033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
Philip Selway@Duo Music Exchange(8/26)
久々に猛暑から解放されました!猛烈な雨にも困ったものですが・・。暑すぎると眠くなることに気づいたこの夏、連日の猛暑で夜更かしする気力もなくすっかり早寝早起きに。9月に入って朝晩は幾分過ごしやすくなってきてましたけど。そろそろ夏バテモード返上して、どこまで書き終えられるか分かりませんが・・思い出レポを中心に(汗)、更新したいものですな。
c0024243_654144.jpg
Philip Selway(フィリップ・セルウェイ) 【1967年5月23日、英ヘミングフォード・グレイ生まれ。今やモンスター・バンドとなったRadioheadのドラマー。01年からCrowded Houseのニール・フィン企画によるプロジェクト『7 Worlds Collide』のライヴに参加、昨年のステージでソロ・パフォーマンスを披露し話題となった。初のソロ・アルバム『Familial』を日本先行で8月にリリース!

2年前に縁あってCrowded Houseのライブを観て興味が広がり、2001年に開催されたチャリティライヴ・プロジェクト『7 Worlds Collide』のことを知ってライブ・アルバムをゲット。ニール・フィンの呼びかけで集まった参加アーティストは、Pearl Jamのエディ・ヴェダー、元The Smiths/現The Cribsのジョニー・マー、Radioheadのエド・オブライエンとフィル・セルウェイなど豪華なメンツ!08年12月にこのプロジェクトがニュージーランドに再集結して、新たにWilcoのジェフ+3人のメンバーやKTタンストールらが加わりレコーディング(エディ・ヴェダーは奥様の出産時期と重なり不参加だったそう)、翌1月初旬には3日間に渡ってライブが開催され、夏に2枚組のスタジオ・アルバムをリリース。

前置き長くなりましたが、RadioheadのスキンヘッドフィルことPhilip Selwayのソロ公演を観に行ってましたです。09年1月に7WCのライブ出演時にフィルがギター&歌を初披露して繊細で美しい歌声を聴かせる意外な一面を見せ、そのプロジェクトのスタジオ・アルバムでもあらためて素敵な歌声の持ち主だな~と魅了され、来日公演が決定したときは即決でチケとった。

バックバンドを務めるメンバーが前座として開演前の18:30から出演予定とのことで、間に合うように行きました。招待券案内が出ていたのでチケ売れてないんだなぁとは思ったけど、スタンディングエリアに普段は無いテーブルがいくつか置かれ閑散・・。Oちゃんと「ウチらよりRadioheadフリークの人たち大勢いるはずなのに、トム・ヨーク観るためなら苗場に行っちゃうのに、Rファンって意外と○○だね」とついこぼしてしまったさ。フィル登場時にはそこそこ客入ってた様子でしたけどね、冷房効き過ぎでまいった!

前座は主にAdemのアコギ弾き語りとCaroline Weeksはもう1人の女性メンバーと一緒に(2人で片手ずつ連弾してたような・・)鍵盤弾き語りを交互に。AdemさんはFridgeというインスト・ポストロックバンドのベーシストという肩書きのほうが有名みたいなんだけど、憂いのある渋い歌声でとても歌心があるなぁと感じた!

薄いピンクのシャツに白いベストとパンツというお上品な装いにアコギを抱えるフィル。公演前日にリリースされたソロ・アルバムは未ゲットのため、ほとんど初めて聴く曲。ミニマムなアコースティックセットになると予想していたら、男女2人ずつのバックバンドはドラム、ベース(エレキとウッド)、キーボード数台、ヴァイオリン(ノコギリ弓で弾いたり)、鉄琴、卓上型アコーディオン、フルート、たて笛などなど、特に女性2人は持ち替えが多く、多様な楽器を用いてました!当然、フィルのアコギと歌がメインなのですが、多彩なサウンドも楽しめる内容は予想外の面白さでしたよ。

フィルは紳士的な佇まいで朴訥なMCを挟みながら、曲順を間違えそうになったときは微笑ましかったり、知性と人柄のよさがにじみでてましたね~。アコギは自然と滑らかな演奏で、美しく透明感のある歌声は素敵で、どの曲も優しさを感じられるものばかり。牧歌的な素朴さを感じさせつつも、アーティスティックなセンスでまとめたようなライブでした♪本編最後にメンバー全員でドラムを囲んで叩いたときのフィルはさすがのオーラが出ていた!あと、Radioheadのメンバー1人ずつの名前を呼んで次の曲を捧げます、という心配りも忘れず。

終演後に会場でソロ・アルバムをゲット。初秋に聴くのがピッタリなじっくり味わい深い好盤ですー。Wilcoのグレンとパットが参加しているのも嬉しい親交関係だわ。今月のWilcoのUK2公演でフィルが前座を務めるそうな!

ソロプロジェクトといえば、Lou Barlowが来日する!!! 昨年フジのDinosaur Jr.のレポでルーのソロも観たい・・とつぶやいたけど、ホントに実現するとは!秋の来日ラッシュで個人的にムフフなイベントだ♪
by 033_MFS | 2010-09-08 23:44 | ♪音楽-LIVE
<< FEEDER@Shibuya ... Summer Sonic &#... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ