033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
FUJI ROCK FESTIVAL '06 (7/28〜30) Day1
千葉県某駅から苗場まで約3時間半の道のりを安全運転(高速と山登りはキケン!?)で往復して昨日(7/31)夕方前に無事戻ってまいりました。未だ社会復帰してませーん。。
当初の予報より恵まれた天気で、今年もめっちゃ楽しかったー!
サイン会での至福のひととき、V社の携帯は全然使えなかった・・、土曜日は入場者数が過去最高だったのでは?という混雑ぶり、などなどの所感は最後にまとめて書きたいと思います。
既に記憶が曖昧で断片的にしか思い出せないけど(苦笑)、まずは思い出せた行動と観たアクト順の感想を!

【7/28(fri)】
10:15ごろ苗場の場内駐車場に到着、曇りだけど時々日がさす天気。入場ゲートへ行く途中の場外ショップ・GANBANでサイン会の整理券配布状況を確認するために立ち寄る。お目当てのCribsは既に受付終了!前夜祭から参加のakiscreamさんに頼んでおいてホントに良かったわん!(>akiさん有難う!)場内ショップ含め他にはSnow Patrol、友人らはWolfmotherとZutonsの券もゲット!

例年通りグリーンステージ後方エリアのステージ向かって右側(ホワイトステージ寄り)にレジャーシートを敷いて休憩基地とする。
グリーンステージではGlobalCoolによる環境メッセージのトークイベントで、当日まで名前が伏せられていた俳優のオーランド・ブルームが登場!(withケイト・ボスワース←現在も交際中だとか。)スクリーンに映しだされるイケメンっぷりにうっとり。【→別ステージでのイベント写真はこちら
グッズ売り場は長蛇の列で断念、しばし休憩&昼食後にレッドマーキーへ。

“The Spinto Band”〈Red・12:40~〉
ステージ向かって真ん中、最前列とPAの中間辺りから観た。写真の印象そのままの見た目はイケてない6人。しかし、演奏が始まると若さ溢れる元気なノリで躍動感いっぱい!長身のギター君が高音、もじゃ頭のヒゲ面のベース君が普通音、と曲によって代わるツイン・ヴォーカル。フロントの4人が2人ずつ1本のマイクにかぶりつくようにコーラス。7人目のメンバーにVJがいるとのことだったけど、映像はなし。
もじゃ頭のメガネ君がKeyで、やたら口に手をあてて笑いをこらえているのが可笑しかった。ベース君も始終ニカッと白い歯が輝く満面の笑みで、首を左右に振ったり動きがヘンで、見てるだけで微笑ましい!
曲の良さとハッピーな雰囲気で楽しかった♪ 【→ライブ写真はこちら

“The Cooper Temple Clause”〈Green・14:20~〉を見捨てて・・、Cribsサイン会(14:00~)へ参加するため場外ショップへ。akiさんと合流し友人OGちゃんと一緒に本番のライブ終演まで行動を共に。早々にアコースティック・ライブの中止と30分遅れるとのアナウンス。。イベントの様子は別途番外編で!【クーパーはライブ写真でお許しを・・、前夜祭グリーンステージ。くぅ、レッドで観たかったー!】

“Atmosphere”〈R・15:10~〉
セットチェンジ中に着いたら最前列が空いていたのでCribsまで待機。え~と、このアクトの感想は聞かないでくださいな・・。煽られたら一般的なヒップホップのコール&レスポンスで応えながら、途中は踊り寝しちゃいました。。ステージ脇奥から場内サイン会場へ歩いて向かうダープリのメンバーを見かけたときは目が覚めた!その後の待ち時間中にもズートンズのメンバーが横切るときに手を振ったらデヴィットが振り返してくれた(嬉)!【→ライブ写真はこちら

“The Cribs”〈R・16:40~〉
ステージ向かって左側ライアン前の最前列を死守。ステージの凹みに撮影スペースができたのは昨年からなのかなぁ、ちょっと距離感広がった感じ。
“Mirror Kissers”でスタートだったっけ?!開演と同時にモッシュ&大合唱!
相変わらず前のめり気味な演奏だけど、今年初めに観た単独公演よりパワーアップして、客の熱気とダイブ合戦も凄かったー!ハウリングも多かったけど。
開演前にセットリスト以外の紙を床に貼っていたのがカンペらしく、ライアンが長文の日本語MCを披露するも、理解不能。。
最後にライアンは期待に反して真ん中から右寄りの観客へダイブ!
サイン会でナマ双子の可愛らしさに好感度が異常に上がりまくりだったんで、ライブもハイテンションで楽しんだわ♪ 【→ライブ写真はこちら

既に始まっていた“Dirty Pretty Things”〈G・17:30~〉、Cribsで燃焼し過ぎたのと、アーティストグッズ売り場の列が短くなっていたので、今がチャンスとばかりにダープリをBGMに並んじゃった。遠目でもカールが頑張っていたのは伝わってきた、リバの曲もやってて嬉しいような切ないような。単独公演は見逃さないぞ!30分ほどの待ちでCribsの黒Tとスノパトの地味Tを購入!
【→ダープリのライブ写真はこちら

“Roger Joseph Manning Jr.”〈R・18:20~〉をチラ聴きしながら夕食、最後の曲は10分ぐらいあったかなぁ、これは最後方で観賞。で、終演と同時に前方へ押しかけると案の上、友人Gちゃんが居て、難なくステージ向かって右側の最前列に入れてもらう。

“The Zutons”〈R・20:30~〉
?なノリの良い曲でスタート!アビたんはノー○ラ&ノー○ンの艶かしい衣装、とっても美しいのだけれど痩せすぎかしら。デヴィッドもデビュー時よりすっきりしてカッコよくなり、歌声に色気を感じたわ(萌)。
アビたんがフロントウーマンの役割を見事にこなしていて、ベースさんもコーラスで活躍していて客を煽って存在感を示し、目の前にいたギターさんは控えめながら堅実なプレイと怪しい色気があったねぇ。
ロックでソウルフル、高揚感を味わえて、なんてユニークなバンドなんだ!ステージ袖ではオーランド君が彼女とノリノリで観てたさ。
初ズートンズは期待以上にショウアップされていて、演奏力も◎で来日公演が楽しみ~♪【→ライブ写真はこちらこちら

“Franz Ferdinand”〈G・21:30~〉は既に開演、人だかりのためPAのさらに後方で数曲聴いていたら、あまりにもスカスカしたサウンドに耐えられず、ステージ向かって右側の前方(モッシュピット隣りのエリアは穴場!)へ移動。早いうちに“Do You Want To”演っちゃったよぅ。アレックスは赤いシャツに白いパンツという素敵な服装でキメていたけど、スクリーンがモノクロ映像だったのは残念。前半は真面目(メインステージのトリで緊張?)な印象で、後半は動きが軽快になり、いつもの視覚的に楽しませて(笑わせて)くれるフランツに!
“Outsiders”でお決まりの数人でドラムを叩きまくる場面では、クリブスやズートンズのメンバーらも参加して盛り上がった♪【→ライブ写真はこちらこちら

初日のベスト・アクトは、私情としてはThe Cribsと言いたいけれど、客観的に見てやっぱThe Zutons!降水確率高かったのにあんまし降らなかった!

*フルで観たアクトは太字
by 033_MFS | 2006-08-02 00:19 | ♪音楽-LIVE
<< FUJI ROCK FESTI... レザライにハマってフジの予習が... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ