033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
OASIS@Makuhari Messe(3/28)
今回の来日ツアー2回目となる千秋楽前日も無事観てきました!この日は最前列が狙える良番だったので、ある程度の修羅場と耳元での合唱を覚悟して開場に臨んでみた。1週間前に観た公演と同じ幕張メッセでも異なるホールで、なんだか事情も違って前回の経験があんまし参考になってなかったわん。(汗)
c0024243_2337457.jpg
16:20過ぎメッセに到着すると、開場待ちの行列が伸び始めていて、開場前の物販は打ち切りとのアナウンス。ずんずん歩いていくと1000番以内からは建物の中に入ることができ、整理番号がもっとも若いブロックはA・Bの区別なく50番区切りになってました。座って待っている間は平穏でしたが、ブロック内が混んでくると詰めるように指示があり立ち上がるとだんだん不穏な空気が・・(苦笑)。スタッフの誘導で4ブロック×50人近い人数で階段を降りていくんだが、将棋倒しになりそうな圧が。危険を感じて殺気立ってる人を前に行かせたけど、大半は勇み立ってる一部の人に対して「キミの狙ってる場所に割り込むつもりないからトラブル起こさないでぇ」と思っていたはず。スタッフの仕切りも悪くて、結局誰も言うこと聞かずに我こそがと場内へ入り一目散にダッシュ!こっちのホールは自動販売機以外に飲み物(ビール)売ってなかったみたい(!?)

場内に入って観客エリアが横長のレイアウトにビックリ!20日は一回り狭く縦長のレイアウトだったので、PAの位置がステージに近くなっていたけど、えらく横に奥行きがありました。その代わり20日には無かった大型スクリーンがステージ横の左右に。何とかゲム側(狙っていたアンディ&ゲム真ん前はムリですた、でもムリしなくて正解)の最前列をキープ。会場が広くなった上にソールドアウトですからね、20日のときはPA前で客よりステージを観てることが多かったセキュリティの黒人兄ちゃんがこの日は最前列側で目を光らせていたよ。

18:00に前座のQUATTRO、既に背後からの圧縮始まってます...。もじゃ2人とサラサラ3人の構成ですが、あのサウンドにはもっとアクが強いヴォーカルのほうがいいかな。

眉毛兄弟の登場時間が近づいてくると、さらに密集の度合いが増してきて、自らセキュリティを呼んで引っこ抜いてもらってる女子、救助中よけているスキに割り込んでくる輩がいるわ、18:50に開演すると戦闘モードのスイッチが入った観衆が押し寄せてきたー。タンバリンをくわえた仁王立ちのリアムが近いぞ!シックなジャケットに自身のブランド〈Pretty Green〉のTシャツ着用で洗練された感じ。 (自由に使える最新の写真が見つからず・・・smashing mag から無断拝借↓)
c0024243_23401374.jpg
1曲目の“Rock 'n' Roll Star”からドドドーッと流され押され、踏ん張って押し返し、気づいたら両隣りが違う人になってるんですけどぉ(^^i)強面セキュリティがやってきて、倒れかけている女性を引っ張り上げてゆくのだが、Tシャツまくれあがってお腹があらわになってる姿を見てあわわわわ・・・気合を入れ直した。近場では10人近くが脱落してました、無茶してセンターにいってたらどうなっていたことか。

耳元での大合唱は覚悟してたけどさ、背後で歌いまくる男子が歌詞相当うろ覚えで酷いのなんのって。(苦笑) “The Shock of the Lightning”イントロのoioiコールに耐え、“Cigarettes & Alcohol”では居心地の悪さにも慣れてきたかなぁって頃に、前作と最新作の曲が続くと、それまでの喧騒が嘘のように静かになってた。オイオイ、まだ序盤だぞー。あ、歌えないだけか。

そんなわけで、中盤以降は激しいモッシュとヘタな合唱に耐えるのに必死ってこともなく、楽しめました!リアムの声は20日より特に良くもなく悪くもなかった気がします、年齢を重ねた今の歌声ってことになるんでしょうね。ワタシの中でOasisベスト3曲に入る“Slide Away”はやっぱりキー下がっちゃうのかぁ・・・代わりに気持ちよく合唱させていただきましたー。それよか“Songbird”を歌い終えるとき「アリガート」て言ったよね?!?!

否応なく視界に入ってくる新ドラマーのクリスが、スティックをポーンポンと上に投げたり、くるくる回しながら叩いているのを観て、(La'sに在籍していた素敵な経歴は置いといて)オエイシスにそんな曲芸は要らん!ロビー・ウィリアムズでやっとけー!と心の中でつぶやいてしまった・・。連れのOちゃんは気に入ったそうなので、好みは人それぞれってことで。まぁ、ザックはオエイシスにはツーマッチなエロっぽさとテクがあったと思いますが、あの迫力あるプレイが観られなくなって残念だよー。

アンディは相変わらず素敵なルックスなんですが、ずっーとガムを噛みながら、多分1本のベースを持ち替えることなく黙々とプレイ。ギターに持ち替えるなら(RIDE復活って意味)、いつ脱退してもいいと思ってしまうんだよねぇ。

兄ちゃんはツアー終盤の疲れが見え隠れしてた感じもしたけど、安定感ある歌声で心地よく聴き入ってました。札幌公演から披露されていた“Whatever”の弾き語りはサプライズじゃなくなっていましたが、20日は聴けなかったので嬉しいに決まってるじゃん!ゲムのハーモニカがイイ味を出してた♪「この曲は日本でとても人気があるのに、歌詞覚えてないんだな」と兄ちゃんがチクっとMC。 日本人は弾き語りやレア曲は聴き入っていたい人が多いと思うけどなぁ。

アンコールの「Don't Look~」はクリスもタンバリンで参加してました。サビを観客に託すところでスクリーンに観客が映し出されるのですが、逆サイドのA2ブロックを撮っていて映らなかった・・ちぇっ。リア坊が「兄ちゃんに捧げる」と言って“Champagne Supernova”、最後の曲“I Am The Walrus”が始まる前にノエルが「次に会うのは5年後かな」とジョークを言うとリアムが「I'll be back in Novemberもごもご....」と応酬!?最後は観客にマイクを投げ込んでいたのは音量不満に対するローディへの当てつけ?!

初期の曲は大合唱で盛り上がって、最新作の曲は演奏を楽しめ、バランスのとれたライブでした!下がり目と最前線という異なる環境で2回観てよかったー。どちらかといえば、感動より感心を覚えたかな~。前回単独の代々木体育館よりは音響も雰囲気もよかったけど、フラットな大きい会場のオールスタンディングは観る位置で印象が大きく変わるので(AもBもチケ代同じって・・)、同規模ならスタンド席選択可のさいたまスーパーアリーナがよかったかなと思います。

29日は「See you in November!」と発言して物議を醸したそうですが、リアムの言い間違いと判明し、最終公演を終えてフジロックの出演が正式に発表されました!裏のトリしだいでは絶対観るとは言えないのよね...。

当公演(3/28)最終公演(3/29)の写真が SMASHING MAGに掲載!】



2009.03.28@Makuhari Messe

Fuckin' in the Bushes
Rock'n'Roll Star
Lyla
The Shock of the Lightning
Cigarettes & Alcohol
The Meaning of Soul
To Be Where There's Life
Waiting for the Rapture
The Masterplan
Songbird
Slide Away
Morning Glory
Ain't Got Nothin'
Whatever
The Importance of Being Idle
I'm Outta Time
Wonderwall
Supersonic
---------------------------------------
(Encore)
Don't Look Back in Anger
Falling Down
Champagne Supernova
I Am The Walrus (The Beatles cover)
by 033_MFS | 2009-04-04 23:34 | ♪音楽-LIVE
<< THE HIVES@Shibu... BECK@NHK Hall(3... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ