033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
BEN KWELLER@Shibuya Club Quattro(4/7)
今年1月に約3年ぶりとなる4thアルバム『Changing Horses』をリリースしたBen Kwellerの東京一夜限りのライブ!2年前は(予算の事情でバンドは呼べなかったのでしょう・・)大阪と東京でベン君ひとりのギター&ピアノ弾き語りによる2公演。新作を携え急遽ソロでの来日公演決定!との発表時点で‘ベン・クウェラーのひとり旅’というサブタイトルがついてたんでね、予想はしていましたが・・・・。
c0024243_8423096.jpg
新作はアメリカのルーツにベンらしいポップ風味を加えたカントリー・フォークな内容。メロディの良さと心地よく響いてくる歌声の魅力はそのままに新たな趣を感じるが、ロックなバンドサウンド色を薄めた作品であることは否めない。気合を入れて開場前に行ったけど余裕のよっちゃんでした、下段フロア前方にもテーブルが出ているの初めて見た・・・チケ売れてなかったのねぇ。アストロのときはパンパンだったから会場のキャパを大きくしたのだろうに、ちと残念。でも多少はゆるいぐらいが合ってるし、前方は熱心なファンが多く見受けられました!

ステージ向かって左側にマイクスタンドとアコギ、右側にグランドピアノがセット。待ち時間はえらく雑談がハズむなと思ったら、開演前のSEが無かったのでした。それも予算と関係あるの~?!(苦笑) 開演時間を5分か10分回った頃に、袖からおどけた顔をちょろっと出しては引っ込んだベン、すぐ拍手のなか元気に飛び出してきた!ネルシャツにジーパン、自然体すぎるわ~。

「ハロートキオ!」アコギを持つと「here we go!」と勢いよく“Walk On Me” でスタート!!!! 最近のツアーの様子やセットリストをチェックしてなかったんで、選曲がどんな感じになるのかまったく予想がつかない!3rdの“Run”を挟んで呼び屋のSMASH(の親友であるハヤトさんに、と言ってた)に捧げた “Family Tree”、 “Commerce, TX”と1stの曲を連発!前回と同様にリクエストコーナーがあったら言うつもりにしていた“Walk On Me”を初っ端に演ってくれてビックリするやら嬉しいやら♪

次は新作からの曲をやるね!と“Wantin' Her Again”に始まり数曲披露したなかで、ニール・ヤングのカバーで“Heart Of Gold”を!ハーモニカ・ホルダーを首に掛けて哀愁あるハープを吹きながらギターも弾いて。新作の1stシングル “Sawdust Man”から全編ピアノによる演奏が続いて1stの“Falling ”のイントロはあちこちから歓喜の声があがり、ba ba ba ba ba ba~♪のパートではあったかい合唱!この曲もリクエスト候補だったのよ、ヤター!

9月に戻ってくるとMC!まだ決まってないけど話し合ってるところ・・・と加えて、トウキョウ、キョウトにオオサカやナゴヤ、他にも行ったことない土地を訪れたい。みんなアドレス登録しといてね、メーリングリストで連絡するから!スーツケースいっぱいにTシャツや新旧CDを詰め込んで持ってきたんだよ、買って終演後のサイン会にも来てね~としっかり宣伝した後は恒例?のリクエストコーナーへ。

真っ先に男性客から挙がったタイトルを聞いて、こりゃまたレアな曲をリクエストするなぁーっつう感じでベンが驚きの反応を見せたのは“Panamanian Girl”というアルバム未収録の曲。(←帰宅後に調べたさ) 「15才に書いた曲で10年プレイしてない。でも演ってみるよ!」歌い始めると、徐々に力強い歌声を聴かせる!2番に入るところで「次の歌詞は何だっけ?」とつまると、リクエストした客が教えてあげて何とか完唱!一斉に色んな曲名が飛び交うと、“I Gotta Move”に反応して「It's so high~!」「キーを変えなきゃ!一緒に歌ってね」と自信なさそに始めると途中で練習を交えながらも完唱!“Sha Sha”はお手のものでピアノへ向かい軽快に演奏、“My Apartment”はブルックリンに住んでいたときの住所の番地まで言っちゃったりして(昨年NYからAustin(テキサス州)へ引っ越してた)、「心配しないで、ボクが作った曲だもの大丈夫!」と言いつつ、思い出そうとしている様子に歌い出しの歌詞が観客から発せられたり、笑って和むコーナーだったわん!

リクエストコーナーで和んだ空気を引き締めるように“Sundress”へ。本編最後の“The Rules”はエフェクターで歪んだ音を出すとガシャガシャかき鳴らし熱く締めた。アンコールはピアノに向かって“In Other Words”、これヤバかった。美しくて切なくて、胸キュン度がドワーっと高まってきて、心に沁みたなぁ~。
「ショウの後も(サイン会で)会おう!」「 I'll be there!」と元気よく“Penny On The Train Track”を軽快な演奏で会場を盛り上げて、1時間半におよぶ1人弾き語りライブ終了!

今回も和気あいあいながらも、スペシャルな一夜を感じさせるライブでしたー◎親近感あふれる無邪気な人柄の良さも微笑ましいけど、楽曲の素晴らしさは、もっと評価されるべきだと思います!ライブももっと多くの人に観て欲しいなぁ。ファンの思いは一つ、バンドセットで観たいっ!!!!!

c0024243_8432080.jpgベン君は6月で28歳になるんだね。まだお肌ツルツルであの童顔を見てしまうと、Beckちんはもうオトナだなと感じましたです.....

今年2月のライブレポによると、バンドセットでも最新作からは多く演ってないみたい。何曲か動画を観た限りでは、ベンはアコギがメインの様子。 【→ライブ写真@Toronto-22.Feb】

終演後『Sawdust Man』EPとチラシポスターを買って大行列に並んだよ。会場の大半がサイン会に参加したのでは?!今年中の再来日を願ってまーす!そいじゃ、メーリングリストへアドレス登録しよう!あれれ、新サイト未だ開設してない・・・・

http://kweller.net/】←とりあえず現在のオフィシャルサイト
http://twitter.com/benkweller】←来日中マメに更新しとりましたのぉ、超和食な朝食を食べててワロた。


Ben Kweller - "Walk on Me" LIVE @ the Mod Club(Feb 22,2009)




2009.04.08@Shibuya Club Quattro

Walk On Me
Run
Family Tree
Commerce, TX
Wantin' Her Again
Things I Like To Do
Heart Of Gold (*Neil Young cover)
Sawdust Man
c0024243_8441075.jpgThirteen
Falling
On My Way
I Don't Know Why
Fight
Panamanian Girl
I Gotta Move
How It Should Be (Sha Sha)
My Apartment
Sundress
The Rules
-----------------------------
(Encore)
In Other Words
Penny On The Train Track

セトリ撮らせていただいた方、ありがとうございます!なんせステージに置いてあった唯一のリストですから。4曲目に書いてあるOld Hat(?)は演ってない。
by 033_MFS | 2009-04-11 22:58 | ♪音楽-LIVE
<< カモーン、UKのクマ男! THE HIVES@Shibu... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ