033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
FUJI ROCK FESTIVAL '11 (7/29~7/31) Day3 partⅡ
観たいのが被りまくりの3日目。途中から観たり立ち去ってあれこれ観るのは不得手なので、コレ!と決めて狙い撃ちすることになっちゃう。Beach HouseとMogwaiを諦めて向かった先は・・・
c0024243_317286.jpg




ボードウォークを渡らない(ホワイト止まり)年があっても珍しくはないアタシが、今年2回目のヘヴン!何か思い出になるものを食べようと見渡してみたら、ジェラート屋さんにビビビッと来るモノがあり、行列に並ぶこと15分超。10種類以上あって選ぶのに迷ったけど、こりゃ美味かった!!(サマソニでも出店されていたので、思ひ出になる前にまた食べられたぁ♥)

"CORNERSHOP"<コーナーショップ> 〈H・17:50~〉
1991年に英レスターで結成、在英インド人のティジンダー・シンを中心に、結成時からのメンバーであるベン・エアーズの2人によるデュオ体制で活動。今春、6枚目のアルバムをリリース。
90年代後半から00年代前半にかけてヒットした何曲か好きだったし、アルバム1枚持ってる隠れファンてな程度だけど、一時活動が停滞した後に秘かに復活していたらしく、まさか10年代に初めてライブを観れることになるとは!ジェラート並びですっかり出遅れ、右端の前方から観る。唯一持っているアルバムから "Heavy Soup"、"Lessons Learned from~"の立て続けは嬉しい!
SSW兼マルチプレイヤーのまつきあゆむサン参加のニュースに、連れて来れるバンドメンバーが少なくてヘルプを頼んだのかな?と思ってたら、ステージ上はvo&g、g×2、b、ds、key、シタール、パーカッション、ゲストは主に鍵盤という9人の大所帯なんすけどぉ~!!
淡々とマイペースに歌うティジンダー、目立たない立ち位置で弾くベン、ゆるファンクやゆるダンス系と言いたくなるノリのポップな曲中心だが全体的にロック的なグルーブが感じられる手堅い演奏をするバンド。 シタールをフューチャーしたビートルズのカバー、大人数編成で繰り出すディランのカバー、シタールのおっちゃんがギターでソロ弾いて沸かせたり、大ヒット曲"Brimful of Asha"で指を4本+5本立ててフォーティファイヴ♪の合唱が楽し~!最後はインドテイスト満載なサイケジャムを20分近く演ってクセ者な印象もしっかり残してた。いやいやヒット曲は過去の栄光と侮るなかれなパフォーマンスでしたぞ。個人的に今年の裏ベスト・アクト!!! 【→ライブ写真はこちら

(セトリはまつきさんのtwitterより勝手に拝借)
♪Cornershop@Field Of Heaven(7/31) Setlist :
01. Heavy Soup
02. Lessons Learned From Rocky I to Rocky III
03. Judy Sucks a Lemon for Breakfast
04. Who Fingered Rock 'n' Roll
05. Soul School
06. Norwegian Wood (the Beatles cover)
07. The Roll Off Characteristics (Of History in the Making)
08. Sleep on the Left Side
09. The Mighty Quinn (Bob Dylan cover)
10. Brimful of Asha
11. 6 a.m. Jullander Shere
c0024243_3473375.jpg

ホワイトの斉藤和義が大盛況の渋滞で牛歩状態・・・。グリーンでYMOをチラ観しようかという考えは却下し、女性専用トイレに並んでいると「ずっと好きだった」から話題の反原発の替え歌ソング「ずっとウソだった」を聴けちゃった!川の側で体力温存しながら終わるのを待ったが、斉藤サン、存在感と歌力のある方だなあと恐れ入りやした!ホワイトから出ていく人混みを逆行してステージ前に。Wilcoまでのことを想定し自然と左側に位置どったら、gちゃんから右側最前に居るとの連絡が!シンドーさんも一緒で(2人とも斉藤サンから粘ってキープした最前)、2列目に入り込めてありがたや~。
c0024243_14373230.jpg
↑ CAKEのステージセット

"CAKE"<ケイク> 〈W・20:30~〉
1991年に米カリフォルニア州サクラメントで結成、ソングライターのジョン・マックレアを中心とした5人組。今年1月に6年ぶりとなる6枚目の自主リリース・アルバムがビルボードアルバムチャート初登場1位を記録した。
前回の楽しかった単独来日公演から5年も待たされた!予定時刻より数分前にSEが流れ始め、フライングやん!とツッコまずにはいられなかったが、映画『ロッキー4』のテーマ曲(「戦い」だそう)を延々5分くらいフルで流す焦らし作戦?に、登場時は異常にテンション上がったさ!!キャップにブルゾンという普通のオッサンスタイルのジョン、大歓声に両手を上げガッツポーズで応えごっ機嫌!
"Frank Sinatra"でスタートし、早くも3曲目の”Sick Of You”で観客を2つに分けての掛け合い合戦!ステージ向かって左側半分は♪ah~~~~i want to fly away♪ のパート、うちら右側は ♪I'm so sick of you, so sick of me, I don't want to be with you~♪ とちょい長いフレーズで大苦戦!意外やダメ出しされず、ビューティーホ!とかアリガートと温かい言葉を投げてくれたわん。 特徴として挙げるなら、独特な歌声やヴィブラスラップとS的な煽りに哀愁のトランペットだったけれど、今回ギターのザン前で観ていたら、硬質でモダンなギターリフをザクザク切れ味鋭く弾いていて、めちゃかっこイイ!!!(使用ギターはGibson Chet Atkins Tennessean)クールな佇まいを崩すことなく、時折タバコをふかしてたり、ヘイ!とかヤー!という掛け声を力強く発しておりましたな。またCakeライブの楽しみが増えるギターパフォーマンスだった~!
中盤ごろスタッフから手渡された紙を見てジョンが 「ガンバッテ、ニッポン!」、そして 「You can do it!」と。 カンペが微笑ましくも、思いやりの心になんともありがたい嬉しい気持ちになったよ。 イントロのトランペットとヴィブラスラップのカッー!で大歓声があがったのは、昨秋iPod nanoのCMソングに起用された "Short Skirt/Long Jacket"!ここでも観客を2つに分けて♪na-na na-na na-na♪の合唱を競わせましたが、うちら右側は思いっきり「ウィーク(弱い)!」とカツを入れられ、まだやるんかーい!!っつうぐらい、歌わされたっす。ふはは。この日のジョンは優しくて寛大なオーラが出ていたので、ドSな煽りが嬉しかったりして♪続く"Sheep Go to Heaven"も軽く合唱煽りソングだったね。終盤になって「ワンモア?ツーモア?」といたずらっぽく訊いて、曲間に少し間があったけど2曲演って締めてくれた!観る前からわかっちゃいたけど、楽しかったー☆ 【→ライブ写真はこちら

♪Cake@White Stage(7/31) Setlist :
01. Frank Sinatra 02. Mustache Man (Wasted) 03. Sick Of You
04. Wheels 05. Opera Singer 06. Guitar 07. Long Time
08. Short Skirt / Long Jacket 09. Sheep Go To Heaven
10. Never There 11. The Distance
c0024243_16473953.jpg

Cake終演後は動きがないと思っていた最前列から抜ける人たちがいて、最前列ゲトー!にわか霧雨が降ってじんわり冷え込んできていたようなんだが、周囲みんなが長袖レインコートを着込んでる中、ワタシひとり半袖Tシャツで熱くなってた。お隣のシンドーさんが乙女のような心境で静かにステージを見つめて待っていたのが可愛かった~。

"WILCO"<ウィルコ> 〈W・22:20~〉
1994年に米シカゴにて結成、ジェフ・トゥイーディ( vo、g)を中心とした6人組。9月末に自主レーベルから8枚目のアルバムをリリースする。
Cakeが使用したミラーボールは取っ払い、バックドロップなどもなく楽器は多いがステージセットは実にシンプル。メンバーが登場すると、背後から開口一番に「わぁージェフ太った~」と嘆きの声が!で、注目したら「あ、ホントだ確かに・・・」と静かに納得してしまいました。ふはは。
いきなり新曲でスタートしましたが、一聴にしてノレるロックチューンの後はミッドテンポの曲調を中心に、哀愁ある滋味深いヴォーカルと安定感バッチリの力強いバンド・アンサンブルで、じわじわグイグイと引き込んでいく。個人的には過去3回のライブ未聴曲でもっとも聴きたかった"Ashes of American Flags"を演ってくれて願ったり叶ったり!!切々と歌うジェフにグレンのグロッケンの繊細な響き、ネルスの痙攣ギターが炸裂しウキャーー!!!と歓喜の雄叫びをあげずにはいられなかった~。 "Via Chicago"の凄まじいドラミングに、"Impossible Germany"でネルスのソロを軸に繰り広げられるトリプル・ギター、このドラマチックな展開は何度観ても惚れ惚れする素晴らしさで、感動興奮ひとしきり!
ジェフは始終穏やかな表情で笑顔も多く「ドウモアリガト」を何度も。全体の風景を見渡して「ナイス!」と喜んでいたので、大勢の観客と野外独特の雰囲気に気分をよくしてくれたのかな。「あまりお喋りをするつもりはないよ、より多くプレイしたいからね!」という印象的なMCにこの日の姿勢が表れていましたね。
"Jesus Etc."は歌詞うろ覚えでカンペ(iPhoneにコピペ)を用意していたけど・・観客に丸投げすることなく、Our love~♪のパート以外ほぼ全編を歌ってくれたわ。でもって「一緒に歌ってくれてありがとう」なんて言ってくれちゃうし。 終盤の2ndアルバムからの3連発にはビックリ!いずれもライブ初聴なので嬉しいー。ジェフの口笛が聴けた"Red Eyed and Blue"後から締めまでの3曲は、ギターロックナンバーで観客もステージもノリノリ!今回は鍵盤と半々でギターを弾くパットちゃん前にいたもんで、アラフォーには見えない童顔ルックスで腕をぶんぶん振り回したり派手なアクションで煽ってくるのを、gちゃんも気に入ったみたいで一緒に黄色い?声援で盛り立てて楽しかった~。
アンコール無しでも、予定時間を15分超えるノンストップで濃密なライブでした!Cakeがとっても良かったので、どうなることやら・・という思いもあったけれど、軽~く飛び抜けて素晴らしかった◎まったくブレることのない圧倒的なパフォーマンス♪ 今年のフジのベストアクト!!! 【→ライブ写真はこちら

♪Wilco@White Stage(7/31) Setlist :
01. I Might 02. Bull Black Nova 03. Side With The Seeds
04. I Am Trying to Break Your Heart 05. One Wing
06. Ashes of American Flags 07. War On War 08. Via Chicago
09. Impossible Germany 10. Born Alone 11. Handshake Drugs
12. Jesus, Etc. 13. Dawned On Me 14. A Shot in the Arm
15. Heavy Metal Drummer 16. I’m the Man Who Loves You
17. Late Greats 18. Red-Eyed and Blue
19. I Got You (At The End Of The Century)
20. Outtasite (Outta Mind) 21. I’m a Wheel
c0024243_15592460.jpg

日本での最後のステージとなるクロージング・アクトのThe Musicは、Wilcoをじっくり堪能した後では途中から観ることになるとわかっていたので、フジ前の単独公演を心構え持って観たのでありました。
ところ天でカンパイした後に基地へ寄るとMusicは終盤前、Zちんとオアシスで心残りな一品であったタイラーメンを食す。グリーンが終演し激混みのオアシスで、運よく通じた電話でMusic鑑賞組のgちゃん&Oちゃんと合流。2時過ぎ宿に戻っていつものように部屋飲みをしていたら、3時頃に別部屋のAちゃんが寄って来れさらに盛り上がった~。gちゃんがお風呂に入りワタシは仮寝に落ちていた4時半前後に、早朝帰る組の師匠とSさんが静かに出発しておりましたです。まったく気づかずで、たはは。

今年のフジの私的ベストアクト5組は WILCOCAKETHE PAINS OF BEING PURE AT HEARTCORNERSHOPRA RA RIOT! ベテランか若者、USバンド優位という結果でしたな。

何度か中だるみ・間延びモードに陥りながらも、なんとかTV放映前までに書き終えられたー。今週末からの3日連続完全放送が楽しみ!サマソニレポはもういいっすかね・・。
by 033_MFS | 2011-09-11 23:13 | ♪音楽-LIVE
<< THE MUSIC@Shibu... FUJI ROCK FESTI... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ