033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
TEENAGE FANCLUB@Shibuya O-East(10/20)
直近のTVTが良すぎたけど、TFCも素晴らしかったー!!!今年イチバン涙腺が緩んだライブだったぁぁぁ。
c0024243_2045672.jpg
Teenage Fanclub(ティーンエイジ・ファンクラブ) L→R : David McGowan(key, G)、Gerard Love(vo,b)、Francis MacDonald(ds)、Raymond McGinley(vo,g)、Norman Blake(vo,g)1989年スコットランド・グラスゴーにて結成、ノーマン・ブレイク、ジェラルド・ラヴ、レイモンド・マッギンリーの3人のソングライター兼ヴォーカリストを擁する4人組。90年に1stアルバムでデビュー、91年の2nd『Bandwagonesque』で世界的な人気を得て、97年の6th『Songs from Northern Britain』は全英チャート3位を獲得。スコットランドのインディ・ギター・バンド・シーンの象徴的な存在のひとつとして人気を誇る。今春5年ぶり通算9作目となる『Shadows』をリリース。

アルバムは半分ほどしか揃ってないけれど、ベスト盤は常にiPodに入れておきたいのよね。サマソニは元年の00年、05年、昨年で計3回出演していますが、単独は7年ぶりということで、ワタシの初見は7年前ということになる。東京×2、名阪の4公演をまわる今回の来日決定当初は、日程的に不都合で涙をのんで東京2daysの先行チケ取りを見送ってました。ま、不幸中の幸いで行けることになったんだが、2日間行くゆとりがなく・・2日目を選択。

18:30ごろ会場へ着くと7割近く埋まっており2Fから見下ろすと師匠が居るであろう右側前方エリアはまだスペースあるぞ!っつうことですき間をぬって進んで好位置にたどりつかせた。

TFCは3人のソングライターがいて、作曲者がメインヴォーカルを取るスタイル。各々が強烈な個性をぶつけ合うというのではなく、3人の落ち着いた似た声質を持つもの同士が反発せずうまく調和して統一感に満ちているんですよね~。特に誰のファンというのはなかったんだけど、ベースのジェリーがお気にの師匠に合わせてジェリー側で観ることにしたら・・・

レイモンドの"About You"で始まり、ノーマン、ジェリーと交互にVoが変わり、ベスト盤の曲を中心とした代表曲に最新作を織り交ぜた選曲で、メインヴォーカルの比率はノーマンが4.5、ジェリーが3.5、レイモンドが2というバランス。始終あったかい空気に包まれ、シンプルなサウンドにグッドメロディな歌を聴かせるTFCらしいライブ!さりげなく連投する新曲も違和感なく溶け込んでる。

和やかでフレンドリーなメンバーの中で、渋顔で黙々とプレイしているジェリー、なかなか芯の強い音を出していた。ライトの当たっていない奥に引っ込んで弾くことが多くMCはしないが、甘い優しい歌声を聴かせるのだ!"Don't Look Back"では自然と両目から涙がつらーっと。。新作1曲目の"Sometimes I Don't Need~"や"Ain't That Enough"のステキな曲に会場がめっちゃ沸いた"Radio"と"Sparky's Dream"という元気のある曲もジェリーの曲なのねー。意識して聴いてみると、ジェリーの曲に好きなのが多いことに気づかされた!

センターに立つノーマンはニコニコしながらよく観客たちを見渡していましたが、あの満面の笑顔を向けられるとこっちも笑顔になっちゃう!なんとこの日はノーマンの誕生日で、中盤前ごろ観客によるハッピーバースデー♪合唱となり、さらにハッピーな雰囲気になってたわ。高音がちょっと辛そうでしたが、"Mellow Doubt"の哀愁の口笛は美しく、ミニ鉄琴を手に持って演奏した曲では「間違えちゃった~」とお茶目に笑ったり、本当に人柄がカワイイおとーさんだなあ。

位置的にレイモンドはあまり観れなかったけど、彼の柔らかい甘い歌声もステキで、時折ラウドなギターや泣きのソロを弾いていてカッコよかった!サポート(準メンバー?)のデーヴは、鍵盤、エレキ、鉄琴、ペダルスティールギターなど楽器を持ち替えて職人さんでしたね。

本編最後の"The Concept"とアンコール締めの"Everything Flows"は大歓声&大合唱でもっとも盛り上がったー♪ ノーマンが度々「ファンタスティック!」「グレイト!」「ベスト・オーディエンス!」と言って褒めてくれたので、両日観た師匠に聞いてみると、前日もよい雰囲気だったけど2日目のほうが観客の熱気が上回っていたとのこと!1時間半の揺るぎない安心感と心地よい幸せをもたらしてくれる素敵なライブでした◎


Teenage Fanclub - "Don't Look Back" (live in Seoul 24-Oct-2010)
日本公演後の韓国フェス出演より♪




TEENAGE FANCLUB@Shibuya O-East(20-Oct-2010)

About You
Start Again
Discolite
It's All In My Mind
Don't Look Back
Baby Lee
The Fall
Sometimes I Don't Need To Believe In Anything
I Don't Want Control Of You
Radio
When I Still Have Thee
Ain't That Enough
Mellow Doubt
Your Love Is The Place Where I Come From
Sparky's Dream
The Concept
------------------------------------------
(encore:)
Sweet Days Waiting
Planets
Today Never Ends
Everything Flows
by 033_MFS | 2010-10-31 23:47 | ♪音楽-LIVE
<< ブライトン・ロック THE VELVET TEEN... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ