033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
フランツさんは二枚目半。
♪“You Could Have It So Much Better” / FRANZ FERDINAND

c0024243_24225.jpg昨年デビューした英グラスゴー出身の4人組バンド、フランツ・フェルディナンドの2ndアルバム。あっという間に世界中でブレイクして、近年のUKバンドでは飛びぬけて人気が出た。プロデューサーは1stのトーレ・ヨハンソンではなく、米国人エンジニアのリッチ・コスティ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、アッシュやミューズ、ブロック・パーティetc)を起用。

80sニュー・ウェイヴをストレートでキレのあるギターとダンサブルでヒネリもあるポップで復活させたサウンド、バンド名の由来、PVやアートワークなどなど、どことなくチープでセンスいいなぁと同時にうさん臭さも感じていた。(年齢詐称やゲイ疑惑は面白いと思ったけど)
まっ新曲や来日公演の情報は無視できない存在であることも確か。

まず1曲目の“The Fallen”の力強いギターとドラム、キャッチーなメロにコロっとヤラれちゃった。続く1stシングル“Do You Want To”は、一度聴いたら口ずさめてしまう軽快なポップ・ソングに恐れ入りやした~。
最後まで完成度の高い曲のオンパレード。1stよりダメなところが見当たらない。フランツらしい印象に残るギター・リフや曲中での富んだ変化は更に磨きをかけて、スカスカ感が気にならないパワフルな音、よりダンサブルなリズム、とあらゆる面で攻めてる!

でも特に気に入ったのは“Walk Away”(コーラルっぽい?レトロな雰囲気のミッドテンポ)、“Eleanor Put Your Boots On”(ピアノが美しいシンプルなアコースティック・サウンド)などのフランツらしくない曲なのだ。こーゆう曲も書けるんだ、まいった!

心の隅では確信犯だなぁって気持ちもあるけど、メジャーの土壌で勝負するバンドなら、強かじゃないとやっていけないか。彼らのキャラやルックスには興味薄なので、曲が良くてライブが楽しければ満足できる。

てなわけで、来週のNY公演が楽しみになってきた。チケ代は引き落とされてるし、宿もおさえたことだし行かねばならん。来年の武道館公演も申込み済♪
そおいえばWalkmanのCM未だ見てないんだよなぁ。。
by 033_MFS | 2005-10-11 02:07 | ♪音楽-レヴュー
<< THE HIVES@Quatt... MAXIMO PARK@Liq... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ