033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
FUJI ROCK FESTIVAL '06 (7/28〜30) Day2
【7/29(sat)】
フジでは基本的に早起き派の先発隊。宿で深夜3:00まで飲んでいても、7:30には起床!(休憩基地の)場所取りへ行くため早起きは欠かせない。。
ま、テント張り可の頃に比べたらバトルもなく楽ちんになったけどね、取り敢えず場所を確保して2度寝もよし、大行列になる前のグッズ売り場に並ぶもよし。
9:30頃会場入りすると前日よりも人の流れの多さを感じつつ、いつも狙ってるあたりに陣取れた。しばし休憩後にグリーンステージへ。

c0024243_216620.jpg“Wolfmother”〈Green・11:00~〉
モッシュピット後方からゆったりめに観る。率直な感想は、「想像していたより軽い・・。」
アフロのVo&GはCDのまんまの歌声でギターの演奏もよかった。ベースは鍵盤と半々だったから、ドラムがネック?!
マ、マ、マウントフジー!という替え歌には失笑よん。苗場に富士山があると勘違いしているミュージシャンが多すぎる。。グリーンステージはまだ早すぎたかな?【→ライブ写真はこちら

“Fields”〈Red・11:40~〉は後半の3、4曲だけ聴けた。結構混んでいたのでフロアの真ん中へ行ってもステージはよく見えなかった。エレクトロ・インディー・フォークと紹介されているが、ノイジーなギターが好みだったな。単独公演あったら行きたい! 【→ライブ写真はこちら

“The Rifles”〈R・12:55~〉はフル観なんですが、最後方で昼食とった後も地面に座ったまま聴いていたので、ステージ上の姿は観ておらず・・。オーディナリーっぽいところあるなぁ、と聴いてました。 フツーによかったけど、如何せん顔かたちを見ていなかったので何とも。 【→ライブ写真はこちら

“Mystery Jets”〈R・14:10~〉
期待してた新人なので、ちと気合を入れて前方へ。ステージ向かって真ん中の前から5列目あたりから観る。予定時間が近づくと、Zoo Time♪Zoo Time♪の合唱が熱心なファンの間から起こる。開演後もジャンプに合唱となかなかの熱狂ぶりでやんす。前方来すぎたかな(苦笑)と思ったけど、一緒にノッてた。
音楽面以外はソソラれないと思っていたら、ギター、ベース、ドラムの3人がにこやかしていて可愛らしく、特にギター君は女子の声援が多くてビックリ。
でも、やっぱりパパがカッコいいわ~。白黒の格子柄シャツに細身の黒いパンツと1番シャレてる!一度だけ「ヘンリ~!」と叫んでみた。「富士山はどっちの方向?」というMCは可愛かったのでOK!
息子はヒッピー姿の写真とはギャップのあるアート好きそうな小洒落た服装。で、体が弱いのかしら・・と心配になるぐらい、動かない。。座ったまま、歌い上げるし、鍵盤と打楽器とギターも演奏してしまう。不思議君だったなぁ。
ドラム君がリズム感良くて気に入った!ユニークだけどみんなの歌になる普遍性も持ちあわせていて、面白いバンド。新人にしては演奏がしっかりしている、また観たいっ!【→ライブ写真はこちら

c0024243_216474.jpg“The Hives”〈G・15:05~〉がちょうど始まったところだったが、天気が怪しいので基地から観る。相変わらずアゲアゲノリノリのハイテンションでスクリーンを観てるだけで楽しい♪どれも似た曲で煽りも演出も同じなのに、何度観ても面白いからあっぱれ!でもここは体力温存で夜に備える。途中から強い雨が降ってきて、フジらしくなってきたぞ。。【→ライブ写真はこちらこちら

仲間が各々目的地へ散っていったので、レジャーシートに荷物と一緒に包まれながら昼寝zz。隙間から雨水が入ってきては水溜りができて、水浸し。しかもグリーンステージでは心地悪い音楽やってるし。さ、寒い・・。
雨は止みそうもないので宿へ戻って小休止してから出直すことに。この時点でSonic Youthを断念。どれを観ようか悩んだ時間帯、どれも観なきゃ悩まない。気合を入れるのはレッチリと決めて、まったりモードに陥った。

“Sonic Youth”〈G・18:00~〉【→ライブ写真はこちら
“Junior Senior”〈R・18:40~〉【→ライブ写真はこちら
“電気グルーヴ”〈G・19:40~〉【→ライブ写真はこちら
19:30過ぎに会場へ戻ってきたころには、ほとんど雨は上がっていたかな。

“Kula Shaker”〈R・20:30~〉はセットチェンジ中から8割方は埋まって混雑。途中抜けするつもりだったので PA横の後方から観ることに。開演するとジャンジャン人がかき分けて入ってくるわと大盛況!20~30分するとどんどん外へ出て行く人も続出。。新曲も演っていたようだけど、‘Grateful When Your're Dead’で盛り上がる!
クリスピアンは王子ルックスでギターもすご~く上手いと思うのですが、完璧すぎてちょっと萌えないのだ・・。結局‘Hush’と‘Hey Dude’は聴けずじまいで21:10に中座。【→ライブ写真はこちらこちら

既にグリーンステージの前には人の山。通路もぎっしりで出遅れたかとヒヤヒヤしたが、ステージ向かって右側の前方は入り込み易い混み具合でなんとか。

c0024243_217456.jpg“Red Hot Chili Peppers”〈G・21:30~〉
4年前にここで初めて観て、感動したことを思い出す。楽器隊がジャムりながら‘Can't Stop’へ流れてスタート!
最新作の1stシングル‘Dani California’は邦画の主題歌になったこともあってか若者が沸いてた。
‘Me & My Friends’や‘Right On Time’などアッパーな曲を挟むが、全体的にはメロディックな曲中心。

フリーのベースはベキベキ鳴ってたし、ジョンのギターは泣いてるというよりは力強くうなってた、チャドもいつまでこんなにパワフルに叩けるんだろう・・。
そしてアンソニーのヴォーカルが楽器隊のレベルに追いついたと思わせるほど安定感があってうまくなっていた!

c0024243_2182137.jpgジョンが弾き語りでビージーズの‘How Deep is Your Love’を熱唱!これが、神懸かっていて歌声に聴き惚れてしまった。素敵だったわ~。
フリーとジョンのジャムに、アンソニーがドラムで加わる!
といっても、ポショポショ叩く程度なんだけど、それがヘタッぴで明らかに邪魔してた・・。ま、ご愛嬌かしら。

1番盛り上がったのは‘By The Way’の大合唱で、‘みんなのうた’になってたよ~。アンコールが‘Give It Away’で観客全体のジャンプは揺れた!

オトナの選曲で脱がないレッチリも好かった。レッチリ命!でない私が観ても感動的だったのは、フジマジックもあったのかな。 【→ライブ写真はこちら

レッチリに大満足したので、“Scissor Sisters”〈White・22:20~〉へは向かわず余韻にひたって宿へ帰った。【→ライブ写真はこちら

2日目のベスト・アクトは、ミスジェもかなり良かったけど、貫禄十分なレッチリ!

*フルで観たアクトは太字
by 033_MFS | 2006-08-04 02:19 | ♪音楽-LIVE
<< FUJI ROCK FESTI... FUJI ROCK FESTI... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ