033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
CLÉMENTINE@Nihonbashi Mitsui Hall(8/6)
日本のアニメ・ソングをボサノバ・アレンジでカヴァーし、最近だとサントリーのCMで流れる『天才バカボン』がお茶の間でもお馴染みのフランス人シンガーのクレモンティーヌを観てきました!フェスレポ一色になる前にさくっと。
c0024243_5565415.jpg
Clémentine (クレモンティーヌ) 【仏パリ生まれ。レコードコレクターの父親の影響でジャズに囲まれながら育つ。88年SONY FRANCEよりデビュー。以来、ジャズ、ポップス、ボサノヴァなど様々なジャンルで数々の作品を発表。日本のアニメソングをカバーしたアルバム『アニメンティーヌ』がシリーズ10万枚と大ヒット中。

会場の日本橋三井ホールは昨年10月末にオープンしたCOREDO室町の5Fにある多目的ホール。コレド自体お初でしたが、地下鉄三越前駅と直結していてアクセスはとても便利!客席は真ん中から後方エリアが階段状の移動観客席(ロールバックチェア)250席、ステージ前から真ん中までが床にスタッキングチェア400席というレイアウト。

この日の公演は2ステージ構成で、1stステージの16:00開演をチョイス。クリマン先行で取った席はロールバックチェアエリアの最前列で、2~3割しか埋まってなかった・・。前方エリアは8割ぐらいで、全体の1割弱は子供だったかな。

シルバー系ラメワンピでクールフェミニンな大人の女性の印象を与える装いのクレモンティーヌ。ピアノ、ギター&ベース、ドラム&パーカッションの3人がバックをつとめる編成。

オーソドックスなボサノバやジャズの曲を数曲聴かせると、通訳が登場し「クレモンティーヌの要望で覚えて欲しいフランス語」の一言レッスンでサヴァ?(元気?)やシャンテ(歌って)など4単語を観客に発声させ、場の空気を和ませる。「ツギハ マキハラ ノリユキサンノ キョク」と紹介してくれたり(ロビーにマッキーからの花輪があった)、「ポニョ」のひと言で沸いたり、しばし知ってる曲が続くのだが、どの曲もフランス語の歌詞に爽やかで心地よいフレンチポップやボサノヴァをベースにしたサウンドを展開していて、もはや原曲とは別モンだったりするんだな。サビが日本語で「あの曲か!」と気づいて、原曲とのギャップや妙にマッチしているような感じが、可笑しくもあり懐かしくもなっちゃう~!

『うる星やつら』、『天才バカボン』、『サザエさん』といったアニソンに、ジャンケン大会で観客とのコミュニケーションを挟みつつ、クレモンティーヌが一旦ステージから退く。ピアノとギター&ベースの2人はジャズ寄りなプレイヤーとお見受けしたんですが、ドラマーがパーカッシブ過ぎるぅ。時々、無駄にアグレッシブな演奏をしてた、はは。ドラマーが仕切り役になって、観客を3つに分けて異なるリズムの手拍子を3部唱させるコーナー(ちと難易度高し)やら、盛り上げ役としては愉快だったけどね~。

黒のラメワンピに着替えたクレモンティーヌが再登場して後半パートへ。テレビ番組発の楽曲で『マルモ』やドリフの「いい湯だな」に、皆が知ってる曲だから一緒に歌ってと前置きしてから「スーダラ節」を。レゲエ調のスーダラ節のサビで観客へ合唱を促すが、いまいちな反応で・・・。いいトシしたワタシでもそんなに馴染みがないのに、若者世代や子供たちはポカーンとなっても仕方ないよぉ。日本人なら誰でも歌える曲には相応しくなかったかしらん。「おおシャンゼリゼ」のほうが観客たち歌えていたわよ。そういえば、「サイトウ サンノ キョク」と紹介していたのは、斉藤和義さんの曲だったかも。

アンコールは「おどるポンポコリン」でイスの上に立って手拍子&合唱する子供たちがカワイイ~。2ステージあるのに、1時間45分もやってくれた!彼女のCD持っていなかったし、アニソン好きでもないけれど、たまには趣向を変えて聴くボサノヴァは涼しげで、リラックスできて和んだ~♪

震災後の日本を気遣って4月に個人的に来日してライブ配信を行い、今回の来日も日本到着後に石巻のお祭りで復興支援ライブをした彼女の行動力にも魅力を感じます!サマソニ東京の初日にも出演するんだよね。初日は余裕あるので観に行きたいけど、RIVERSIDE GARDENってどこ・・・?!




クレモンティーヌによる "天才バカボン"(左)と"ラムのラブソング"(右)
by 033_MFS | 2011-08-08 23:50 | ♪音楽-LIVE
<< FUJI ROCK FESTI... FRF11とりあえず雑感 >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ