033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
MOGWAI@Ebisu Liquidroom(2/2)
約2年半ぶりに通算7枚目のスタジオアルバム『Hardcore Will Never Die, But You Will』を2月2日にリリースしたMogwai!日本先行となる発売日に行われる当公演は、新譜の収録曲で構成する特別なセットで、ライブ・チケット+CD+Tシャツの3点セット限定商品がHMVオンラインでのみ販売。リキッドのキャパで観れるなら!と発売開始10分以内の早い段階で申し込んだのだが・・
c0024243_1785886.jpg
MOGWAI (モグワイ) L→R : Dominic Aitchison(b)、Barry Burns(g, key)、John Cummings(g)、Martin Bulloch(ds)、Stuart Braithwaite(g) 【今年で結成16年目を迎えるスコットランド・グラスゴー出身のポストロックシーンを代表する5人組。】

届いた整理番号が9XX番でワナワナ。。。番号は抽選であること承知してましたけど、無欲だったとはいえすんごくツイてない気分にさせられたなー。(苦笑) まっ、熱烈ファンのIちゃんが超良番を引き当てられたんでよかったよ!どうせ早く行っても入れないから、開場後35分過ぎごろ会場に到着してみたらまだ800番台を呼び上げていて、お手洗いとロッカーに寄ってからでも余裕のタイミングだったさ。あとで聞いたところによると、開場が15分押していたとのこと。

場内は全体的に埋まっているものの多少スペースあって、真ん中より前には入りこめたが男性率高いので視界はなかなか悪い。。で、15分押しでオープニングアクトの 「にせんねんもんだい」が登場。日本の女子3人組インスト・バンドで初耳初見でしたが、ミスジェのときのガールズバンドとは対照的でクール!ギター&Key、ベース、ドラムの構成で反復の静のパートからゆっくり時間をかけてアグレッシブなパートへ展開していくのだが、 いやいやなかなかカッコイイじゃないっすか!小柄そうなドラマーがガンガン頭振っての乱れ打ちはインパクトありやした。3、4曲30分ほどの演奏を終えての初MCがシャイな可愛らしい声で、迫力あるパフォーマンスとのギャップも好感度アップ。10年以上のキャリアがあって海外で何度もツアーを行い、ALBUM LEAFやBATTLESなどの来日公演もサポートしていたそうで、Mogwaiのスチュアートがお気に入りで出演が決定したのも頷けたな。

セットチェンジで前方へ移動したら10列目あたりをキープでき、20:15に笑顔で手を振りながらモグワイ登場!スチュさんが意外と細いというか、いつからあんなに痩せてしまっていたんでしょーか?! 前日に発送された新作は宅配便受け取れず未聴だったので、一体どんな感じの作品になっているんだろう・・・!?と新鮮な気持ちで臨んだ。新作のタイトル名を告げ、この作品をプレイしますと伝えてからスタート!

1曲終わる毎に「アリガト~。サンキュー!」と右端のスチュがステージ袖ともいえる位置に立ったマイクに向かって発する以外は曲名紹介もなく次々と演奏。過去6作のうち3枚しか聴いてない中途半端なリスナーですが・・・全編を通してほんのり明るい響きを持った曲が多かったのは予想外!あ、明るいといってもやっぱり冬をイメージさせますがね。メロディックなギターラインといい、今にも歌メロが乗っかってきそうなエモーショナルなギターロックがあれば(実際バリーのささやくような歌声とスチュアートのボコーダーを使った歌詞のある曲が2曲あり)、じんわりくる柔らかく美しいナンバーもあって、ヴァラエティに富んでる~!というのが第一印象。

じわじわ・・・ドッカーン!!!とくる長尺曲が無い??と思ってたら新作最後の曲でキタっ!後で調べたら"You're Lionel Richie"ってゆう、なんともふざけたタイトルだった。はは。1時間ほどで新作のセットを終えると、代表曲をプレイしたのですが、薄暗く白や青といった単色のライティングの下で、ライブ初聴となる "Christmas Steps"と何度でもライブで聴きたい "Mogwai Fear Satan"の2曲には大興奮だぁぁぁ!静から動への転化と炸裂する轟音パートはトリップ感と緊張感を誘発し何ともいえない高揚感がたまらーーん♪♪♪ アンコール締めの "Batcat"の爆音も迫力あったなぁ。1時間45分のスペシャルセットを堪能して大満足!未体験の野外ステージでも観てみたいなー。

終演後は観客全員にメンバーのサイン入りセットリストのコピーが配られ、初回生産限定盤CDにはギターピック付き!ライブチケとのパッケージのみでしかゲットすることが出来なかったTシャツはタダみたいなものだし、コレクター気質のある日本人のファン心理をくすぐるアイディアに感心しちゃったわん!

あらためてCD盤を聴いていますが、コンパクトで聴きやすいけど細部まで意識した緻密な音の織りなす世界に浸れてしまうんだな。あまりインスト聴かない方も楽しめるのではないでしょうか!お気に入りトラックは#8の"How To Be A Werewolf"!

【RO69のライブレポートに当公演の写真が掲載!】

★日本公式サイトオープン⇒ http://hostess.co.jp/mogwai/




MOGWAI@Ebisu Liquidroom(2-Feb-2011)
c0024243_179476.jpg
1〜10曲目までは新作の収録順にプレイ。
by 033_MFS | 2011-02-06 23:26 | ♪音楽-LIVE
<< SCISSOR SISTERS... MYSTERY JETS@Sh... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ