033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
THE CRIBS@Quattro(1/25)
カイザー・チーフスのよき計らい?で、東名阪の4公演のオープニング・アクト+単独1公演での来日。04年のフェスは見逃してしまったが、2枚のアルバムは愛聴盤♪、待ち望んでいたクリブスの単独公演へ行ってきた!気持ちとは裏腹のイスに座ってのライブ鑑賞となったけど。

c0024243_23514323.jpgジャーマン兄弟による3ピース・バンド、双子ならではのツイン・ボーカルは1曲中で交互にメインをとるという妙技もあり。
ライアン(Vo&G)は素人がカットしたような短めの坊ちゃん刈りに、くわえタバコで登場、ワルとMCとお笑い担当って感じ。双子の片割れゲイリー(Vo&B)が、どうやらメインボーカル?、冷静で控えめな印象、PVより美形!?!
ロス(Dr)は見えづらい位置だったけど、軽快でパワフルなドラミングが好くって、つかみどころのない大胆不敵な末っ子に見えた。兄弟とパート別の性格の特徴が出ていていたのも面白かったわ。(写真は左からゲイリー、ライアン、ロス)

最新作2ndシングルの“Mirror Kissers”でスタート!最初の‘WOAH♪’での観客のノリのよさに、驚きと嬉しさが混じったライアンの表情は手応えを感じた様子。1stと2ndを半々、全シングル、B面など15曲ほどプレイしたかな。
親しみやすいフレーズは口ずさめるし、‘Oh!’とか‘Woah!’の掛け声や手拍子など合いの手が入れやすくて、盛り上がれちゃうんだな。

歌と演奏はうまいとはいえない。。しかし、3人ともがむしゃらなスピード感があって、見ていて壮快な気分になる!
リバティーンズやストロークスといったギターバンドの要素に、チープなポップと音質だけでなく‘自由’という意味でのローファイ感も合わさって、ダサかっこいいと言える。

“Hey Scenesters!”のパンキッシュなノリ、 “Another Number”の前奏を観客に歌わせ、締めは“The Wrong Way To Be”の怒涛コーラス部分での手拍子の連打、最後まで全曲楽しかった~♪
ライアンが観客へダイブし、シャンパンの一気飲みを披露してお終い。1時間には満たず、アンコールなし55分のアクト。
近年デビューした若手の中では好感度が一気にアップしたわん◎

いいもん見せてもらったので終演後、Tシャツ(黒地にピンクのポップなやつ)が欲しくなってグッズ売り場へ行ったら、見本も無くなっていて全3種類ほぼ完売状態だった。。



【set list】
MIRROR KISSERS
DIRECTION
I'M ALRIGHT ME
THE LIGHTS WENT OUT
YOU'RE GONNA LOSE US
IT WAS ONLY LOVE
YOU WERE ALWAYS THE ONE
MARTELL
WHAT ABOUT ME
WE CAN NO LONGER CHEAT YOU
TO JACKSON
HEY SCENESTERS!
ANOTHER NUMBER
BABY DON'T SWEAT
THE WRONG WAY TO BE
by 033_MFS | 2006-01-27 00:03 | ♪音楽-LIVE
<< なんちゃってニューヨーカー?!... 師匠が来るっ!! >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ