033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
DAS POP@Shibuya Club Quattro(1/26)
うへあ、師走並みにせわしなかった睦月も終わり。なかなかまとまった時間が取れそうもなかったので、無理な更新はスッパリ諦めモードになってました。
昨年の今頃は世界的な不況の影響を受けてヒマだった仕事がウソのように忙しさが戻ってきてるのと、ライブ以外にも予定を詰め込みすぎちゃったわん。。あ、でも夜更かし番長返上でしっかり寝るようにしたおかげで、睡眠不足の悪循環に陥ることなく、風邪もひかず乗り切れてまーす!新年序盤からしくじって溜めまくっておりますが、今年も可能な限りライブレポ書き残していくどー!
c0024243_8461223.jpg
DAS POP (ダス・ポップ) L→R : Niek Meul/ニーク・ミュール(B)、Bent Van Looy/ベント・ヴァン・ルーイ(Vo&key)、Matt Eccles/マット・エクルス(Ds)、Reinhard Vanbergen/レインハード・ヴァンベルゲン(G) 【ベルギー出身の4人組。同じ学校に通うベント、レインハード、ニークが94年に母体となるバンドを結成、改名後の98年に地元のコンテストで優勝。00年にデビュー・アルバムをリリースした後、04年までに数枚のシングルともう1枚のアルバムを発表。地元ベルギーを離れて再スタートを切った新生Das Popは、Justiceなどエレクトロ系アーティストがDJプレイで使用したりリミックスするなど注目を集め、同郷のSoulwaxが全面プロデュースしたセルフ・タイトルのアルバム『Das Pop』を09年秋にリリース!

まずは直近のレポから!Das Popは呼び屋から招待案内がきたので(最近招待多いねぇ・・)、どんなバンドなのかチェックしてみると“一度聞いたら忘れられないような「サビ」だらけのポップ・ソング満載!”という謳い文句に惹かれつつ、どうやらエレクトロ系アーティストからの注目が高いらしく、バンド名とアルバムジャケもピコピコ系を連想してあまりピンとこなかったのですが、ベルギー出身のバンドってSoulwaxしか思い浮かばないのでどんなものか興味本位で応募してみた。 そしたらOちゃんから「このバンドのマイスペのフレンドリスト上位にJason Falknerと Daniel Johnston が表示されてる~!」という耳寄り情報を受け、ヒットしたという"Underground"のライブ映像を観てみたら、打ち込みではなくフツーに生演奏でソウルテイストなポップを聴かせ、観たい気持ちが上向きに!招待券がハズれたら当日券で観に行っちゃおうかーという勢いで、無事当選。よほど前売りが売れてなかったんでしょうな。。

1曲視聴しただけで予備知識ないまま開場後30分過ぎに会場へ着くと、とんでもなく閑散・・としてたけど、開演時には招待者と思しき観客でそれなりに埋まってました。ステージは右からドラム、ベース、ギター、キーボードが横並びという配置で、始業チャイムのようなSEで開演すると、ドラマーが出てきて軽快に叩きだし、続けてベース、ギターという順で登場し、最後にVo。金髪のなんちゃって王子風のVo、おデブのむさ苦しいヒゲ面のギター、凛々しい顔立ちのベース、ちょびヒゲなきゃカワイイであろうドラムという面々。

Voのベントはイケメンの部類に入るのかもしれんが、キレイにシャツを腕まくり&ズボンの裾をロールアップしてどことなくイモくさい。特徴のある声質ではないが聴きやすい、MCはドイツ人のようなカクカクした英語でこれまた聞きやすい。で、チョー笑顔でテンション高めにタンバリンを叩きながら片足を元気よく横に蹴り上げるのが笑えて、フランツのアレックスがギターを持ってなかったらこんな動きをするかも!?という感じ。そのうち、タンバリンを打ち付けていた前腕内側の広い範囲が内出血でまっかっか!実際に出血もしておりシャツやズボンに血の斑点が・・・それでも笑顔で叩き続け、観客をノセよう、コミュニケートを取ろうと懸命な姿に、トキメキはまったく抱かないけど好感度はガンガン上がってく~!始終テンションの高いパフォーマンスで煽られたら疲れちゃうんだろうけど、いい塩梅で左端の鍵盤へ移動してエレピを弾くんだな。まっ、鍵盤でもMCで煽ることは怠らないけどね、はは。

10年のキャリアがあるので演奏はこなれており、キャッチーさが全面に出たレトロ感あるポップな曲ばかりで、ダンサブルなビート感も!ギターはマンドリン?弾いたり多彩で丁寧な印象、リズム隊は躍動感あった!コーラスはメンバー全員でやってたかな。ベースのトラブルが起きてドタバタやってるときにギターとVo2人で演った"Let Me In"はセットリストに記載なかったので、即興でうまく切り抜けていたということだわね。本編最後の最新シングル"Never Get Enough"では観客を左右に分けてちょい長めのサビフレーズを合唱させるというムチャ振りもありましたが、ワタシを含め様子見だった観客も多かったと思うけど、最後は会場全体が手拍子したり踊ったりノリノリー♪バンドも嬉しそうな笑顔を見せ、音楽をピュアに楽しんでいるのが伝わってきてよかった!1時間強のライブパフォーマンス、楽しかった!!!いやー思いがけず拾いものをしたお得感あったわん♪
c0024243_8493883.jpg
サイン会は帰ろうとしている観客を引き込むように物販コーナーの側で終演後間もなく行われたので盛況でした。開演前にCDを買ってサイン会に参加する気マンマンだったワタシたちが確認したかったことをOちゃんがベントにぶつける。「Jason Falkner好きだよね?!」「最新作は日本のみでリリースされてるよ」『うん知ってる、今回の来日でゲットできたんだ』『ライブ観たことないけど、どうだった?』「すごーく良かった♪」『やっぱり!ボクも是非観たいよ!』と、しばしJason話に花を咲かせていたらスタッフさんから巻きが入ってしまった(^^;)。ベントさん、やっぱりトキメカないけど、いい人だ~。ギターさん1人だけイスに座ってくったり、リズム隊の2人は爽やかな好青年でした!07年に加入したマットはNZ生まれだそうです。

CDを聴いた印象は、Phoenixに近いギターポップでJason Falknerの影響が随所に感じられ2曲目なんかモロに。ライブで気に入った曲は"Wings"ということが判明!ライブでは間奏でリズムが軽快に変調してギターとピアノのソロ掛け合いがあって好かった!他の曲もライブではアルバムと違うアレンジを織り交ぜていたみたいなので、またライブ観てみたいなーという気持ちに♪
フジに出演しそうな匂いがプンプンしてたけど、どーだろう?!


Das Pop - "Never Get Enough"




DAS POP@Shibuya Club Quattro(26-Jan-2010)

c0024243_98429.jpgFOOL FOR LOVE
SATURDAY NIGHT (PART 1)
TIRED
YOU
FEELGOOD FACTORS
LET ME IN
SATURDAY NIGHT (PART 2)
GIRL BE A MAN
WINGS
TRY AGAIN
UNDERGROUND
NEVER GET ENOUGH

-------------------------------------------
(encore:)
It Was A Very Good Year (Frank Sinatra Cover)

EMIのオフィより
by 033_MFS | 2010-01-31 23:30 | ♪音楽-LIVE
<< THE HOTRATS@Duo... ♪私的2009ベスト・アルバム10 >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ