033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
MY MORNING JACKET@Shibuya-AX(3/29)
東京公演から2週間以上経っちゃってますが、1ヶ月近く虚脱感から抜け出ることが出来なかった3年前のときと比べると、早く再起できたかな?! あ、だからといって感動が小さかったわけではまったくなく、いやあああああ、モジャたちは今回もやっぱし凄かった凄かった凄かったーーーー!!!!! いまだ軽く放心状態&ライブ音源や動画を視聴してニヤニヤしとりますが・・・・・気力を奮い立たせてようやく書き上げましたっ♪
c0024243_136649.jpg
MY MORNING JACKET (マイ・モーニング・ジャケット) L→R: Tom Blankenship(b)、Bo Koster(key)、Carl Broemel (g)、Jim James(vo,g)、Patrick Hallahan(ds) 【バイオグラフィはこちら

前夜に東京公演は予定通り開催されることがスマッシュの公式サイト等で発表されたものの、バンド側から名古屋公演中止のお詫び以降は情報発信がなく気が気でなかったさ。18:30開場の10分前に会場へ着くと、うす暗くひと気も少なくひっそりとしており、おいおいホントにあるのかよ・・・?みたいな雰囲気だし。(冷汗)

大阪はジム→名古屋はカール→東京はジム寄りで観る♪という想定はもろくも崩れ去り、やはり大阪と同じくジム側がイイなぁとなりまして、払い戻し可能な名古屋のチケットは振替有効で整理番号順に同時入場となるため、超良番の名古屋チケを活かし東京チケは見捨てることに。リハが押して開場が10分程遅れ、10番刻みのアバウトな呼び出しにあわわわわ!となりましたが、先乗りできお目当てのポジションをキープ!人が集まってなかったわりに最前列はダッシュしてくる客であれよという間に埋まったので油断しなくてよかったー。

どうやら前回の単独と同様にフロア後方に録音可能なテーパーズ・エリアが設けられ、フラッシュを焚かなければ撮影OKだったみたいね。ベスポジをキープでき満足していたら、まわりが見えていなかったもので、ステージ写真は1枚も撮ってないっすわ。ジム用のドリンクは水の他に栄養ドリンクかスポーツ飲料かわからないけど、5種類ほどのペットボトルやビンが並んでますた。ローディーさんたちは大阪のときより明らかにキビキビとした動きをしていたよ。

10分押しで開演。暗めのライティングのなか、1曲目は今ツアーお決まりの"Victory Dance"でスタート!首からさげたサンプラーがどんな音響効果をもたらしていたのかはシロウト目線ではわからんですけど、森の調べみたいなパートの♪トゥルル トゥルル トゥルル トゥ~♪はジムの遠吠えなのね。ゆっくり頭を振りたくなる曲だが、近くのガイジンさん1曲目から合唱しちゃってる~!じわじわ音量が増していき、ふと左斜め上に目をやるとホーン隊がいて、ダークでカオティックなアウトロは挨拶代わりの軽いジャブといったところか。なにげにカールの高音コーラスが効いてるなと思った!

"Circuital"はイントロから場内の手拍子で良い雰囲気、牧歌的で壮大なサウンドが広がる。1曲目はこわごわ聴いていたけど、伸びのある歌声にめっちゃ安心したあ。"It Beats 4 U"のグルーヴィ且つ流麗なベースラインとタイトなドラムに惚れ惚れ~。エフェクターの踏み方までもが優雅なトムにウケたのと、遅ればせながら先日の大阪でパトちゃんが裸足ということを知ったぜぃ!ツインギターがぶ厚い"I'm Amazed"はゆるやかなグルーヴにゆらゆらとしながら聴くのが気持ちイイー。この日の日替わり曲は3年前の大阪で聴けて感激した"Lowdown"で、箸休め的な曲だけど好きなので嬉しい♪ 今回は無表情でタンバリンを叩くボーが視界に入る余裕あったわん。"Outta My System"は細かく刻むハイハットとシンバル、カールのペダルスティールが印象的!"Mahgeetah"の間奏だったっけ、ジムがステージ中央で足を蹴り上げたり左右を動き回って煽ってくるのがきゃぁ楽しい~♪


My Morning Jacket - "Mahgeetah" @Shibuya AX(29-Mar-2012)
うわーい。動画をアップくださった方ありがとうございます♪ ブレイク後のあのキックに喜んだのさ!

"Slow Slow Tune"はNY遠征したMSGで演らなかった最新作からの曲。ゆったりと中音域の歌声を聴かせますが、タイトルの一節の低音とかいい声でてたなぁ。"Golden"はアコギ弾き語りにやんわり軽快なドラムと味のあるペダルスティールでしっとり~。そしてそして!大阪で新たな高みに引き上げられた"Dondante"がさらにヤバイことに!ライブ定番曲のなかで最も長く、ゆうに10分を超え長いときは15分にもわたる曲。演奏の力量は感じられても、始終まったりしたテンポであまりワクワクさせられず、冗長に感じていたのが正直なところ。それが後半からのインストパートで繰り広げられるインプロジャムが次第に激しくなり、アップテンポに転調すると、怒涛のごとく5人の音が重なり大きなうねりとなって、息を呑むほどにスリリング!!!!! めちゃめちゃカッコイイ!!圧倒的なパフォーマンスに目と耳が離せなかった~!!!てなことで、なんと20分の熱演でございましたー。

男気あふれるメロウな"Smokin From Shootin"でジムが平手で弦を叩く感じで弾いてたっけ。"First Light"は手拍子煽りに楽しく応え、カールの華やかなサックスが異彩を放ってましたね~。で、"Run Thru"のエンディング佳境パートになだれ込むとパトちゃんの手旗信号風手振りにやんやの歓呼、ハードロッキンの嵐と激しいストロボにうきゃあああ!!やっとジムがフライングVに持ち替えるがすぐには弾かず、不思議な電子楽器オムニコードを演奏する"Touch Me~Pt.2"へ。これまたMSGで聴けなかった最新作からの"Movin Away"は、マント×サンプラーをさげたジムが美しいピアノをバックに切々と歌う。最後10秒ほどのロングトーンがステキだったわ♪ 本編最後の"Phone Went West"は巡り合わせがあえば聴けるかも・・・という初期の曲なのでラッキー!

アンコール待ちの間、ステージに出てきたローディーさんがメンバーのセットリストにマジックで線を引くのを見て、げっっ!!いやーん。。。 アンコール1曲目は"Wordless Chorus"でジムの楽しげなマントプレイに元気あふれるソウルフルなファルセットが心地よい~。続いて、MSGで聴くことができたのははるばる遠征したワタシへのご褒美だろうと勝手に思い込んでいた"Dancefloors"を!しかもホーン隊の入った!!なんだよ日本でも演るなんてちきしょー!と心の中で叫んで、バンザーイ!!!! ガイジンさんらに負けず♪oh I know~♪の掛け合い歌ったさ!ノリノリの間奏がすっごい楽しくって、ホーン隊に向き合いジャンプして盛り上げるジムがかわゆーい。力強い歌声然り、やっぱり大阪ではこんなに元気じゃなかったわ・・・と思い知らされるほどジャンプの高さが違ってたり、足を痙攣させるアクションほかよりエネルギッシュな動きをしてたね!


My Morning Jacket - "Dancefloors" @Shibuya AX(29-Mar-2012)
めいぐるとさんが撮ったのめっけました♪ ステージ全体を映すアングルありがたいです~!

この日来てくれた観客への感謝と新しい友だちのホーン隊を紹介するMC。ジムのアリガトゴザイマスにむふっ♡ 最新作でもっとも派手な曲"Holdin' On To Black Metal"はさすがライブ映えしますなー。そしてっ!!締めはみんなお待ちかねの"One Big Holiday"で、なななんと!Vに持ち替えたジムが激近の目の前にやってきてあのイントロのギターリフを弾き始めたのだ!!! キャー♪ ヤバいヤバい!聴き倒してる曲だけどインパクト強すぎっ!思わず固まってしまったよ。てか、悶絶手前だったっす。その後は後ろから男子やらガイジンさんらが勢いよく押してきて、流れのままに拳振り上げ飛び跳ね盛り上がりきったー!!! あー楽しかった♪♪♪

メンバーたち楽器を置きステージの前へ。ジムがアンプの上に飾っていた招き猫ならぬ招きパンダを抱え、うわぁー、こっちのほうにやって来るぅぅぅ!で、ナデナデしていいよ~と差し伸ばしてきたんで、これは絶好のチャンス!とばかりにワタシはブツを差し出してみました☆えっと、大阪公演始まる前までのジムの無邪気なツイートからヒントを得たグッズです。うふ。まさか本人に手渡せるなんて~!珍しく乙女心?を見せちゃったかしらーん。 しかし、まるで教祖のような風貌のジムに金のパンダをなでなでするgちゃん、シュールな光景だったなあ。あはは。 終演後のステージ前は熱気ムンムンで争奪戦でしたが、ジムのピックとセットリストがゲットできて幸運づくしに言うことなしっ!!

セトリのアンコールからカットされたのが強力な定番曲である"Off The Record"と知ってガーン!となりましたが、それでもお腹いっぱいになる素晴らしい内容の2時間20分でした!万全の体調でリベンジを見事果たしてくれたと思います。2階席鑑賞談ではライティングも凄くよかったとのことですが、気に留まってなかったりして。てへっ。モジャのライブはとにかく音がデカイ!!!芯のあるしっかりした音で渾然一体となってガツーンと鳴らすから気持ち好い!!あのうねりと音の洪水は前回の単独来日を超える感動が味わえ、昨年末のMSGより楽しかったー!!! MSGの10分の1キャパでの濃密に充満した空気感は日本の狭い会場ならではの一味ちがう臨場感を堪能できた♪


My Morning Jacket - "One Big Holiday" @Shibuya AX(29-Mar-2012) 
ステージ右サイドから近めのアングル。頭上にV、金パンダ持ってくるところ、投げキッスとアリガトーゴザイマ~スの挨拶も観れて感激♪


My Morning Jacket - "One Big Holiday" @Shibuya AX(29-Mar-2012)
ステージ全体が観れる引きのアングル。これを見るかぎりそこそこ客入っていたみたいでよかった。そっか、こんなキレイなライティングだったんだー。

当日の公演の写真がSMASHING MAGに掲載!

Flickrにアップしてくださった方の写真点数が豊富で見応えありますのでご紹介! 

バンド公認のライブ音源サイトにて当公演の音源がフリーダウンロード公開されています!
前回の来日公演も提供してくださった方の音源ですが、実際に観た以上のクオリティが詰まってる!ワタシが観ていた位置はジムのギターが爆音で、ホーン隊の音はほとんど聴こえず・・・という環境でしたんで。周囲の英語の雑談もはっきりと聞こえてきますが・・ホントに素晴らしい~♪ 毎日の通勤で聴きながら余韻に浸りまくっておりまーす(≧▼≦)



MY MORNING JACKET@Shibuya-AX(29-Mar-2012)

c0024243_1373451.jpgVictory Dance *
Circuital
It Beats 4 U
I'm Amazed
Lowdown
Outta My System
Mahgeetah
Slow Slow Tune
Golden
Dondante
Smokin From Shootin
First Light
(end of) Run Thru
Touch Me I'm Going To Scream Pt.2
Movin Away
Phone Went West
---------------------------------------------
(encore:)
Wordless Chorus
Dancefloors *
Holdin On To Black Metal *
One Big Holiday *

* with the horn section
Yomoda "Temjin" Naohito (Trumpet / Mountain Mocha Kilimanjaro)
Kurihara Takeshi (Tenor Saxophone / Central)
Hirose Takao (Trombone / Jazz Collective)
by 033_MFS | 2012-04-15 21:40 | ♪音楽-LIVE
<< モジャ祭りあとがき MY MORNING JACK... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ