033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
BRITISH SEA POWER@Washington DC, Black Cat(8.May.08) PartⅡ
前のバンドが終わると若者の姿が減ったのは意外で、わりと落ち着いた客層はガツガツしちゃいないが真面目に聴こうとする姿勢が感じられる。前から3列目のセンターで待機していると、ステージには枝葉がわんさと運ばれてきて、アンプやマイクに飾られていく。

BSPは1度チラ観したことあって、04年フジのグリーンステージのトップバッターで出演したとき、苗場に着くのが遅れて既に始まってたのよねぇ。大型スクリーンを横目に基地作りをしていて、葉っぱまみれで暴れている絵は印象的ながら、大きいステージは似合ってないなー、私には少しエキセントリックすぎるかも・・と、ハマることなく今に至ってしまったのである。

思いのほか待たされた22:40にスタート!メンバー全員がどことなく無愛想というか真顔というか・・・。Yanも先ほどとは別人のように見える。
よく見ると、ガムテープを腕や足に巻きボロつぎはぎを当ててたり、服装がヘン! で、Yanを見て、隣のベーシストの顔を見て、次にYan、と交互に見ているうちに、2人の顔が似てる~!?ことに気づく。(YanとHamiltonが兄弟ってこと知りませんでした・・・)

紅一点のヴァイオリニストとラッパ&鍵盤のサポート2人が加わった6人編成。最初はジャムっぽい演奏で始まると、各々の楽器を好き勝手に弾いてる感じでガチャガチャした音を鳴らし、不協和音な響きに「なんじゃこりゃ?!」と一瞬ポカンと見つめてしまった。

徐々に足並みがそろってくると、全体的に性急な演奏に不思議な緊張感と高揚感をおぼえ、UKらしいメロディラインとサウンド感をもっていて、心地よく聴きながら思い浮かんだバンドはStone Roses♪CD聴いてたときはイメージしなかったのに!
c0024243_1242884.jpg
新譜中心で、熱心に聴きながら小さくリズムをとっている人が多かったけれど、 “Waving Flags”では飛び跳ねて一緒に歌ってるファンがあちこちにいました。
弟君がメインで歌う曲も増えたのかしら、Yanのほうが好きだな~。D.ボウイを彷彿させる歌声を味わえる曲が少なかったのは残念。

いい感じで観ていた中盤、右隣りの中年男性と後ろの若い女性でいざござが起き始める・・・。男性に写真撮るの邪魔されたとか、そんなことが原因らしい。しばらく押し問答が続き、男性が軽く女性を振り払うと、「あ、男が手を出した!」と周囲の無関係者も一緒に煽りだして押し合い圧し合いの大騒ぎ(苦笑)

メンバーのほうを見ると、絶対この喧騒に気づいてるはずなのに、視線は遠くを見てるしー。左隣りの親切なカップルが気遣って安全なスペースに誘導してくれるわ、モッシュが起きない平和な環境でケンカに巻き込まれる、笑えるような笑えないような体験も。

終盤近くになると周囲が私の左後方を見てニヤニヤしている。「またケンカ!?」と振り返ると3列後ろあたりで、Nobleが観客の胸に埋もれて弾いてるよ~!

“The Spirit of St. Louis”でサポート君が先頭きって暴れ始め、Nobleは枝葉をメンバーの背中に入れてるかと思えばドラムに乗っかったり叩いたり、Yanは枝葉を振りかざす→サポート君の肩車→鍵盤や機材をイジり回っていました。あ、サポートの女性と弟ってデキてる?! 2人仲良く袖に消えていってたなぁ。

客は唖然としている人、ウケて笑ってる人、一緒に暴れてる人さまざまで、カオス状態の中、どさくさに紛れて最前列にいってフラッシュたいて写真撮ってしまった・・UKでは暴動が起きることもあるそうですが、わりかし安全でしたので。。(その成果はフォトギャラリーでどうぞ!)

本編のみノンストップの1時間半で終演は24:10。本編終わったらアンコール入る前にお迎えメールをすることになっていたが、時間を忘れて楽しんでしまい終演後に連絡を入れると、「会場から出ないで、外は豪雨だから!」と言われ窓の外の雷を見て現実に戻ったのでした。

セットリストを見てもこんなんだったけ~というあやふやな記憶で、なんせオンライン購入していた2ndが帰国後に届いていたという有り様・・まだまだ聴き込み不足でこれぞ!という曲を挙げられないけど、“Carrion”は名曲ですね~。
新譜で気に入った“Atom”はやっぱり楽しかった!“Apologies To Insect Life”聴きたかったぞ!

視覚的イメージにとらわれた先入観よりも、曲の良さに魅了された(気づかされた)ライヴだったわ!病み付きになる方の気持ち分かります、ヤツらは面白い!3rdアルバムは今年のベスト10候補◎
c0024243_1264522.jpg
.....1まい持ち帰ったよ、自然にドライ葉っぱになってました・・。




2008.5.8@Washington DC, Black Cat
c0024243_127163.jpg

by 033_MFS | 2008-06-12 23:50 | ♪音楽-LIVE
<< BRITISH SEA POW... 来日公演よもやま話 >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ