033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
FEEDER@Sendai CLUB JUNK BOX(9/18)
仙台初ライブ遠征行ってきました♪ 会場のJUNK BOXはJR仙台駅西口から徒歩15分、ファッションビル・フォーラスの地下という立地。方向オンチなワタシは友人たちにくっついて歩いてたので、方向や道順はあまり覚えてません・・。
c0024243_1225922.jpg
キャパ約450人の小さなハコは、原宿アストロホールに近い感じ。開場時に缶バッチ2個セットが配られるオマケ付きに喜ぶも、えっと、コレ6月の単独のとき物販で買ったんすけどぉ。(^^i) 今回の来日ツアーはどこも客入りは厳しかったようで・・O-Eastではまったく押されることもなかったのでグラントかぶりつきの位置へ!18:00開場で30分後が開演予定ってのはよかったわ、いつも通りに10分ほど押したけど待ち時間が短く感じられた。

6月のレポで西部劇映画と思しき音楽と書いたSEは『続・夕陽のガンマン』のテーマ曲と判明、今ツアーでもオープニングとエンディングで使われてた。SEに合わせ手拍子が起こりメンバーが登場すると、雰囲気が一転して新作から激しい曲"Barking Dogs"でスタート!序盤はアッパーチューンやヘヴィなナンバーで畳み掛け、"Feeling A Moment"からの中盤はメロウでエモーショナルな曲が続く。タカさんの「記念すべき仙台初ライブ!」という軽いMCがあったぐらいで、次々と流れるような構成。

ライブでは重くて骨太なサウンドを出す硬派なFeederさん、メインで使うベースとギターがラメラメ・コンビになってます。タカさんはリッケン?タイプの金ラメで、グラントはジャズマスターの銀ラメ。タカさんのゴリゴリした男っぽいベースは毎度のことながらカッコええ!今回はあんましコーラスやってなかったけど、その分弾くほうに集中できていたのかな。ディーン不在となりグラントのプレイをマジマジと観るの初めてかもしれない。いわゆるギターソロ的なフレーズは弾かず、全体的に軽やかで柔らかいストロークという印象なのに、鳴らすのは紛れもない轟音!ヘヴィネスサウンドとギャップのある優しい歌声と笑顔も魅力なので、すこぶる喉の調子も良く、度々ステージ前に出てきてはステキな笑顔を見せるグラントに萌えキュンでございました~ ♡ ムフフ♪

数年前のツアーから参加していたサポート・キーボードのCCは、ハードエッジな新作の影響かサポートギター居ないせいか、キーボードを揺すりながらノリノリの演奏とコーラスで今までに無い存在感を見せていたような。サポート・ドラムのデーモンは、上半身裸で登場し見た目も叩き方もメロコア・パンク向きな感じが好きになれませんが(キャラはいいんだけどね)、小さいハコのほうがイイ味を出すタイプかな。慣れもあるでしょうが、2日前より粗が大して気にならなかったわ。

荒々しい初期衝動を感じた新作ですが、ライヴ映えする曲揃いであることを再確認!アップテンポで激しい曲が多いので"Come Back Around"なんてえらくゆっくりした曲に聴こえちゃったな。まだまだ観客に浸透しきれていなかったけれど、何曲かは今後のライブ定番曲に加わりそう。とはいっても、すごく心に響いてくるのは"Feeling A Moment"や"Pushing The Sense"や"Just The Way I'm Feeling"だったりしますけど。ヘヴィ一辺倒でも哀愁たっぷりなだけでも食傷気味になってしまうから、ヘヴィとメロウがバランスよく配分された内容は、また次も観たい!と感じるもんです。これに過去のレア曲を5曲ほど追加してくれたら理想的な選曲になるんだが。

アンコールは、まず今来日ツアー特別企画のプレゼント・コーナー!各会場でメンバーサイン入りのブツを日付などにちなんだ番号を呼びあげ、該当する整理番号のチケ保有者が当選で受け取れるというもの。大阪以降タカさんがホテルでゲットしたパジャマをツイッターで紹介していたそうで、O-Eastでは1番の人が当選して可愛らしいパジャマを受け取ってました。仙台はTシャツとスネアヘッドの2種類有って、ロックということで69番の男性がTシャツ当選。次は「女の子でドラムやってる人は?」と挙手制に。ベーシストでダンナちゃんがドラマーのgちゃんが思わず「あ゛ー」と呻いた声が聞こえたのか、タカさんが「ウソでも手あげればいいじゃん」と言ってくれたのですが、ウソつけず・・。

静かな曲かラウドな曲どちらをやるか相談して始めたのはラウドな"The End"! 続く"Godzilla"にヤッホー!他の公演で演ってても、この曲に当たることがなかったのよ~。新ドラマー急遽加入で選曲の入れ替えは期待できなかったので、嬉しいサプライズでした!タカさんが「いっぱいじゃないけど、こんなに来てくれて嬉しい!」と言ってましたが、仙台在住の方によると普段完売することのない土地柄にしては十分入っていたとのこと!最後の"Just A Day"と"Breed"はさすがに押されて盛り上がったし楽しかった~!!!

来日ツアー最終公演@代官山UNITのライブの模様が、インターネット・ライブ動画配信で生中継されたのだー。仙台観光して19:00過ぎ東京駅着の新幹線で戻ってきたので、電車移動でのiPhoneによる視聴は映像が途切れ途切れになってしまったけど最後の1時間は観れたというか聴けました!大入り満員と見受けられ、ダイバーもいて盛り上がってたね!アンコールのラスト"Breed"はLUNA SEAのイノランさんがゲストで登場し共演。この日の午前中に仙台駅で河村りゅーいち氏を見かけたのはそーゆう前触れだったのかしら。。

RO69で「タカ・ヒロセの来日滞在記再び!」やってます!前回の滞在記オモロかったんでどんなネタをアップしてくれるのか楽しみ♪ あと、タカさんのツイートもすごく親近感沸く~。(^^)


Feeder - "Buck Rogers"(live) - Sonisphere Festival 2009 Knebworth UK

"Buck Rogers"封印の記事を読んで 「え?そうだっけ?!」と思ったんですけど。08年のフジも昨年の単独来日でも演っていたし、↑の映像だって昨年のフェスだぞ・・というツッコミは置いといて、この曲を演らないライブなんて想像したこともなかったよー。UNITでグラントが来年のフジで会えるといいね!と言ったことを受けて、来年のフジ@グリーンをイメージしてこの映像を選んでみた!ドラムはやっぱカールのほうが適任かな。で、ディーンも戻ってきて欲しいなぁぁぁ。




Feeder@Sendai CLUB JUNK BOX(18-Sep-2010)

c0024243_1235993.jpg
本編:"White Lines"→"Come Back Around"→"Home"の曲順入れ替え。
アンコール:"High"演らず"The End"、記載のない"Godzilla"を演り"Just A Day"→"Breed"


c0024243_1243666.jpg
牛タン居酒屋の予約時間まで1時間近くあることだし、出待ちすることに。25人ほど残ってたファンは、マナーがよろしくやんわり連帯感あって雰囲気よかったデス!Oちゃんがタカさんに「今日はパジャマなかったんですか?」と尋ねると、「いちおう持ってきてたけど、(デザインや柄が?)面白くなかったから・・」とカバンから取り出すと、その場でサインしてプレゼント!タカさん、気さく過ぎるぜ!グラントも親切にサインや2ショット写真に応じてくれて、レコード会社セッティングの打ち上げがあるとかで(グラント萌えしてる間にタカさんとサポートkeyのCCは去っていたわ・・)、タクシーを待たせてるスタッフさんが気を揉んでましたが、最後まで残ってニコニコしながらファンサービスに応え、待ちぼうけをくってたドラマーのデーモンも「グラントは優しすぎる~」と。あ、デーモンも冗談ばっか言って愉快な人だった!タカさんもグラントも人柄がチャーミングで、ますます惚れちゃった~!
by 033_MFS | 2010-09-23 22:53 | ♪音楽-LIVE
<< 仙台観光記(2010年9月) ... FEEDER@Shibuya ... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ