033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
HARD-Fi@Liquidroom(11/14)
セットチェンジ中に自曲“Cash Machine”のremixをBGMにしちゃったりして、20:00に開演。客層は若い人が多くて、ソールドアウトなので混んでいた。
ステージに詰め寄る若者たちから少し外れた、比較的平和なところから観る。

1曲目は“Middle Eastern Holiday”で一発かましてくれた。登場した4人は写真より垢抜けてないルックスに服装、演奏は普通(音がすかすかー)だな~と。リチャード(Vo)が本調子ではないようで高音がつらそうだ。「俺タチ、ハードファイ」にはウケたけどね。

ちょっとマイナスな印象は最初だけ。段々テンションがあがってくると、ダンサブルなビートに乗らずにはいられない!見た目は若いが、20代後半ってこともあって、それなりに演奏は落ち着いているし、乗せかたが上手い。
客のノリがよくて雰囲気も好かった。リチャードは「トーキョー、アメージング!」を連発。笑顔よりマジ顔の多い人だけど、観客の写真を撮って喜ぶ可愛い面もあった。カイ(B)がムードメーカーでナイスなキャラだったので、次回は彼寄りで見なくっちゃっ。

リチャードのピアニカは、効果音としてイイ味を出していたと思う、“Cash Machine”のイントロでは大きい歓声が起きてたし。
1st全曲プレイしたんじゃないかな。イマイチの感想だったアルバム後半の曲が良くって、特に“Feltham Is Singing Out”にはワクワク&酔ってしまったわ。ホワイト・ストライプスのカヴァー“Seven Nation Army”も彼ら流にアレンジされていてカッコイイ。本編最後は“Hard To Beat”で、タテノリとヨコノリどっちもイケちゃって、モチロン1番の大盛り上がりだっ!

アンコール3曲は聴き流していたアルバム後半の曲で、リチャードのギター弾き語りなどしっとり系の2曲が、また違う趣きあって引き出しがいっぱいあるなぁ、とあらためて気づいた。21:00終演、なかなか良かったよ!

ドラムくんもっと頑張れ!Keyは生音にしようよ~、とか注文はあるけど、これからの成長が楽しみなバンドである。だって楽曲がいいんだもん!
次はフジロックかな!?と勝手に思い込んだよ。
by 033_MFS | 2005-11-15 02:09 | ♪音楽-LIVE
<< JAMIROQUAI@日本武道... Shane-The Pogue... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ