033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
THE POGUES@AX(7/26)
アイリッシュ・トラッド・パンク のキング・オブ・キングス!!アルコールを燃料に80年代~90年代初頭のUK/アイリッシュ・ロック・シーンを席巻したハッピー・バンド(以上ベスト盤の帯の紹介文より)、ポーグスの10ン年ぶりの来日。
アイルランド生まれでロンドン育ちの酔いどれシンガー、シェインは酒が原因による失態や体調の悪化などでバンドを脱退して・・・という音楽性とは関係ないところで、見逃してはいけない!との直感で、フジロックに先駆けての(ウォームアップ?)単独公演へ参上だっ!

折しも台風7号関東縦断の恐れがあるため上司から「早く帰ったほうがいい」と促され、お言葉に甘えて定時で退社して会場へ向かった。
完売で当日券の販売は無しということもあって、会場外には「チケットゆずってください」プラカードを持った人を多く見かける。会場内は異常なくらい長蛇の列ができていたが、トイレでもドリンクでもなく物販を買い求める人たちだった。
客層がいつもより年令高めで自分より年上の人も多くてちょっと嬉しくなる。
やたら瓶もののアルコールをラッパ飲みしてる人が多い、外国人も多いっ!
開演前後の盛り上がりかたといったら近年行ったライブの中でも最高の熱気だったかも。

ベスト盤を最近一聴したばかりで昔のPVを1、2曲見た程度なので、ステージ上に6本ものマイクが横一線に並んでいることからしてフシギ。メンバーが登場して理解できた、ギター、ベース以外に笛?バンジョーにアコーディオンがいてコーラスもするんだ~。
みんな老けててアルバムのジャケとは別人のパンクとは縁のなさそうな風貌のオジちゃんたちだ。(40代後半?らしいけどプラス20才ぐらいに見える人が4、5人ほど・・)
シェインは4曲ほど歌うと他のメンバーがヴォーカルの曲へバトンタッチてな具合で舞台裏へ消えて、次は2~3曲、その次は1曲で・・と袖に引っ込む間隔が短くなっていく。歩き方はよろよろしていてヤバそうに見えたけど、徐々に調子よくなってきて声も出ていたように感じた。終始片手には炭酸水?で割ったアルコールとおぼしき飲み物を手放すことはなかった。
シェイン以外のメンバーも観客のノリが良くて機嫌よくエネルギッシュにプレイしていた。(飲み物は水!)動きが軽快でピアノもステキなスキンヘッドのアコーディオンの方が気に入ったな。
リバーダンスでお馴染みのアイリッシュ・ミュージックにパンク・ロックを加えたサウンドは独創的で、軽いカルチャーショックを受けてしまった。
よ~く見ると20代の若者も多くて、歌詞もバッチリ覚えて合唱しているのには驚いた!アンコールの“フィエスタ”で興奮した観客の暴れっぷりは凄かった。

友人が最前列で観てたので、選曲や演奏について昔からのファン視点でのコメントに期待するか。

フジではコールドプレイとカブって見れなさそうだったから単独公演行きを決めたのだが、タイムテーブルはビミョーにズレている。また見に行けちゃうかな?!
by 033_MFS | 2005-07-27 14:27 | ♪音楽-LIVE
<< FUJI ROCK FESTI... メリンダとメリンダ >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ