033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
FOUNTAINS OF WAYNE@Ebisu Liquidroom(3/31)
大阪・名古屋・東京×2のツアー最終日を観ましたが、あまりにタイミング悪すぎました・・・・。
c0024243_21183323.jpg
FOUNTAINS OF WAYNE (ファウンテインズ・オブ・ウェイン) L→R: Adam Schlesinger(b)、Jody Porter(g)、Chris Collingwood(vo,g)、Brian Young(dr)
学生時代の友人同士であるアダム・シュレシンジャーとクリス・コリングウッドの2人を中心に、1996年にNYで結成された4人組。同年セルフ・タイトルのアルバムでデビュー。03年3rdアルバム『Welcome Interstate Managers』からの"Stacy's Mom"がヒットし一躍有名となる。2011年夏に4年ぶりとなる5thアルバム『Sky Full Of Holes』をリリースし、フジロックに出演。現代のパワー ポップバンドの代表格。

オープニング・アクトのMike Viola(マイク・ヴィオラ)は、FOWと親交が深いと知ってしっかり観ることに。デスキャブのベンが痩せる前のルックスに似た感じのメガネさんで、エレキの弾き語りを始めると第一声から引き込まれる素敵なハスキー声!1曲キーボードを弾き、7歳の娘がボツにするなと言ったから・・・と和む曲紹介を挟んだりして、最後はみんな知ってる曲だよね・・?と言って、映画『すべてをあなたに』の"That Thing You Do!"を作曲者のアダムがベースとコーラスで共演!唯一知っていた曲は会場も沸いて盛り上がった!35分ほどのステージだったけど、FOWにも通ずるグッドメロディにズバリ書いちゃうと歌声はクリスより好みで、思わぬ収穫でした♪

昨年のフジロック以来となるFOW、ほぼ満員のフロアの中3rdアルバムから"Bought for a Song"と意外な曲でスタート。と思ったら、来日ツアー3公演はすべて"Little Red Light"だったとのことなので、最終日は入れ替えてきてたのね。2曲目以降は過去の4アルバムから代表曲を中心に、中盤は最新作を固め(アダムがまぁ言ってみれば新曲みたいな、と言葉を選んでいたのが奥ゆかしい~)、ベスト的な選曲で進行!

2年前の単独アコースティック・ライヴでもやった演出で、積極的に挙手する観客から3人をステージに上げてマラカス等の打楽器&コーラスで参加する"Hey Julie"! 本編最後の"Radiation Vibe"の間奏では、その場で相談を交えつつ(クリスとアダムがニヤニヤしながらジョディに振ったりしてた)、懐かしい?曲を何曲か挿入するのもお約束の遊び心ですな。アンコール1曲目はマイクも一緒にカントリーな曲を共演。お馴染みのナンバー連発の最後の3曲は手拍子と合唱で大いに盛り上がって終了!観客が望む好曲揃いの選曲にいつまでも変わらないFOWらしいライブでした~。

マイモニの2日後に観たこのライブ、ぢつは1曲目からバンドの出す音の輪郭がぼやけてあまりにも鳴りが違って、ワタシの大したことない耳でもダメ出ししてしまったのよねん。 もうタイミング悪すぎてくぅ~って感じ・・・。^^; だからといって、FOWがつまらなかったということではなく、機会に恵まれる限り観に行くからっ!!

大阪(3/27) 東京(3/31)公演の写真がSMASHING MAGに掲載!】




by 033_MFS | 2012-04-22 21:18 | ♪音楽-LIVE
<< THE SEA AND CAK... モジャ祭りあとがき >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ