033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
BRITISH ANTHEMS@Studio Coast(12/16)
c0024243_14364764.jpgUK新人バンド見本市のようなイベントで今年1月に続き2回目の開催。思いのほか燃え尽き症候群がひどくて、今年のライブはU2で打ち止めにしとけばよかったかなぁ・・なんて弱気モードで行ってきた。まぁ、やる気のないわりには、最初から最後まで居て、サイン会にも参加しちゃったり、楽しんだけどね♪

c0024243_14502121.jpg“BLONDELLE”14:00~【ブロンデル/ノース・ロンドン出身、全員10代の4人組】
予備知識なく観たんですけど、あまりの可愛さに頬がゆるみましたねぇ。音はシンプルなガレージ・ロックンロールで、とにかく4人ともカワイイ!時々メインでVoをとるギターのほうが太い声で好みだったな。客の盛り上がりもなかなかで、本人たちもノッてたので、最後にもう1曲多く演奏させて~とスタッフに懇願するもNGがでてしょぼ~ん。。偶然サイン会の様子も目撃したけれど、愛嬌のある子達で目の保養になりました~。

c0024243_14532848.jpg“NEiLS CHiLDREN”14:45~【ニールズ・チルドレン/ロンドンを中心に活動を行う3人組】
パンダメイクには興味薄でポストパンクなサウンドに期待していたんだけど、最後方の通路でチラ観したときの歌がへたっぴで退散しちゃった・・。


c0024243_1511764.jpg“FIVE O'CLOCK HEROES”15:30~
【ファイブ・オクロック・ヒーローズ/ロンドン出身の2人とNY出身の2人から成る英米混成4人組】
The Jamの曲名が由来のバンド名に納得するようなしないようなサウンド。モッズもガレージもNWもありで、どの曲もキャッチー。このハイトーン・ヴォイスは苦手なんすが、ライブでは声量あって力強かった。が、ルックスと動きがふた昔前って感じでつい笑ってしまい・・。

c0024243_15184219.jpg“THE SUNSHINE UNDERGROUND”
16:15~【サンシャイン・アンダーグラウンド/リーズ出身の4人組】
前日のインストア・イベントは残業のため諦めたということもあり、前から5列目ぐらいで気合入れる。アルバム1曲目からスタートしたっけ、すごい人が押し寄せてきて、何となくずるずるモッシュに混じってしまい、早くも“Put You In Your Place”投入でヤバかった!Voの側にパーカッション・スタンドもあり、小太りな彼が叩くと力強い音を鳴らしてた。リズム隊がもっとグルーヴィになるといいかしらん。始終踊りっぱなしで汗だくになったよ♪
前から2列目をキープしたい友人に代わってサイン会にも参加。拙い英語を一生懸命聞き取ろうとしてくれて、4人ともノリノリの対応に好感度アップ!ギター君が可愛かったので彼に自分の名前を追記してもらった、えへっ。

c0024243_15353828.jpg“THE VIEW”17:00~ 【ザ・ビュー/スコットランドで結成、平均年齢18歳の4人組】
TSUのサイン会のため最初の1曲しか観れず・・。Primal Screamの全英ツアーのサポートを務め、デビューアルバムのプロデューサーがOwen Morrisということで注目していたのだが。

c0024243_1781681.jpg“KEITH”17:45~ 【キース/マンチェスターで結成された4人組】
この日初めて右側(前方)から観る、こっちのほうが音響イイじゃん!サマソニについで2度目となるが、私はVoさんが苦手なんす・・冷ややかな声とクリスピアン王子に通じるルックスも。演奏は器用で、他の出演バンドのギターロックとは一線を画す叙情的な音楽性、中盤まで大人しかった観客も段々リズムに乗って最後は盛り上がってたかな。VoとGがフロントマンらしく盛り上げ役、リズム隊は黙々とイイ仕事をするバランスのとれたバンドだわ。Vo以外は好きなんだけどなぁ。

c0024243_17342966.jpg“QURULI”18:30~ 【くるり】
邦楽で唯一好きなバンドだが、贔屓目で見なくても、この日イチバン安定感のある演奏力で圧倒された!メジャーデビューから8年目の中堅だから新人バンドと比べたら上手くて当然なんだけど。
単独公演のチケ取るのが難しいくるりをゆる~く前方で観れちゃうのもラッキー!前日に作ったばかりの曲を披露したり、ベタな曲は少なめで最後は‘和’で締めると“宿はなし”を演ってくれたのがよかった~。

“THE ORDINARY BOYS”19:30~ 【ジ・オーディナリー・ボーイズ】
c0024243_17345224.jpgこんなに気合を入れずTOBを観るのは初めて・・開演直前に向かい右側20列目ぐらいから観る。3rdは聴いてない、てか最後まで聴けないのだ。
トリを意識したのか?!いつもよりオサレな4人。プレのスーツ姿、カッコええ。くるりの後では不利だが、演奏力は上達している!1st中心の選曲、モッドなサウンドをがむしゃらにかき鳴らすほうが似合ってるよ!プレの声はちょっと疲れ気味に感じ、曲のつなぎがスムーズでないところもあったが、予想していたより客は盛り上がってたし、何度もダイブが起きてた。しっとりした曲の “Just A Song”も違和感なく聴かせ、ミッドテンポの“Seaside”で締め、オトナになったなぁと成長を感じた。
新作でなく1stに萌える自分に複雑な気持ち、手放しで喜べないわけだけど、でもやっぱり好きな気持ちに変わりない。

雑感をざくっと書きましたが、私的ベスト・アクト3は、くるり、TSU、TOBです♪

タイムテーブル通り進行するのはよいが、演奏時間がKeithまで1バンド30分弱というのは短すぎるぅ!次回の開催は07年3月予定とのこと!

すっかり私のライブ友とも打ち解けているSさん&Aさん、終演後もお付き合い頂き楽しかったで~す!
by 033_MFS | 2006-12-17 22:50 | ♪音楽-LIVE
<< THE ORDINARY BO... やっとこさ帰国(涙)! >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ