033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
22-20s@Shibuya Club Quattro(10/28)
04年のフジ出演は若いのにストイックでうまい演奏に惹きつけられ、同年秋の単独ではさらに圧倒された22-20s。突然の解散に復活は悲喜交々さっ!6年ぶりの来日となる今年のフジは序盤を見逃してしまい、PA横までしか進めなかったら集中して観れず、(パフォーマンスは良かったけど)消化不良に終わってしまったのだ・・。
c0024243_19163969.jpg
22-20s (トゥエンティトゥ・トゥエンティズ) L→R : Glen Bartup(b)、Martin Trimble(vo&g)、James Irving(Ds)、Dan Hare(G)2001年結成、英国リンカーンシャー出身。04年にセルフタイトルの1stアルバム『22-20s』をリリース。まだバンドは20歳前後だったにもかかわらず、ブルースをベースにした本格的なサウンドが大きな話題となり、英国メディアから“2004年に登場した最高の新人”とも称された。しかし06年1月に突如解散。09年9月、ヘヴンリー・レコーズの18周年を記念したライヴで復活し、オリジナル・メンバーの3人に新加入のダン・ヘア(G)を加えた4人編成で再び活動を開始。10年5月に、約6年ぶりとなる2ndアルバム『Shake/Shiver/Moan』をリリース。

タワレコで来日記念盤『Latest Outtakes』の購入者特典で先着順に握手会の参加券が配布されていましたが、会場でも未だ入手可能だったので、参加するかはライブを観た後の気分次第ということで、記念盤を購入し直筆サイン入りジャケ&握手会参加券をゲット。カウンター確保を託していたgちゃんと合流すると、イスが出ているじゃないの!たまにはラクして楽しむのもイイもんです。

前座はTHE CIGAVETTES(ザ・シガベッツ)という05年に福岡で結成された5人組。英語詩+ストレートでキャッチーなメロディはOasisやThe ViewといったUKのバンドを想起させました。私の位置から全く観えなかったドラムがよかったかな。Vo君の中途半端なビッグマウスが喋れば喋るほど場が寒くなってくるお笑い芸人のようで・・。(^^i)洋楽志向な楽曲は楽しめましたよん。ギター君って昨年観たくるり@武道館でサポートギターやってたと知って、ほぉ。

20時に22-20sが登場!阪、名、東×2をまわる来日ツアーの最終日は今年の3月から行っていた再始動ツアーの締めでもありました。「コンニチハ」という第一声が明るい。1曲目は1stから"I’m The One"でスタートすると、しばらく2ndの曲が続く。ポップでメロディーの立った曲が増え、一張羅のダークスーツを着ていた頃と比べたらラフな格好で、音楽の幅が広がりリラックスしたプレイは成長の手応えを語っていました!でも、座って観ていたせいか序盤はどこか冷静に静観してしまったのも事実。04年の単独はすこし下がった場所から超満員のモッシュを目の当たりにして、そのときの印象が残っており前方に行くのを避けてしまったけど、そんなにギュウギュウではなく客層も落ち着きましたわ。

「5年ぶりに観に来てくれたみんなに捧げるよ」とデビュー・シングルの"Such A Fool"が始まってテンションあがった!!! 会場全体の熱気も一気に上昇!ここから後半はグイグイと引き込まれ、持ってかれましたねー。遠目だが相変わらず童顔に見えたジェイムスは安定感増した!立ち位置が右側に変わったグレンは以前と比べると動きが大人しくなったな~と。新加入のダンはコーラスもやりギターソロも弾きバンドに馴染んでいるようだ。ツインギターになってかなり歌に集中できるようになった感じのマーティン、彼のギターが炸裂すると迫ってくるものがある!座っててもめっちゃ興奮したー!本編最後の曲がえらくカッコよかったんですが、カバー曲だったのね、はは。The Gun Clubの"Fire of Love"でございました。

アンコールでは"22 Days"のヘヴィなグルーヴもヤバかった!今回の4公演で唯一披露したらしいので、聴けてラッキー♪ 最後は待ってましたっ!とばかりに "Devil In Me"で盛り上がらないわけがないっ!間奏でマーティンがジェイムスにアドリブを振ると首を横に振るので観客大笑い。で、グレンに振ってみると、彼もムリー!って断ったので、意外や年相応の未熟さがあってホッとしたような。今度は全員でアドリブソロ回しを演ってねん。1時間10分強という長さは物足りなかったけど、演奏自体はすごく良かった。次の機会は前方で観なきゃ!

ということで握手会に参加することに。早く一杯飲みたい、食べに行きたい気持ちをグッと抑えて、20分ほど待った21:30過ぎに開始。4人とも明るい笑顔で迎えてくれて、すっごくカワイイじゃないか!ひと言の挨拶と握手で一瞬の出来事でしたが、好感度がぐーんとアップしたことは書いておきたい!(^^ゞ

【東京公演1日目(10/27)の写真がBIG NOTHINGさんに掲載!】




22-20s@Shibuya Club Quattro(28-Oct-2010)
c0024243_19522188.jpg
PA後ろで撮影していたテレビカメラマンさん用のセトリを撮らせてもらいました。メモ書きしている曲を音楽TVで放送するのかな?!
by 033_MFS | 2010-11-06 23:33 | ♪音楽-LIVE
<< REAL ESTATE & W... ブライトン・ロック >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ