033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
PIXIES@Zepp(12/6)
ピクシーズが活動していた90年前後は音楽空白期間だったので、リアルタイムでは聴いていない。。その後、好きなバンドがこぞってリスペクトしていると知って、聴き始めた2ndアルバム『ドリトル』に衝撃を受けたのは5年前のことかな。 何がイイって、あのギターサウンドが好きっ!耳に残るリフ、メロディックなラインもあるし、ノイジーな不協和音がたまらなくカッコイイ~。
昨年の再結成で復活し、来日したフジのステージは、最初で最後かも・・と存分に楽しんだのだが、演奏や歌がどうだったなんてことは覚えていないんだなぁ。
19:10ごろ会場内に入ると同時に客電が落ちた。ジョーイ(G)側の左寄り後方に居たが、外人と男子が多く、熱気で暑いっ。視界はちょいワルでも、満員ではないからほどよく動けるスペースがあって、音響のバランスはそこそこ整っていたかしら。

1曲目は意表をつかれた“In Heaven”で緩やかにスタートし、アコースティック・バージョンの“Wave Of Mutilation”など、序盤はやや穏やかな雰囲気で進んだ。ノリノリで激しい曲もプレイし始めると、フランク(Vo&G)の絶叫もあいまって、最前のほうはダイブが次々起きてた。
強弱をつけた、荒々しいようで繊細、ソウルフルな歌いっぷり、個性的なヴォーカルだね、シャウトもサイコー!
変わり者揃いに映る3人のスキンヘッド男に対抗できる器を持った紅一点キム(B&Vo)は、フジのときより痩せた!けど始終笑顔で、メインヴォーカルにコーラスとハスキーなラブリー声に癒されるわ~。

“Debaser”や“Monkey Gone To Heaven”という名曲はもちろん大好きなんだけど、1番楽しみにしていた“Dead”もプレイしてくれたわん、大満足!

MCはほとんどないけど、ドラマーが投げたスティックでギターを弾いたり、“La La Love You”でメンバーが交互に (i do) i love you~♪と歌うところ(→最後にドラマーが吹き出しちゃった!)、ちょっとした演出もあって笑える。
アンコールの大歓声に、メンバー内で嬉しいけど困ったような芝居がかった寸劇?があって、“Giantic”で盛り上がって終演。1時間半の濃い内容に、オルタナ・ロックの原点を見た!

***********************************************************
終演後、2連ちゃんで燃え燃えの友人に付き合って出待ちをした。残っていたファンは30人弱、スタッフの思わせぶりな行動にじらされながら、30分ぐらい経つと、まずデビッド(Ds)が出てきて声援に軽く応えてヴァンへ直行してたかな。
続いてキムとジョーイも。キム自らファンに近づいてくれた感じで、一瞬にして人だかりができる。隣で小さい群れができていたジョーイに近づいたら、ほんの2~3人にサインをして、涼しい顔をして消えてしまった。。
えっ~と落胆する間もなく、目の前にグラサン姿のフランクが現れた!紙ジャケにサインペンと用意周到な方たちに混じって、チケットとボールペンで、果敢にアタックしたのだ。幸いなことにフランクはサインに応じてくれたのだが、F・・r・・と書き始めるも、みみず字になってしまい、書きづらそう。。気を悪くさせないかハラハラしていたら、彼はおもむろに私の肩を下敷き代わりにして書き上げてくれたのだ!思いがけず接近できたけど胸キュンにはならなかったわ、彼は異性に興味ないからね、ふふ。フランク、ありがとう~!
by 033_MFS | 2005-12-07 17:24 | ♪音楽-LIVE
<< JUNIOR SENIOR@O... ランド・オブ・プレンティ >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ