】
c0024243_23294598.jpg




2009.03.25@NHK Hall

c0024243_23302691.jpg
●Modern Guiltの後→“Soul of a Man”
●Jack-Assの後→“The Golden Age”
●Where It's Atの後→“Timebomb”  セトリに載ってない3曲も演奏♪
by 033_MFS | 2009-04-04 23:24 | ♪音楽-LIVE
<< OASIS@Makuhari ... BECK@NHK Hall(3... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ