033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
ALBERT HAMMOND,Jr.@Astro Hall(2/19)
The Strokesのギタリスト、アルバート君の来日公演へ行ってきました~!
追加公演にあたる初日は、翌日のリキッドの半分以下400人のキャパなのに、7割程度の入り。。21:00開演という週初めの月曜日からため息でそうな時間設定だったしね。でも、小さいハコならではの距離感がお得だったのは確か!
c0024243_1295055.jpg
“In Transit”からスタートすると思い込んでたら違ったので、よく覚えてないわ。アルバムを制作したJosh Lattanzi(B)、Matt Romano(Ds)+ツアーメンバーのMarc Philippe Eskenazi(G/key)、Steve Schiltz(G)の5人編成。

ギターが3人居て、音もデカかったんで、厚みと迫力があったねぇ!決めどころでビシッ!と決めててカッコよかった! アルバートは弾くよりも歌うことがメイン、フォーキーで温かみのある歌声は心地よい味わいがあったなぁ。

LongwaveのVo&Gのスティーヴの笑顔がカワユイ!濃ゆ顔のマークといい、一時的に組んでいるようには見えない一体感でバンド内の仲の良さが伺える。
“In Transit”は中盤過ぎでやって、“Back To The 101”で数フレーズ歌詞を飛ばしちゃってたよ。。アルバートはヤバッ!って焦ってたけど、スティーヴは微笑んでいて、始終好い雰囲気に、こっちも自然ににこやかになっちゃう。

観客がまったりし過ぎでちょっと戸惑ったかもしれないけど、「nice people!」と優しい言葉をかけ、雑談にも応じ空気を和らげてくれる。君こそいいやつだよ!

わずか45分アンコールなしで終了にはあっけに取られたが、アットホームな中にも熱のこもったパフォーマンスに大満足◎ Strokesは刺激的で興奮するが、心安らぐ感じもいいもんだな~と優しい気持ちになれるライブでした♪
by 033_MFS | 2007-02-20 02:03 | ♪音楽-LIVE
<< ライブレポ手につかない・・ THE HEIGHTS@Ast... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ