033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
R.E.M.@Madison Square Garden, New York (19.Jun) PartⅠ
Madison Square Garden(MSG)といえば、‘世界で最も有名なアリーナ’の異名をとる会場でコンサート仕様のキャパは2万人。
初めて海外へ観に行ったライヴもR.E.M.で、この会場なのだ。(95年当時は近ツリさんの企画で連れて行ってもらえたから行けた。その後は05年の来日公演まで何も行動を起こせなかった臆病な自分に、今となっては後悔の嵐・・・)
思い出深い地であるが、それより何より、地図の読めない方向音痴のワタシが(REM北米ツアー公演地で)自力で迷わず行ける会場はココしかないっ!

19日の昼前に日本を出発、同日の昼前にNYへ到着しその日の夜にライヴを観てしまう時差マジック!ホテルでだらだら仮眠をとっていたら出遅れ、開演予定の19:00ごろMSGに到着!ソールドアウトでっす!巨大な駅が隣接しているため大勢の人でにぎわっており、ダフ屋もうようよしとりました。
c0024243_2142186.jpg
入場しまず目に入った物販でお買い物。ゲートを間違えたら座席まで遠回りになってしまい、19:20に着席したときは楽しみにしていたThe Nationalが既に始まっておりました...。アリーナ後方のPA卓後ろの段差が出来ている特設?スタンド席、ステージは遠~いがほぼ正面で全体が観やすい位置。アリーナの前方の様子を見て「あれ・・?」。スタンディングは長時間フライト後だと体力的にキツイと思って断念したのに、アリーナも全席指定じゃん。(選択誤ったかも!?)

The NationalはNYを拠点とする5人組。Joy Divisionのイアン・カーティスを彷彿とさせる低音ヴォーカルゆえ、Interpolがよく引き合いに出されますね。
昨年リリースの「Boxer」で知ったバンドなので勝手に新人だと思っていたら、佇まいや演奏力が中堅の域に入り込んでる感じ!?(アルバム4枚も出していたこと知らなかった!)曲によっては、ヴァイオリンを弾くメンバーがいて、2人のラッパ隊が加わったり、厚みのあるサウンドを奏でてました。クールで深い声、最後の曲での激高するヴォーカルに心揺さぶられた~。そして、もっとも魅了されたメンバー!については、次回で書きます♪

20分のセットチェンジ後の20:10にModest Mouse登場。広いステージでも中央に固まるようにせせこましく楽器と機材が並んでいる。ひとくせある独自な楽曲は、The Nationalより観客ウケはいまいちだったかな・・?
‘宙を舞うマラカス’が何のことか分かった!マラカスからスティックに持ち替えるとき5mほど離れたスタッフにポーンと投げ、またドラマーに投げ返す、というのを何度が繰り返すのですが、2人のコントロールに妙に感心。大音量で迫力あったのですが、ヴォーカルがハウリングしまくりで・・・ま、それもアイザックの勇ましい歌声の一部って感じだったけどね。正直、もう上の空状態でした・・。

前座2組での観客はほとんど着席したままでしたんで、私も体力温存モードで。段差があると座って観ても視界良好、アリーナ後方よりはこっちがいいかも!売り子さんが場内で飲み物やスナック類を売り歩いているので、売店の行列に並ばなくても容易にビールが買えてよかったです。
by 033_MFS | 2008-07-06 23:55 | ♪音楽-LIVE
<< R.E.M.@Madison ... ただいまーです♪ >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ