033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
THE SEA AND CAKE@Empty Bottle, Chicago(17.Dec.2011)
4公演目はシカゴにて、先月Tortoiseで来日していたジョンマケ氏の別バンドThe Sea And Cakeを観ました!07年の来日公演時はワタシのアンテナが伸びていなくて見逃したのよねぇん。
c0024243_20551018.jpg
THE SEA AND CAKE (ザ・シー・アンド・ケイク) L→R : Archer Prewitt(g)、Sam Prekop(vo, g)、Eric Claridge(b)、John McEntire(ds)Shrimp Boatのサム・プレコップとエリック・クラリッジ、The Coctailsのアーチャー・プレウィット、Tortoiseのジョン・マッケンタイアにより、1993年にイリノイ州シカゴで結成されたジャジーなポストロックバンド。04年から活動を休止していたが、07年にアルバムをリリースしツアーを再開以降も不動のメンバーで活動中。

シカゴでライブ検索してシー・アンド・ケイクがヒットしたのは大きかった!Wilcoのチケ取れなくてもシカゴ決行の動機となりましたんで。ただ、会場のEmpty Bottleが中心街からちょっと離れた場所にあり治安悪そうだし、公共機関だと電車は使えず(最寄の駅から徒歩30分らしい)バス停が近くにあって便利というが、開演22:00で前座が2組あるとなればタクシーで行くっきゃないなと。でもって、終演後の深夜にうまいことタクって帰れるのか?!という不安も。。



前座はノーチェックで食事を優先してから向かい、22:40ごろ会場に到着。中心街(River Northエリア)からタクシーで約10分の$10程度でした。出歩いている人がいなかったので、治安が悪いような雰囲気はわからず・・。
c0024243_625556.jpg

キャパ400人とのことですが、奥行きとバーフロアでもっと大きく感じられた。Tortoiseは未だに常連っぽいから、この小汚いハコがお気に入りみたいだね。場内はそこそこ混み合っており前座1組目の終盤に差し掛かったころで、3~4人組のインストバンドらしくメンバーの顔を見たらTortoiseのダグじゃないの!セットチェンジで誰もいなかったので前方に詰めて観た2組目は、アメリカンなフォーク・カントリー調の3人編成。スタッフがやって来てあと1曲で終わらせて!と言われ、メンバー間で相談してから演った最後の曲がよかったなぁ。はは。思いっきり事後調査ですけど、1組目がBrokeback、2組目がLuke Robertsというシンガー・ソングライター(相当素っ気無いヒトだったよ)で、いずれもシカゴに拠点を置くインディーズ・レーベルThrill Jockeyに所属するメンツでした~。

メイン・アクトは24:00過ぎにスタート!左からサム(vo&g)、アーチャー(g)、エリック(b)という並びで奥にドラム、4人ともタンガリーシャツを着てたっけね。殆どの曲がジョンマケの威勢良いスティックカウントで始まり、アルバムで聴く軽やかなオサレポップな印象とは不釣合い?!と思えるほどエモーショナルで強力なリズムを叩き出す!Tortoiseでも見られる独特の苦しそうな表情とドヤ顔を織り交ぜながら。ふふふふ。

voは誰なんだろ?状態でサウンドチェックのときから視線を巡らし、メガネさんかと予想したら、あの囁くような甘くちょい色気のある歌声の持ち主のイメージとはマッチしない、さえない(失礼!)風袋をしたふつうのオジさんが正解でした。サムの生声はやはり色っぽいけど、結構シャウトして男気が勝ってたわ!足元に手書きでぎっしり書かれたA3画用紙の歌詞カードを置いていて、1曲終えるごとに紙芝居のごとくめくっていたよ。見るからに人のよさそうなアーチャーも、ジャンプしたり熱いパフォーマンスは好感持てた~。エリックは淡々と弾いてたけど、ジャケのアートワーク(絵画)を手掛けるアーティストなんですよね。

電子ピアノやシンセも入らずツインギターとリズム隊のシンプルな構成で、思いのほかストレートなロックだった!アルバムとライブのギャップはある意味魅力に感じられ大満足♪♪♪

終演は25:30!!! こんな遅い時間に終わるライブに行ったの初めてだよぉーー、しかも異国の地で。会場の外に出ると、タクシーを捕まえようとする観客たちと取り合い合戦になったものの、5分ほどで拾えた!てか、運転手に告げた宿泊先の「ハードロックホテル!」がじぇんじぇん伝わらなくて、そっちのほうが難ありだったっつう。(苦笑) あ、チケ代は約$20の安さで往復タクシー代のほうが高かったぐらい!

先月8日にNYで行われたライブ音源がフリーダウンロード公開されています!【⇒リンク先はコチラ


The Sea and Cake - "The Argument"@Empty Bottle, Chicago(21-May-2011)
約半年前に行われた同会場でのライブ映像より。

THE SEA AND CAKE@Empty Bottle, Chicago(17-Dec-2011)

c0024243_2155014.jpgWeekend
On a Letter
The Staircase
Window Sills
Middlenight
Afternoon Speaker
Up On The North Shore
Midtown
Crossing Line
Exact To Me
A Fuller Moon
Jacking the Ball
Inn Keeping
The Argument
Leeora
----------------------------------
(encore:)
An Echo In
Lyric
Parasol
by 033_MFS | 2011-12-31 23:47 | ♪音楽-LIVE
<< ♪私的2011ベスト・ライヴ10 THE NATIONAL@Be... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ