033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
Summer Sonic '09 (8/7) Day1<8/9AM加筆修正版>
サマソニ10周年&初の3days開催!初日の金曜日は変則的な夏休みで会社カレンダーが休日なので、行かない手はない!フジレポと同時進行で混乱しそうですが・・メリハリつけてマイペースにやっていくぜ。そいじゃ、サマソニ初日をささっとレポります♪
c0024243_12563934.jpg
くもりで蒸し暑い、11時40分ごろ海浜幕張駅に到着。3日通し券引換えのためだけにマリンスタジアムへ(T_T)。すんなり引換えられたがタイムテーブルにホルダーが付いてない・・ケチ!メッセ行きのシャトルバスに直行し、メッセではまず仲間内で恒例となりつつあるポール・スミスでTシャツを購入し、テーブル席で昼食(広島焼きの温玉スペシャル、鉄板で焼いてるのが美味しそうでトライしてみたが作り置きの冷めてるやつを出され・・900円は高い!)。人出少なめで、全てがスムーズ!

“SCHOOL OF SEVEN BELLS”〈Sonic Stage・13:00~〉
c0024243_85950.jpg
ステージ向かって右側の30列目あたりから観る。元The Secret MachinesのBenと双子の姉妹による3人組エレクトロ・ロック・バンド。Benちゃん目当てで観に行ったけど、音源未聴。リズム隊がドラムマシーンってところでロックを感じません。双子ちゃんはソフトなヴォーカルで見た目も可愛いかった!ベンちゃんルックス変わりなく、センター奥で控え目に弾いてて、最後の曲で本領を発揮!という感じ。これがTSMを脱退してやりたかったサウンドなのかと思ったら複雑な心境じゃ・・。

“KYTE”〈Sonic Stage・14:05~〉
c0024243_864468.jpg
ポストSigur Ros、Radioheadとして注目されている平均年齢20歳の4人組。ステージ向かって左側30列目あたりから観る。Vo君はトム・ヨークの若かりし頃の神経質そうなほっそりした面立ちで、キーボードとラップトップを操りながら切なく透明感ある美声で囁くように歌ってました。観客に手拍子を求めたり、ハンドマイクだけになるとステージ前に出てきては上品に客を煽ってました。シガロスほどの壮大さはまだないけど、年齢を知ると完成度の高さに驚く!ドラムの音圧がしっかりしていてよかった、今後の成長に注目したい若者たちでした!

アーティストTシャツ売り場が空いてたので覗いてみると、いちばん気に入ったデザインのFlaming Lipsは当然のように当日分は完売、次に欲しいと思ったVaselinesも完売。場外に女性専用の簡易トイレや場内に女性専用のパウダールーム(←あの場所はどうかと思う、利用する気もないが)があったり、この日は水洗トイレ並ばずに入れたけど、混雑時には助かるね。

“MERCURY REV”〈Sonic Stage・16:30~〉
c0024243_881688.jpg
The Flaming Lipsと共にUSの2大サイケデリック・バンドとして語られるNY発の3人組、結成25年(?)のキャリア。01年のサマソニ初見以来ですが、おぼろげにしか覚えてない・・。ステージ向かって右側の10列目あたりから観る、セットチェンジは本人も登場?! 最新作1曲目の“Snowflake In A Hot World”でスタートしたのですが、パワフルなドラムの連打で幕を開けたイントロに一発でもってかれた!ポップ寄りなイメージだったのにロケンローだ、カッチョいい~!!! Voのジョナサンの動きを見て思い出したよ、指揮者チックに交信するようなパフォーマンスをしていたことを。愛嬌があって、奥ゆかしくて、キュート!ベルベッツのNicoのカバー曲“Evening of light”(←調べてみたらこれかな・・?)ではほつれた弓でボウイング奏法をしていたグラスホッパーも始終ノリノリ。元気なオジさん2人と冷静なキーボードとアフロのカッコいいリズム隊の2人。終盤の “The Dark Is Rising”で泣きそうになり、“Sense On Fire”で楽しくハジけ、新鮮な感動を覚えましたー!サイケポップと強いグルーブのあるロックの混じり具合が好み!歌声、音響と音圧、演奏力、ライブ力、どれも素晴らしかった!!! アンコール起きちゃったし、周囲も同じ気持ちだったようだね~。もしかしたら、この夏サイコーのアクトかもしれないっ◎

“MEW”〈Sonic Stage・17:55~〉
c0024243_815046.jpg
ドリーミーでメランコリックな独自のロックを聴かせるデンマーク出身のバンド。05年の単独初見以来で、Mercury Revの余韻に浸ってたら殺気立った若者たちに押され気づいたら5列目に進んでいて息苦しい状態で観る・・。スクリーンがないので、裸眼でヨーナスの可愛さ健在を確認できたのはよかったわ。声変わりはしてなかったけど、高音ヴォイスはちょっと落ち着いた感じ、以前のように耳にツンとこなかったので。最新作は未聴でアルバム1枚しか持ってない『Frengers』から“Am I Why? No”、“Snow Bridge”など聴けて、新曲も数曲披露されていたようでファンキーなリズム・ギターがあったりして、曲の展開は読みづらいが聴きやすいところはMewらしい。観客をちらっと見て伏せてしまうヨーナス以外のメンバーは熱く煽ってくる北欧人で、対象的なキャラも面白い。正直なところ、Mercury Revの前に観たかったすね~。

このままセットチェンジ待ち+Mogwaiはキツいので休憩しようと移動してビックリ!外は大雨で足止めくらってる人たちがいっぱい。NIN@マリンスタジアムの中継を観ながら夕食、映像からも凄まじさが伝わってきました。

“MOGWAI”〈Sonic Stage・19:20~〉
c0024243_8153413.jpg
1月の単独初見以来、PA前から観る。単独の終盤で演った曲を序盤に持ってきてまして、3曲目で“Mogwai Fear Satan”!!!何十秒かの静けさの後に訪れるあの瞬間、さあ来るぞ来るぞ!!と待ってる間のゾクゾク感とグォーーっと響き渡る大音量は至福の轟音。ソニック・ステージでも十分に爆音が発揮されており、ワタシも周囲もゆらゆら~気持ちよく頭を振って音世界に浸れた!個人的には単独で聴けなかった2曲が嬉しかったです!ヴォーカル曲“Travel Is Dangerous”は音の一部のようなさりげない歌声もよかったし、“2 Rights Make 1 Wrong”はあまりにも気持ちよくてトリップ状態でしたー。Tahiti 80よりMogwaiを選んで悔いなしっ!のワタシはよかったけど・・・・・・・・

ビーチステージのTahiti80を観に行こうとした連れ友らは荒天による中止に巻き込まれてた・・・・ここでも雨を降らせるgちゃんは凄いよ!参加しない2日目と3日目は安心だ(^^;)

決めうちの5アクトに絞って好位置でフル観できたので満足♪ 混雑する前に、すいすい~と帰れたのでダメージなし。電車の中で会社帰りの乗客を見て現実に戻りましたね。初日のベスト・アクトはMERCURY REV!!!
by 033_MFS | 2009-08-08 13:04 | ♪音楽-LIVE
<< RAZORLIGHT@Liqu... FUJI ROCK FESTI... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ