033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
MY MORNING JACKET@Madison Square Garden, New York (14.Dec.2011) PartⅠ
希望的想定では開場30分前の18:00に会場へ着くつもりだったのが、実際はまったく余裕ナッシングでバタバタしてタクったらちょい渋滞で・・・会場到着は18:30をまわってた。事前にチケは郵送から現地の窓口受け取りに変更されたと連絡を受け、並ばないで済むというFC専用窓口を探すもようわからん!まっ、窓口は20カ所ぐらいありさほど並ぶほどの行列ではなかったけどね。で、受け取ったチケを見ると座席番号(!?)がバッチリ記載されており、へっ?!(大汗)

c0024243_1636269.jpg




すぐ側の入り口でチケ見せると別の入り口を説明され、(その通りに行動したつもりで)手荷物検査で水のミニペットボトル取り上げられ、チケのバーコード読み取って入っていくと、やったらおめかしした子供連れが多く・・・・えっ?ありえーん!!! 恐る恐る売店に置いてあるプログラムを覗いたら「ピーターパン」なんすけどぉ!あ、どおりで出入り口のスタッフさんが「Peter Pan?」と言ってたっけね。(てっきりお茶らけてるかと思ってたさ!) ひぃーん、会場間違えた!と出ようとすると、一度バーコードを通しているためスタッフがついてきてくれ再入場できたのですが、階段を登りきったところでチケを見せるとアリーナはリストバンドが無いとダメだと言われ、説明を受けた方向に逆戻りした受付でやっとゲトー!会場に着いてからかれこれ15分経過していたでしょうか、アリーナ場内へ進むと例のWブロックに入れて両端なら空いてる状況でなんとか最前列へ!ふへーい。

会場のMSGはアリーナとシアターがあり、シアターではミュージカル『ピーターパン』がこの日に初日開幕で、なるほど賑わってたわけだ。アリーナ3回目でもスタンディングは初めてで、状況いまいち飲み込めずテンパってしまったわー。

しばらくガランとした場内、指定席ではビールの売り子が回っていたようだけど、アリーナは水と綿菓子とサンタ帽の売り子しか見かけず。「今晩は何組出演するの?」と話しかけてきたセキュリティ(←オイオイ、観客にする質問かよ!)に「2組」と答え、「日本から観に来たんだよ!」と言うと、「ウソだろ?ジョークだろう?」と次々やってくる同僚たちにもわざわざ伝え広めてくれ・・・みんなして「信じられない!」「クレイジー」と言われまくり。ふはは。

当日のマイモニのツイッターで19:30からのBand Of Horsesを見逃さないように、MMJは21:00開演予定とちゃんと情報を流してくれてたので、その点は抜かりなくでしたよん。
c0024243_14523144.jpg
オフィシャルより当日のライブ写真
Band Of Horses (バンド・オブ・ホーセズ) L→R:Ryan Monroe(key,g)、Bill Reynolds(b)、Creighton Barret(ds)、Benjamin Bridwell(vo,g)、Tyler Ramsey(g)
04年、ベン・ブリッドウェルを中心に米シアトルで結成。優良インディ・レーベルのサブ・ポップよりデビュー・アルバム(06年)をリリース。2ndアルバム『Cease to Begin』(07年)が世界的な絶賛を浴び、昨年5月にメジャー移籍第一弾アルバムとなる『Infinite Arms』は全米ビルボード・チャート初登場第7位!パール・ジャムの全米ツアーのオープニング・アクトを務め、エディ・ヴェダーとの共演を果たしたことも大きな話題を呼んだ。

客入りはまだ2~3割程度であったもののオンタイムにスタートすると、わらわらと集まってきて7割程度になっていたかな。昨年グラスゴー野外ライブでのサポートとサマソニ出演を観ていますが、繊細さとダイナミックさを持ち合わせたアメリカンなバンドサウンドはMMJに近いものを感じてたので、オープニングとして申し分無し!サマソニで観たのと同様に、ステージ背後の大きなスクリーンに雄大な自然と各地でのライブやオフショットの写真と映像(サマソニも!)が流れ、哀愁感に包まれた曲やスケール感のある曲が映像と相互作用していく流れに引き込まれました。フロントマンのベンの熱さと気持ちの入った歌声が好い~!約1時間のアクトは、地味ながら哀切な美しさと骨太な力強い演奏を聴かせ、本国ならではの熱情的な歓声も肌で感じることができたわ!あー"Dilly"が聴きたかったなぁ~!


Band of Horses - "The Funeral"@Madison Square Garden(Dec-14-2011)


by 033_MFS | 2011-12-31 23:13 | ♪音楽-LIVE
<< MY MORNING JACK... 年の瀬ではありますが >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ