033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
4月に観たライヴは
ワタシの活力源であるライブ、震災の影響で来日公演は軒並み中止or延期となっており、払い戻しと延期の日程調整待ちなどが10公演を超え残念至極でやんす。。。 電力事情や交通機関の不安定が落ち着いたら、度重なる余震の発生に原発事故の影響・・・。安全面を考慮しての判断ゆえ誰を責めることも出来ないんだけど、アーティストの裁量によるところも大きいかな?!と思うこともあったりして。そんな中で来日公演を決行してくれたアーティストたちには(観に行っていない公演でも)敬愛の念を抱きます♪

★Wilko Johnson@Shibuya Club Quattro(4/7)

震災後初ライブという観客多しだったのではないでしょうか、男臭い客層で満員! 19時半からライヴに先立ち、今年で結成40周年となるDr.Feelgoodのドキュメンタリー映画『Oil City Confidential』の特別編集ヴァージョン(30分)が上映されました。若かりし頃の開脚ジャンプ、故ダイアナ妃もファンだった、ジョー・ストラマーはウィルコに憧れてテレキャスを使い始めたetc、興味深かったデス。 うあ゛ー、5月上旬までの上映期間に劇場に足を運べず…。
c0024243_01224.jpg
Wilko Johnson (ウィルコ・ジョンソン) 【1947年、英国エセックス州生まれ。70年代初頭にDr.Feelgoodのギタリスト兼ソングライターとしてバンド全盛期の人気を支えイギリスのパブロック・シーンを牽引。77年に脱退、Solid Senders、イアン・デューリー率いるBlockheadsを経てソロ活動を展開し、長きに渡りロックンロールなギターを鳴らし続け多くのアーティストからリスペクトを集めている。】 写真(↑)は09年@フジロック。

06年のPrimal Screamの来日公演でゲスト出演したときに只ならぬオーラを感じ、09年フジで個性的なギタープレイに魅了され、単独公演あれば観に行かなくちゃだわ!ということで8年振りとなる単独来日。親日家でもあるウィルコは地震のとき東京にいる友人とSkypeで会話していたそうで、来日して直接皆に「日本を愛している」と言う事が出来るように願っています、というメッセージが寄せられていました。

終映後15分ほどで開演。Vo&Gのウィルコ、Bはお馴染みの盟友ノーマン・ワット・ロイ、Dsは2人と親子の年齢差があろうかという新メンバーのディラン・ハウ。このレポを書くにあたり調べてみたら、ディランもYESのスティーヴ・ハウの息子(←次レポにつづく)だったとはビックリ~!

昨年出たソロ名義のベスト盤を軽く聴いただけなのでソロorバンド時代の曲なのか分からず観てましたが、わりとそのベスト盤から演奏され、ソロ+ドクター・フィールグッドが多めという構成だったみたい。ドクターフィールグッドはパブ・ロックを代表するバンドとか70年代末に巻き起こったパンク・ムーヴメントの火付け役と語られるけれど、伝統のR&Bをベースにしたシンプルなロックンロールとしか言いようがない!

で、ウィルコといえばピックを使わない鋭いカッティングとギターをマシンガンのように構えるパフォーマンスが有名!昔と比べたら表情はすっかり丸くなったのでしょうが、カッティングのキレ味は鋭い!いやー、マシンガンポーズで狙い撃ちされると嬉しさと緊張感でテンションあがるー!!! ムーンウォークのような動きでステージを左右に軽やかに移動していたのも印象的。

ノーマンをガン見したいというAちゃんにくっ付いて間近で観てましたけど、凄いね~彼も!妖怪系なルックスもインパクトありですが、体格のわりに大きい手と長い指で、多彩なベースラインがグルーヴィーにうねりまくってた!シャツの袖口から汗をボタボタ垂らしながら。ディランはジャズテイストなドラムを叩いていたかなぁ、如何せんフロントの2人が強烈なのでよく覚えていない。。。

本編ではMCらしいMCはなく、普段通りのスタイルを貫いているようでしたね。アンコールで日本のカタストロフィ(大災害)に触れ、「I love Japan!」と感動的な一言を残すとチャック・ベリーのカバーで"Bye Bye Johnny"!各パートとの絡み満載の間奏に観客とのコール&レスポンスで10分近い長さ、"Johnny B. Goode"しか知らないワタシでも皆に調子合わせてバ~イバイバイバイ♪と合唱に参加できちゃいました。フジで観たとき観客がゆるーいノリだったので油断していたら、"Roxette"ほか何曲かでモッシュが起きて押されたー!けど、楽しかったー♪ やっぱりライブでしか味わえない心の高ぶりってあるのだっ!

開演前「万が一地震が発生した場合はスタッフの誘導に…」という場内アナウンスに苦笑いしちゃったけど、この晩に最大余震が起こったのよねぇ。さすがのウィルコもビビっただろうな。。。

【大阪公演(4/6)の写真が SMASHING MAGに掲載!】

【RO69編集部日記にsetlist掲載】 *実際の演奏曲と曲順は若干異なるようです

◇◆……………………◇◆◇……………………◇◆◇……………………◆◇

☆LITTLE BARRIE@Ebisu Liquidroom(4/15)

同週のThe Vaccinesが中止になり(ノドの手術を受けることが理由になっていたが・・)、友人が予定していたHELLOGOODBYEに便乗参加しようとしたら大阪→名古屋公演を終えた後に度重なる余震を理由に東京来ず・・。(レベル7に怯んだはず)  
それならば、と前売り思いっきり見送っていたバーリーを当日券で観ることに。^^;
c0024243_5315070.jpg
LITTLE BARRIE (リトル・バーリー) L→R : Virgil Howe(ds)、Barrie Cadogan(g&vo)、Lewis Wharton(b) 【公式サイト】

昨年12月に4年ぶりの3rdアルバム『KING OF THE WAVES』リリース時に行われた東京1夜限りのライブは観に行ってません。えっと、バーリーちゃんのギターテクニックをひけらかす感じがねちっこくて、煽り方が楽しいというより怒られてる気がして・・・ライブはマストでなくなってしまったのよねん。とはいっても、12月来日時にバーリー好きなgちゃんにハメられてインストアライブは観に行ってるんだな。1st以来のエドウィン・コリンズ(←3月の来日公演が中止でエ~ン。。。)を再びプロデューサーに迎えた3rdはライブ感溢れる骨太なロックンロールで、英プログレバンドYESのギタリストであったSteve Howeの息子という新加入のドラマーが好いキャラだったんで、観に行ってもいいかなーってゆうノリで。

客入りはゆるかったので余裕で前方へ、ライブに飢えて急遽観に来たひと多かったかも?! 赤パンがお似合いのバーリーは黄色い声援を向けられるようなタイプでもある。最新作1曲目の”Surf Hell”でスタートすると、華のあるギターでアグレッシブに攻めまくる!バーリーの得意顔というかナルシストビームが発せらると笑いのツボだったりするんで・・序盤から笑わせてもらいました、はは。

曲終えての「アリガトゴザイマス!」や手拍子を促し率先して会場を盛り上げようとするのは、やたらめったら親しげな笑顔のヴァージル!ルイスは男前だけどむっつり(寡黙)してるし、バーリーのMCはちょっとぶっきらぼうなとこあるし、そういえば前ドラマーも盛り上げ役だったなぁと思いだしつつ、うまいことバランス取れてるわ。ヴァージルの見た目はメタル風だけど、どんなジャンルでも対応できるオールラウンド・プレイヤーな印象でした。

「古い曲を演る」と紹介してからの"Burned Out"は1stから唯一演奏されたのですが、会場がもっとも盛り上がっていたように感じたのは気のせい?! そして、「日本に捧げます」と2ndからライブ定番曲"Love You"!この日はバーリーのしつこさも来日してくれた有難さ倍増で楽しく盛り上がれた♪ あ、でも長めの歌詞の合唱を煽られたときは、うぐぐぅ・・・ってなっちゃったけど。

今夏Primal Screamのステージでバーリーちゃん観ることになるだろうから、なんだかんだご縁のある方です!ディランとヴァージルが兄弟だったのも不思議な縁だ~。

【RO69のライブレポートに写真が掲載!】

set list :
01. Surf Hell 02. Twisted Little Blades 03. Does The Halo Rust?
04. How Come 05. Pin That Badge 06. Money In Paper
07. Why Don't You Do It 08. Now We're Nowhere 09.Tip It Over
10. Burned Out 11. I Can't Wait 12. Love You 13. New Diamond Love
(Encore:) 14. We Can't Work It Out 15. Pay To Join

今月はBEADY EYEが延期なので、予定通り行われるなら・・・ 次のライブはJonny、Ben Folds、The Posies(←最新作好い~!)と続きまっす♪
しっかし、ライブ無いと飲む機会がめっきり減って肝臓ナマってそう。ふははー。
by 033_MFS | 2011-05-15 23:07 | ♪音楽-LIVE
<< この猥雑さが・・ 100,000年後の安全 >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ