033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
FOALS + HOLY FUCK@Akasaka BLITZ(2/15)
昨年フジで観たFoalsは期待以上に良かったけど、単独公演を即決させたのはゲスト出演のHoly F***がすごーく観たかったから!!!そんなわけで、滅多にない名古屋出張を蹴って観に行っちゃってました。(^^;)
c0024243_23271186.jpg
HOLY FUCK (ホーリー・ファック) Brian Borcherdt (key, effects)、Graham Walsh (key, effects)、Matt "Punchy" McQuaid (b)、Matt Schulz (ds) 【カナダ・トロント出身の4人組インスト・エレクトロ・ロックバンド。ブライアン・ボーチャートとグレアム・ウォルスを中心に04年より活動開始、アルバム『Holy Fuck』(05年)や『LP』(07年)といった作品を発表。09年フジロックで初来日(写真↑)、10年に3rdアルバム『Latin』をリリース。】

近年で音楽嗜好の幅が広がったことといえば、インストバンドのライブも楽しめるようになったのよねん。09年のフジを不覚にも見逃してしまったが、スペーシーでダンサブルなエレクトロロックを人力で再現するライヴ・パフォーマンスは定評あったんで、観れる機会をうかがっていたのだ!

19:00オンタイムに開演。ステージ中央にキーボードが2台対面に配置、後ろにベースとドラムという編成。(keyのブライアンが終盤1曲でギターに持ち替えあり) 実験的なアンビエント調の曲からスタートすると、アップテンポな曲を挟みスペーシーでユルいグルーヴのミッドテンポと、徐々に熱を帯びて高めていく展開。しっかりしたグルーヴを奏でるリズム隊とエフェクトを駆使したエレクトロニクス担当がガッチリ絡んで同調しているので自然と引き込まれた~!
キーボードの2人は1曲ごとに(曲中も)忙しなく機材をとっかえひっかえ、前傾姿勢で沢山のツマミをいじくり回し、サンプラー多用しているんでしょうが、ピアニカ用いたりマイクを使った掛け声やら、かなーり人力技に頼っているところが微笑ましくてにやけてしまう。正面からマジマジ観察したかったわん。
ポップセンスとアグレッシブなロックを持ち合せたダンサブルな楽曲、メンバー全員が全身でリズムを取る熱いパフォーマンスで、バンドとしての一体感が凄く好かった!!! って、リズム隊はメンバーチェンジを繰り返しているようですが。

セットリスト検索できず1st未聴なのであやふやですが"Super Inuit"、"Latin America"、"Holy Radar"、"The Pulse"、"Red Lights"、"Royal Gregory" などをプレイしたかな。ラストがHFに興味を持つキッカケになった "Lovely Allen"だったことは確か!Foals目当ての観客が多い中、コレは手拍子が起きて盛り上がったねー。初聴だと言ってた師匠&お友達も観終わったら好反応!!

ゲスト扱いで45分強演奏してくれたので満足!まぁ、単独で観られるなら、それに越したことはないのですが。。。 とにかく次の機会も必見だわっ!!!

ワンコ派のアタシでもニャーン♪キャワイイー!と思った物販のネコTはバンド名がアレなんでスルーしてしまったけど、やっぱり欲すぃ。ただいま通販サイトで購入(どの色にするか)検討中。

大阪公演(2/16)名古屋公演(2/18)の写真が SMASHING MAGに掲載!】


Holy Fuck - "Lovely Allen"
高揚感と幸福感に包まれる名曲はナマで聴くとやっぱり最高♪♪♪
Owen Pallettが弾いてるアルバム収録バージョン後半のヴァイオリン・パートもブラボーっすよ~!
◇◆……………………◇◆◇……………………◇◆◇……………………◆◇
c0024243_529547.jpg
FOALS (フォールズ) L→R : Jack Bevan (ds)、Jimmy Smith (g)、Yannis Philippakes (vo,g)、Walter Gervers (b)、Edwin Congreave (Key) 【英オックスフォード出身の5人組。08年アルバム『Antidotes』でデビュー、テクニカル且つダンサブルな曲調が特徴。全英初登場3位を獲得し、同年初来日ツアーとフジロック出演も果たした。10年に発表した2ndアルバム『Total Life Forever』で新境地を切り開き、一夜限りの公演とフジロック出演で再来日。】

1stの複雑なアンサンブルと性急な展開の曲調は面白いと感じたものの、歌メロが乏しく畳み掛けるヴォーカルが苦手で敬遠してましたです。2ndで化けた!というla-pandaさんの感想を受けて聴いてみたら、性急さが後退し深みの感じられる内容に急遽フジのホワイトステージを観にいき、まんまと楽しく踊らされてしまったという。

下手前方にいたらギュウギュウではなかったけど、ソールドアウトとのこと。30分程のセットチェンジでFoalsが登場し2ndの1曲目"Blue Blood"でゆったりとスタート。序盤こそメンバーも観客も肩慣らしといった感じでしたが、1stのアゲアゲ曲"Cassius"でフロアのテンションは一気に全開!フジの盛り上がりを見てライブハウスのセンターのモッシュは凄いことになりそうと予想できたので、HFを近くで観ることよりモッシュ最前線を避けるほうを優先し端っこに陣取って正しい判断だったかな。若者パワーすげかったー。

フジではけっこうな高さのスピーカーに登ったりよく動き回っていたヤニスと若さと可愛らしさが眩しすぎて目の保養になったジャックの2人は、つい目をひかれますね。ヤニスは笑わず無表情なんすが、動きはエモーショナルでして、助走つけて観客にダイブしたり、ギター弾きながら客の前を端まで移動したり(目の前に来たんでちょこんとタッチしたらTシャツが汗でびっしゃびしゃ!)、やっぱりスピーカーに登ってやんちゃ君でした。終盤に台の上で天井から吊るされたスピーカーにぶら下がろうかどうか思案顔のときは「ムリムリムリムリムリ」って心の中で呪文のように唱えたさ。諦めてくれてホッ。ジャックの何度か立ち上がって手拍子を促す姿はキュートで母性本能をくすぐるタイプだけど、随所で存在感のあるビートを叩き出していたのは頼もしかった!ベースとギターの2人も汗だくの熱いプレイを繰り広げてましたね。

フェスでのコンパクトなセットは踊りたくなる即効性の高さがあったけど、2ndの抑制のきいた曲調が続く聴かせる展開は単独ならではでしょうか。個人的には "After Glow"のスパークする後半のパートにインパクトを感じた!英NME誌で2010年度のベスト・トラックにも選ばれた"Spanish Sahara"の徐々にスケールが広がっていく音世界は美しく、続く"Red Socks Pugie"はリズミック部分抑え気味のメロディを活かしたアレンジもよかった!本編最後はヤニスがステージ中央でフロアタムを激しく打ち鳴らし、アンコールは1stと初期の曲で否応なしに観客のテンションと場内の熱気をあげて、ラストはジャックが招き入れたHFのドラマーもフロアタムで共演し終演!

複雑なギターアンサンブルにファンキーでトライバルなリズム、テクニックも兼ね備えたエモーショナルなパフォーマンスを見せつけられた1時間半!そうそう、ヤニスが歌を歌っているなーという印象も持てたわ。内輪ではロバスミちゃんっぽいねと言ってたんですけど。Holy Fuckに満足してちとまったりモードで観てたこともあるんですが、若者のノリにはついていけないかも・・。あと撮影終えたカメラマンとパス持った外国人男女がピット内でずっーとお喋りしていて邪魔くさかったのなんのって。(苦笑) まっ、いずれにせよ3rdには注目してますよ!

大阪公演(2/16)名古屋公演(2/18)の写真が SMASHING MAGに掲載!】



FOALS@Akasaka BLITZ(15-Feb.2011)

Blue Blood
Olympic Airways
Total Life Forever
Cassius
Balloons
Miami
Alabaster
After Glow
2 Trees
Spanish Sahara
Red Socks Pugie
Electric Bloom
-------------------------------------
(encore:)
The French Open
Hummer
Two Steps,Twice
c0024243_6292430.jpg

by 033_MFS | 2011-02-26 10:21 | ♪音楽-LIVE
<< NO AGE@Shibuya ... SCISSOR SISTERS... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ