033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
NADA SURF@Zepp Nagoya(7/8)
3年連続の来日を果たしたナダ・サーフを観に名古屋まで行ってきたー!!!
アジカン主催のNANO-MUGEN FESに先駆け東名阪の3都市で開催されたサーキット形式のイベント。過去2年の来日公演は東京圏のみだったんでね、阪名を回るのは待ち焦がれていたファンはもちろんのことバンドにとっても喜ばしかったに違いない!
c0024243_662050.jpg
Nada Surf L→R : Ira Elliot (Ds)、Matthew Caws (G/Vo)、 Daniel Lorca (B)

ナノムゲンでのトラウマでアジカンファンの圧をもっとも受けなさそうなところがいいなと思い、日程的な都合もあり名古屋をチョイス。JR名古屋駅から1駅・2分・200円のささしまライブ駅までゆりかもめチックな’あおなみ線’を利用してみましたが、さほど利便性を感じず・・・。

3日前の東京の客入りがゆるゆるだったと聞き、17:30開場には気合いれず18:10ごろ到着。1700人キャパの会場は、1Fスタンディングの前方左右と後方エリアを封鎖していたようで、1000人キャパぐらいの空間に感じた。前方エリア20列ほどは詰まっていて中間あたりで待機、やはり首にタオルを巻いたアジカンファン多し。

18:30にアジカンのメンバーが登場し、出演者の紹介と観衆の写真を撮るなど一先ず場の空気を盛り上げてから開演。1組目のLOSTAGE(ロストエイジ)は2001年に奈良でベースとギターの兄弟を中心に結成され、現在は3人編成にて活動中とのこと。初見初聴でしたが、エモーショナルで硬質なギターロックながら柔軟性を感じるポップなメロディの曲もあり、声を大にしては言いづらいけどアジカンよりは好みだな。約30分のアクトで、「カッコいい~」との声もあがってましたが、大多数の観客は直立不動で静観していたので、ナダ・サーフが盛り上がるか心配になってしまったわ。。

15分のセットチェンジでNada Surf登場!「コンバンワ」と挨拶し、"Hi-Speed Soul"でスタート。近くに手拍子でバッチリ応えるファンが居たので、中間エリアは自然と盛り上がっていい雰囲気の滑り出し!ちょい遠目だったけど、マシューが金髪から銀髪?になってるように見えたなぁ。襟付きシャツをトップまでボタンを閉めて、きちんと感がしっかり出てました。ダニエルはロングのドレッドヘアを振り乱し、大きなステージで観るの初めてだったが、動きがダイナミックで目を引く~。アイラは適度に陽気で観客をノセていきます。で、ダニエルの斜め後ろという地味な立ち位置にギターのサポートがいるのだが、結構リードを弾いてて気になっておりましたら早い段階でメンバー紹介があり、Guided by Voicesってとこだけ聞き取れたので、やっぱりただ者ではなかったか!と納得。(事後調査によるとDoug Gillard氏でございました)

マシューが紙を見ながら日本語を話す。「ツイニ ナゴヤニ キマシタ」「アジカンニハ ホントニ カンシャシテマス」「オナジ ステージニ タテテ コウエイデス」など、もっと長い文章もあって、一文ごとに拍手が起きました!最後に「ミンナモ イッショニ タノシモウヨ!」と言われちゃ、多少気持ちは揺さぶられるでしょ。

予想外の選曲で"Concrete Bed"をやってくれたのが嬉しい!!! って、演奏前に「special request from ゴッチ」と言ってたんで、アジカンに感謝どすー。最後一緒に歌ってねと、アーアアー♪を何度か練習してから"Weightless"へ。それなりにコーラスパートきまって、very very good!とおホメの言葉も。そういえば"Inside Of Love"はステップの練習やらなかったなあ。

洋楽ライブでは馴染みのない制度ですが、小中高生は500円のキャッシュバックという学割もあるとかで、近くにどう見ても中学生のグループがいたんです、ナダ・サーフのことは全く知らないって感じの。前半はノッてる観客(ワタシや周囲のナダファン)を横目で見ていたのが徐々に打ち解けてきて"Always Love"のサビで手を振り上げて歌っていたら、2番目から合わせてサビんとこで手を振り上げていて、なんて素直でカワイイんだろうと感激しましたですー。

アジカンの喜多さんがゲスト登場し共演した"Mustang"は、前方エリアの客がやっと直立不動を崩して、この日会場がイチバン盛り上がったー。その流れでF**k It!の練習も勢いづいて締めの"Blankest Year"は掛け声もバッチリで楽しく気持ちよく終了!45分という短い時間のわりには充実感ありました♪

中間エリアを起点に盛り上がったので、気合入れて前方で観てたらフラストレーションたまってたかも。単独でもないのに遠征して、いささか勇み足だったかなと思ったけど、新鮮に楽しめたわん!来年は新作リリースに伴う単独ツアーで再来日して欲しいっ!

えっとえっと、これまた声を大にしては言えないのですが、アジカンは観てません。。名古屋に異動した元同僚たちとの飲み会があったもので。(^^;)会場出ると、どう見ても高層ビルのある方向が名古屋駅とわかるので、歩いて行ったら(iPhoneの地図機能を利用しつつ)10分ちょっとで着いたさ。


NADA SURF - "Mustang" (ASIAN KUNG-FU GENERATION cover)
昨年観た代官山Unitの映像、一緒に観ていた友人はバッチリ映ってる!




NADA SURF@Zepp Nagoya(8-Jul-2011)

Hi-Speed Soul
Happy Kid
Whose Authority
Concrete Bed
Enjoy the Silence (Depeche Mode cover)
Weightless
Do It Again
Inside Of Love
Always Love
Mustang (ASIAN KUNG-FU GENERATION cover)
Blankest Year
by 033_MFS | 2011-07-11 23:48 | ♪音楽-LIVE
<< AKRON/FAMILY@Sh... BLACK LIPS + VI... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ