033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
THE CURE@Fairfax VA, Patriot Center(9.May.08)
今回の海外でのライヴ体験は、お目当てを追っかけてのではなく、音源聴き込み不十分でもあったけれど、ライヴ運には恵まれた!3公演ともよかったー♪♪
楽しかったシーパワーも追ってレポりますんで、先にキュアーからいきまっす!

いやー、これが凄かったのなんのって!演奏時間がBRMC超えちゃったよ!?
c0024243_23511095.jpg
昨年9~10月に予定されていたが新作制作のためにキャンセルされ、持ち越しとなっていた北米ツアー。この公演を知って自力で行けるところか妹に尋ねたら「郊外にあって電車で行くようなところでは・・。車で35分位だから送迎するよ!」とのこと。「んーでもこのバンドのライブは長いらしいから、終演時間が読めなさそう・・。全席指定だし一緒にどうぞ!」と公演日から2ヶ月半前にチケマスで申し込んだ時にはスタンドのステージから遠い斜め後方の残念な席しか取れず。。

会場のPatriot CenterはワシントンDCから約30km、ジョージ・メイソン大学バスケットボールのホームでキャパは10,000人。HPの案内によると、メトロ地下鉄+バスまたはタクシーを乗り継いで行けないこともないようです。
前座の65Days Of Staticは観ても観なくてもいいや~と、寄り道してスペアリブを食べることを優先。(んまかった!) 20:00ごろ会場へ向かう1本道が渋滞し、大学構内にある何千台も収容可能な広大な駐車場はぎっしりで奥まったとこまで行かないと空いてない。続いて窓口の行列に並ぶとWill Call(予約済チケを当日窓口で受け取る)の人は前に出てきて!と先に対応してもらえたが、会場内へ入るとトイレは男女ともに列をなしており、その場はスルーして座席に着いたのが20:40。観客の年齢層は幅広く(当然リアルタイム世代が多い)、大半は普通のファッションですが、ゴスやパンクな人たちも!

20:00開演予定となっていたが、どうせ遅れて始まるだろうし前座+セットチェンジでメインは1時間半後なんてざらと聞くから、機材調整中のステージを見てこれから前座開始か~と余裕かましてた。それにしちゃ、場内の着席率はあれよという間に高くなっていくし熱気もどんどん上昇、どうも様子がおかしいことに気づいた21:00に暗転し、キュアーの4人が登場!(大汗)
c0024243_6383233.jpg
(↑アリーナが縦長でスタンドは急勾配なので武道館よりは距離感が近い!)

ロバスミちゃんはフジのときよりも肥ぇ~ことになっていたような・・。双眼鏡ではもっぱら男前担当のサイモン(b)を見つめておりました。幻想的でメランコリックな世界を展開していく序盤は、静観し曲が終わると大拍手という落ち着いた雰囲気。ステージ背後の大型スクリーンにはアートな映像と曲ごとに変わる豊かなライティング、確かな演奏力と素晴らしい音響に引き込まれていく!

各々思い入れのある曲が違うから、イントロ毎に所々でキャーキャー盛り上がってる。周囲は座って観ている人が多く、自分の好きな曲では立ち上がって合唱したり踊ったり、観客それぞれが思い思いに自由なノリ方をしている!若者にもウケているのは映画やTVドラマに何曲も使われてポピュラー・ソングになっているからなのよね。前の席にいた10代の女の子5人グループなんて、好きな曲のときだけ大騒ぎする以外はずっーと携帯をいじって、聴きたい曲が聴けて満足したら本編終わる前に帰っていくし、気まますぎるー。
c0024243_14134931.jpg
“Pictures of You”、“Lullaby”のスローな曲もとても人気があること実感!だんだん全体的な盛り上がりに持っていく構成がお見事で、“Friday I'm In Love”、“Inbetween Days”、“Just Like Heaven”のポップ攻めで立ち上がる客がどんどん増えていくのが愉快だ!ツアー延期のお詫びや新曲紹介のときは軽くMC(新曲たちがこれまた若々しいんだな)、ギターを弾かない曲ではハンドマイク片手にステージの端から端までのっそり歩きながら歌うロバスミに会場中から大歓声が飛ぶ!

艶のある歌声、フィードバックを効かせたサイケなギター、太いベースライン、見た目よりハードでわりと手数の多いドラム、演奏力の高さと色彩感豊かなサウンドは座ってじっーと聴いてても、立ち上がって踊っても楽しめる!本編は座って観てたけど、奥の深さに魅了されてのめり込んで見入ってしまったわ。

本編が終わったのは23:00。ステージを眺めていたらローディが新たなセットリストを貼りにきているのが見えた。アンコール何曲プレイするんだ!?

怒涛のアンコールはセットリストを見てください、としか言いようがないですな。
2回目が終わると客電が点き、さすがに帰り始める客もいたけど、鳴り止まない拍手!「まさか・・・」と思っていたらそのまさか!! 3回目の登場で、そういえば未だ演ってなかった“Boys Don't Cry”に、んもーたまんないんですけど!!最後はアルバム数枚しか持っておらず知らん曲続きだったけれど踊れたー♪終わったのは日付が変わった00:10頃だったかしらん。私のライヴ人生の最長記録更新でございます。フジで観たときより感動が大きかったー◎

3時間強のパフォーマンス、他のメンバーより若いとはいえドラムのジェイソン・クーパーにブラボー!ロバスミの声量しかり、最後まで衰えなかったもん!

ツアー初日から完成度の高いライヴ・パフォーマンスを見せつけてくれました!その後の公演も濃い内容が続いているようで、オフィシャルのコミュでは「Best show ever!」「Incredible」「God!」「Amazing Show! 」などなど絶賛の嵐ですぜ。海外では大衆的な人気を集めていることを目の当たりにして、うーん、日本との人気の温度差はデカすぎ・・・だけど、単独来日して欲しいです!

キュアー初聴の連れはお腹いっぱいな様子ながら、「この人、声若いね~」と驚いてました。若い頃のロバスミちゃんを覚えていないらしく、「8ビートギャグ」にイジられキャラでよく登場してたんだけどなぁ・・と言うと「あ、分かった!」だって。

9月に4年ぶり13作目のスタジオ・アルバム発売に向けて、今月から4ヶ月連続で毎月13日にシングルをリリースし、それぞれのB面曲はアルバムには収録されないとのこと。まだ初級レベルの私は先日再発された紙ジャケ盤を4枚ほど買ってしまったわ♪いやぁ、今ごろになってハマるとは思わなかった!キュアーにマダーナといい、私が敬愛するあの方も、あの方も、あの方も、アラフォーよりアラフィー(Around 50)世代のほうが断然活発!
c0024243_624155.jpg
【↑当日のライヴ写真がコチラで公開されてます!】




2008.05.09@Patriot Center Fairfax, VA

01. Plainsong
02. Prayers For Rain
03. A Strange Day
04. alt.end
05. The Walk
06. The End of The World
07. Lovesong
08. To Wish Impossible Things
09. Pictures of You
10. Lullaby
11. The Perfect Boy (new song)
12. From the Edge of the Deep Green Sea
13. Hot Hot Hot!!!
14. The Only One (new song)
15. Push
16. Friday I'm In Love
17. Inbetween Days
18. Just Like Heaven
19. Primary
20. Shake Dog Shake
21. Never Enough
22. Wrong Number
23. One Hundred Years
24. Disintegration
---------------------------------
(Encore 1:)
25. At Night
26. M
c0024243_6135143.jpg27. Play For Today
28. A Forest

(Encore 2:)
29. Lovecats
30. Let's Go To Bed
31. Freakshow (new song)
32. Close To Me
33. Why Can't I Be You?

(Encore 3:)
34. Boys Don't Cry
35. Jumping Someone Else's Train
36. Grinding Halt
37. 10:15 Saturday Night
38. Killing An Arab

set listはオフィのコミュにアップされてます。北米ツアー10公演終えて、今のところ観た公演の曲数が1番多い!欲張るなら“High”が聴きたかったなー。
写真はニセ者です、ぐはは。離れた客席に居たときから目立ってたのよ。体型とメイクのノリの悪さも現在のロバスミちゃんにそっくりでした・・。
by 033_MFS | 2008-05-25 21:59 | ♪音楽-LIVE
<< 来日公演よもやま話 The Courteeners... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ