033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
HOCKEY@Shibuya Club Quattro(1/25)
海外メディアから「The Strokes meets LCD Sound System」と注目され、1stシングルのプロデューサーが元Talking Headsのジェリー・ハリソンという、USオレゴン州発の新世代グルーヴ・ロック・バンドHockeyの初来日公演!(昨年のサマソニに出演を予定していたが、アーティスト側の都合でキャンセル) 近年は新人にアンテナを伸ばしていない上に1曲聴いてピンとこないとそれっきりなんてことも多いんですけど、Hockeyの1stアルバムはダンサブルなロック中心に粒ぞろいな楽曲が一発で気に入って、ルックスも可愛らしくて食いついてしまいましたー♪
c0024243_023961.jpg
HOCKEY (ホッキー) L→R : Brian White(g)、Anthony Stassi(ds)、Benjamin Grubin(vo)、Jeremy "Jerm" Reynolds(b) 【米オレゴン州ポートランドを拠点に活動する4人組。2002年、NYで育ちブラック・ミュージックに強い影響を受けたというベンが、西海岸の大学在学中にルームメイトのジェレミーと出会い、デュオ形態でスタート。04年にブライアンとアンソニーがラインナップに加わる。フェスやライヴ・サーキットで注目を集め、09年秋にデビュー・アルバム『Mind Chaos』をリリース!

観客が若者ばかりで気後れしてしまうかしら・・と思ったら、招待案内が出ていたのでゆるい客の入り。開演して出てきたメンバーが見慣れていたアー写と風貌が変わっていたことにまず驚き、「めっちゃヤングやん!」「誰あのヒゲもさ?」 ベンが短髪になっており華奢体型で10代と言われても疑わな~い。ブライアンはメガネとヒゲで別人みたい!

ステージ向かって左から、ベース、Vo、ギター、後列がドラムとサポートのキーボード。(今頃になって昨年のライブ映像をいくつか観てみたらギターとベースの位置が逆だったけど!?)
ベース側で観ていたのですが、ジェームは(ニワトリみたいな?)動きが独特でエネルギッシュなプレイ!ベンの童顔とはギャップのあるハスキーでソウルフルなナマ歌声も予想以上にしっかりした歌唱力!ラップ調も自然でうまいっ。他のメンバーは派手さはないけれど、地に足がついた演奏力で安定感がある!

ベンは数曲でギターを弾き、アコギ&ハーモニカホルダーのスタイルになったり、間奏ではスティック持ってドラムのところへ行って一緒に叩いたり、フロントマンとして魅せてくれてはいたのだが、大人しいMCを見ているとシャイな印象を受けましたね~。ニューウェーブ、ソウル・ファンク、ロックの要素を盛り込んだデビューアルバムからほとんどの曲を演奏し、1曲新曲を披露したのがトロピカルなリズムに乗った小気味好いギター・カッティングで一筋縄ではいかない音楽性を持ち合わせているなーと感心しましたよん。

そうそう、いつもの連れ友らとは珍しく?意見が一致して、3人ともギターのブライアンがよかったー!という感想でした。地味ながら多彩な弾きっぷりだったわ♪

ただ、バンドと観客の一体感が今ひとつで盛り上がりに欠けてしまったことは、実にもったいない。一部から黄色い歓声はあがってましたけど。招待客が多かったことも要因なのでもっと小さいハコでもよかったかな。あれだけ踊れる曲があるんだからノセてノラなきゃ~!




HOCKEY@Shibuya Club Quattro(25-Jan-2010)
c0024243_0241155.jpg
*バンド名がカラー印刷!
*アンコール記載の"Everyone's The Same Age"はプレイしませんでした
by 033_MFS | 2010-02-21 23:46 | ♪音楽-LIVE
<< MEW@Shibuya-AX(... THE NEW MASTERS... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ