033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
THE MUSIC@Shibuya-AX(7/27)
今更なので多くは語らず・・・ですが、私の備忘録として記しておきたい。
c0024243_19234894.jpg
 ↑ フジのラストステージより 【フジのライブ写真はこちら

THE MUSIC (ザ・ミュージック) member : ロバート・ハーヴェイ/Robert Harvey(Vo/G)、アダム・ナッター/Adam Nutter(G)、スチュアート・コールマン/Stuart Coleman(B)、フィル・ジョーダン/Phil Jordan(Dr)
【1999年に結成、英リーズ出身の4人組。02年に発表したセルフ・タイトルのデビュー盤はUKチャート4位を記録、デビュー時の平均年齢が18歳だったことも話題になった。FUJI ROCK FESTIVAL '02年、'03に連続出演し、瞬く間に日本でも人気を獲得。『Welcome To The North』(04年)、『Strength In Numbers』(08年)とこれまでに3枚のアルバムをリリース。2011年夏、10年の活動に幕を閉じるラスト・ツアーを日本とイギリスで行い解散。】


2002年のフジロック初出演で、新人としては異例の入場規制となったレッドマーキーのステージ。デビュー・アルバムをリリースする前のまだ海のものとも山のものともつかない彼らのパフォーマンスを観て(PAあたりまでしか進めずステージはほとんど観えてなかったけど)、観客を圧巻する若さゆえのエネルギーや迫りくる躍動感にヤラれた!ひとりでした。

その後の単独やフェスで、快進撃、低迷期、復活といった一連のターニングポイントを観てきたバンドなので、解散はもちろん残念ですし、早まった決断では?!いう気持ちが強いなぁ。

日本ラストツアーは、北海道・岩見沢フェス→単独3公演(阪・名・東の全公演がソールドアウト!)→韓国フェス→フジロック・クロージング というタイトな日程だったが、日本への特別な思いと日本のオーディエンスと両思いで良い関係を築いてきた証を感じられるもの。

東京公演を観るにあたって、フジのステージはタイムテーブル的に開演から観れないと悟ってしまっていたので、最後の思い入れを込めてアダム側の最前列で観るための努力を惜しまず。初観時にマンチェスター出身と思い込んでしまうダンサブルなグルーヴ感とギターが気に入って以来、アダムファンなのだ~!

3rd以降に若いファンが増えたなーと感じており、新旧ファンが一同に集まったいつも以上に熱気ある会場。1stから3連発で始まり、1stや初期曲を中心に2ndと3rdの代表曲を織り交ぜたキャリアを総括した選曲。プロ意識に徹した演奏に精いっぱい盛り上がる観客、ロブは上機嫌で観客を煽ったり、コミュニケーションを取ったり、「フジに行く人は?」と挙手を見て頷いたり。ヘンに感傷的な雰囲気になることなく進行していたけれど、「10年前から来日するようになり、最後のツアーでも来ることができて感謝している」というMCでは、さすがにしんみりとした気持ちに。あと、折り合い悪そうだったアダムのところにも度々行き来していたのも、ねぎらうかのような優しさがにじみ出ていたよ。
アダムは重厚さにキャッチーさと繊細さを持ち合わせたギターをクールに弾きまくっていた!ストラップの掛け心地が悪いらしく何度も直そうとイライラしていた、しょーもない所作がやけに記憶に残ってます、たはは。

記憶が正しければMusicのライブを観るのは7回目、今まで観た中で一番完成度の高いパフォーマンスに惜しい気持ちになるライブだったわ。

フジのクロージング・アクトは会場が一体となって盛り上がり、"The People"で燃え尽きて終了。収まることのないアンコールの声に、日高大将が登場し「彼らはフジロックで散りたいと言っている。アンコールはありません。」と伝え、ステージ裏ではメンバーが号泣していた・・・ということはファンや関心を持っていた人たちには周知のとおり。

ジャパン・ツアー後は、ロンドンとリーズ2公演のUKツアーをもって10年間の活動に幕を閉じました。まだ20代後半の彼らたち、新たなスタートを切ってくれることでしょう!

【当公演の写真がSMASHING MAGに掲載!】


The Music-"The People"(Live at Fuji Rock Festival '11 Japan Last Live)




The Music@Shibuya-AX(27-Jul-2011)

The Dance
Take The Long Road And Walk It
The Truth Is No Words
Freedom Fighters
Fire
Human
The Spike
Welcome To The North
Drugs
Too High
Strength In Numbers
Getaway
The People
Bleed From Within
-----------------------------
(encore:)
The Walls Get Smaller

c0024243_2223598.jpg

2003年のフジ帰り道のSAで遭遇したときの(フィルム)写真。ロブのくりんくりんヘアーが麗しゅうございます。スチュが車から降りて来なかったので、1stのCD盤にゲットできたサインは3人分で未完のまま。。。
by 033_MFS | 2011-09-30 23:28 | ♪音楽-LIVE
<< Yasuyuki Okamur... FUJI ROCK FESTI... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ