033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
The xx@Ebisu Liquidroom(7/4)
9月に2ndアルバム『Coexist』をリリースするザ・エックス・エックス一夜限りの来日公演を観てきた!チケット発売当初はなんとなく見送っていたのですが、先月Hostessのイベントに参加したときの宣伝チラシを見てスケジュール的にやりくりできることから、何気なくチケ検索をしてみるとぴあもローソンも終了。残るはチケボーでトライし200番台後半で購入できたので、まだ余裕あるじゃーん!とのんきに構えてたら、ほどなく完売していたのでギリギリセーフだったみたい。(汗)
c0024243_6144225.jpg
The xx (ザ・エックス・エックス)
L→R : Romy Madley Croft (vo, g)、Oliver Sim (vo, b)、Jamie Smith (Key, Programming)
英サウス・ロンドン出身のドラムレスな男女混合3人組。2009年にリリースしたセルフタイトルのデビュー・アルバムで、音数を絞ったアンニュイなエレクトロポップサウンドを展開し、当時の平均年齢20歳という若さでイギリスの音楽賞『マーキュリー・プライズ』を受賞した。2010年に初来日公演を行ったほか、『FUJI ROCK FESTIVAL'10』にも出演を果たしている。 3年ぶりのニューアルバムが9月にリリース決定。

混雑を避けたつもりで開場後30分の19時頃に着くと待合の2Fフロアがごった返しており、20分押したらしくまだ100番台を呼び出し中。洋楽ライブではあまり浸透していないチケットボードの電子チケット(ケータイにDLしたQRコードを画像保存)、今年初めて利用し3度目になるけれど(いずれも招聘元はHostess)、スムーズに開場したためしがなかったりして。記念に紙チケットを取っておきたい昭和の人間だもんで、コンビニ発券の紙チケは味気ないとなるべく避けてるぐらいなのに、それすらも残らないとなれば寂しいのう~。

期せずして場内空いてるうちに入場でき、ステージとの距離が近い上段カウンターでいいポジション取れたと思っていたが、後でミスったと気づくことになる。開場押した分スタートも遅れ、完売のわりに程よくスペースあって19時50分過ぎに暗転。3人ともお決まり?の黒い服、胸の上のシースルー地に施されていたエックスマークがさりげなくアピールしていたロミー嬢が痩せたように見えた。

1曲目は新曲でロミーの歌がメインの極端に音数少ないシンプルな曲。いやー、吐息まじりの囁くような歌声がなんとも色っぽいこと!ステージ向かって右側で簡易ドラムを演奏していたジェイミーが、観ていた位置からまったく視界にはいらず・・・うぬぅ。2曲目の1st代表曲"Island"で、ベースが入り損ねて仕切り直したのはご愛嬌ですな。オリヴァーのクールで低い歌声もまた色気があって、話し声もそのまんまだったりする。MCはあまりしないけど、オリヴァーが担当らしく「コニチハ。久しぶり、2年ぶりだね。アリガト。」と序盤に挨拶したぐらい。

前半から中盤にかけて1st中心に進行すると、2年前のフジで観たときより引き込まれた~!まぁ、あのときはお目当てのトリのBSS前でちょいと上の空だったこともあるんだが、歌声がこんなに魅力的だとは新たな発見!気だるげな囁き系の男女ヴォーカルが交互にリードをとったり、掛け合いによるユニゾンとハーモニーを織りなし、アンニュイな楽曲の世界観とマッチしている。そっと歌い出す間の取り方とか丁寧に歌っていて、歌を楽器のひとつとして捉えている感じが強く伝わってきました♪

初見時にドラムレスといいつつMPCパッドの手打ち+マシンを操る人力エレクトロなスタイルが興味を引いたジェイミー。電子機材と生楽器が幾つか増えたみたいで並んだ卓も広くなり、パッド打ちながら同時にもう片方の手にスティックを持ってシンバル叩いたり鍵盤弾きながらもう片方で打楽器とか、黙々と忙しなく動きまわって1人で数人分の働きをしていた!地味な佇まいでMCまったくしないけど、バンドの核を担っているなぁと。リミキサーやプロデューサーとしても活躍しているだけあって多才!

ジェイミーのアクセントになる打音に合わせて発光するライティングや曲に合わせた抽象的なイメージのスクリーン映像、こだわりの演出もヒジョーに良かったのに・・・・・映像が半分しか観えない位置で場所取りしくじったー。満員の観客たちは静かに興奮しているようでしたが、外国人女性の悲鳴に近いアイラヴユーー!!という歓声がしつこくてちょっと失笑を買っていたかしらん。

終盤は新曲を連発し、基本的には1stの延長線上にある楽曲でしたが、一貫した世界観を保っていましたね。本編最後が思わず体が揺れてしまうケミカルっぽい強力なリズム感と明るいトーンのピアノ音が印象的で新境地な1曲だった!アンコール入れて1時間ちょいと短かったものの、彼らの魅力が十分に発揮されたあらゆる面で成長を感じられる内容だったと思う。フジでは時々たどたどしかったロミーの単音ギターも安定していたかと。ライブ観て 2ndが楽しみになった!

【RO69のライブレポートに当公演の写真が掲載!】



The xx@Ebisu Liquidroom(4-Jul-2012)

New Song
Islands
Heart Skipped A Beat
New Song
Basic Space
Infinity
VCR
Crystalised
Fantasy
Shelter
New Song
New Song
Night Time
New Song
--------------------------------
(encore:)
Intro
New Song
Stars

チケボー購入特典でセトリ配信されたのは有難いが、新曲のタイトルも知りたかったぞ。
by 033_MFS | 2012-07-10 23:37 | ♪音楽-LIVE
<< FEEDER@Shibuya ... THE VASELINES@S... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ