033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
ASH Acoustic Live @Tower Records渋谷店(7/25)
フジ2日目のホワイトステージに出演するASHのインストアイベントへ行ってきました!紅一点ギタリストのシャーロットが脱退し、10年ぶりに結成時の3人編成に戻ったが、アコースティック形式でのライブはどんな楽器構成になるんだろう?!
c0024243_2115211.jpg
左からアコギ+コーラスのリック、Vo&アコギのティム、ベースのマークという編成で3人とも着席。前から10列目以内に居たけど、ちっこいティムがイスに座ると全然見えなかったよぅ。

前半は新旧を交互という選曲で、特にMCもなく次々と演奏していたが、クールに淡々でなく気取りのないアットホームな雰囲気。「イチ、ニ、サン・・」と日本語でカウントを取ったり、ティムの笑顔にはまだまだ少年性が残ってましたね。

新作で歌唱力がすごく上達したと感じたのですが、高音がちょっと辛そうで相変わらずだったわ。。本職がドラムのリックのギターはお世辞にも上手いとは言えないレベルだけど、頑張ってる姿に拍手!痩せてオシャレになってた!
いつ見ても不思議さんマークは真面目なのかふざけてるのか、わからない!

演奏力はアコースティック向きではないかもしれないけれど、どことなく切ないキャッチーなメロディは胸がキュンとなるんだよなぁ。久しぶりに聴く曲でもサビは自然と口ずさんじゃう!お馴染み曲では手拍子や合唱が起きて、賑やかなほうがメンバーも嬉しそう~!

まさかのアンコールもあって、単独来日時期をほのめかしたり、一回りオトナになっても青春を感じさせるのが彼らの魅力だ!毎回大汗かいて体力を消耗してしまうライブ、フジでもハジけて発散するぞー!新作の曲が楽しみ♪




2007.7.25@Tower Records Shibuya

You Can't Have It All
Burn Baby Burn
Polaris
Girl From Mars
End Of The World
Teenage Kicks (The Undertones cover)
Kung Fu
------------------------------
(Encore)
Jack Names The Planets
Oh Yeah
by 033_MFS | 2007-07-26 02:11 | ♪音楽-LIVE
<< FRF07 とりあえず所感 フジ私的タイムテーボー >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ