033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
NANO-MUGEN FES.2008@Yokohama Arena(7/20)
本心は単独が観られればベストなんだが、すぐ発表されなかったし・・フジ前にAshとステフォの2公演は体力・日程的にキツイなぁ~ということで、アジカンがオーガナイズするフェスの初日へ行ってきました!

思わず食指が動きそうになる海外のバンドを呼んでくれるイベントですが、洋邦混在のラインナップは、アジカン&邦バンド目当ての観客が圧倒的に多く、洋バンドのファンは肩身が狭い思いをするらしい・・。
c0024243_775658.jpg
11:00開場/12:30開演、タイムテーブルは当日会場での発表となる。
お目当ては後半に出演すると読めるが、せっかくなのでPhantom Planetも観たい!とならば少し早めにと、14:00過ぎに新横浜駅で待ち合わせして会場へ向かう。昼ごろネットに出回った出演順をOちゃんがキャッチして知らせてくれたお陰で、焦ることなく14:20に会場入り。並ばずに場内へ入り、殆ど客がいない物販ブースを物色してから2Fの充実したフードエリアをチェックしながらビールで乾杯!

9mmさんが終わると大勢の汗だくの客が出てきて、フードエリアと物販ブースはあっという間に人だかり。逆行するように1Fスタンディングエリアへ行くと、左右ブロックはガラガラでステージ真ん前のブロックにすんなり入れた。
横アリとはどうも相性悪く、10年ぐらい来てなかったけれど、側面にステージを配置した会場を横長に使うパターンは初めて。ステージ両サイドと、天井から吊るした4面の大型スクリーンがあって、どこからでも観やすくなって好印象だぞ。




c0024243_782259.jpg
PHANTOM PLANET(14:40~)
今年4枚目のアルバムをリリースしたLA出身の4人組。勝手なイメージでスクリーモ系かと敬遠していたため、全くの未聴でしたが、歌心のあるパワーポップということで観ることに。RooneyやOk Goといったポップなロックに近いサウンドで安定した演奏力はチャラチャラした感じはない。どうやらヒットしたらしい曲のサビを観客に振るが反応はうすっ・・1度聴けば歌えるのにねCalifornia~♪
わりとボキャブラ豊かな日本語MCで和ませ、後半にはヒネりのあるサウンドもあって、ヒマなときにでもアルバム聴いてみようかしら。(18:00ごろロビーでファンと交流しているところに出くわしたが、Vo君が男前でした!ワタシ好みではないけど。ステージの服装のままでちと小汚かった・・。)

小休憩後にスタンディングエリアへ行くと、最前真ん中ブロックは入場規制中。えーー!!!しくじったぁぁ…。仕方なくステージ向かって右側ブロックへ(泣)。

c0024243_784261.jpg
ASH(16:10~)
3月の単独と同様に"Twilight of the Innocents"のシンフォニーをSEに3人が登場し、"Meltdown"でスタート!
ティム坊の髪が少し伸びてカワイー!(髪が増えて見えたのは気のせい・・?!)マークは足が長ーく見えて、リックは角度的に見えず。
「アイルランド出身のASH」と挨拶して“Burn Baby Burn”、イントロの途中でステージ前に仕掛けていた特効が派手に爆発!観客はなかなか盛り上がっているように見えたが、お決まりの合唱パートでの右側ブロックはシーン。。。
アジカンに捧げると告げて“Kung Fu”、で、サプライズの新曲を披露!曲名を“イチバン”と言ってた?!今までになかったネオロカビリーっぽい感じでも親しみやすいところは彼ららしい。ヨコハマでPV撮るとか撮ったと言って“End Of The World”、次が最後の曲と紹介すると「えー早いよ!」とブーイング、「明日もあるから!」と笑顔で“Twilight Of The Innocents”へ。間奏でステージを歩くティム坊がこちらにやってきて、ライト当たらず暗い中だったけど少しだけ目の前で観れた!イイ子よね~歌はいつもに増してヘタっぴだったかな、はは。

set list :
1. Meltdown 2. Burn Baby Burn 3. You Can't Have It All
4. Shining Light 5. Kung Fu 6. New Song 7. Orpheus
8. End Of The World 9. Girl From Mars 10. Twilight Of The Innocents

セットチェンジ中にスタンディング・ブロックへの入場待ち行列が2Fまで連なっている光景を見て作戦変更!休憩を短めに切り上げ、後方ブロックでストレイテナーの最後の数曲を聴きながら待機。退場する人がでてから入場させるため、入場待ち用の柵前はヘンな熱気でムンムン。柵が開くと並んでいた列が勢いよく動きだし、場内は薄暗い状態なのにスタッフの誘導が分かりづらく、連れ友とはぐれてしまう・・・。

前から2つ目の真ん中ブロックで、サブステージのTHE YOUNG PUNX!を観る。ナマ演奏、アニメと実際のステージが融合した映像、コスプレとダンスのパフォーマンス、視覚と聴覚で楽しめるダンス・ミュージック!会場全体が平和に楽しく盛り上がれるアクトでした。

さすがに前方ブロックからの退場者は少ない・・が、入場者の先頭付近に居たので、何とか目的のステージ前のブロックへ入り込む。行ける所まで前に進もうとするが、広範囲に座り込んでいる若者たち、立ち上がればまだまだスペースに余裕あるじゃん(怒)!ケリー前の20数列目あたりに落ち着く。連れはしっかりワタシより10列前方におりました!

ゴッチ氏がステージに登場し、「後ろから見ていて、皆もっと大きい声をだして盛り上がったらいいのにな・・」と感じたそうで、景気づけにシコを踏む!この時の会場の盛り上がりの凄いことったら!

c0024243_79392.jpg
Stereophonics(19:00~)
暑い中、律儀にフロントの3人は革ジャンで登場!2月の単独公演には居なかったキーボードのサポートメンバーがいる!
“Bank Holiday Monday”でスタートすると、骨太でストレート、硬派なロックを聴かせる!序盤は単独のときの流れなんだけど、1stの曲“A Thousand Trees”で歓喜していた客は久しぶりにステフォを観たのかな?!
アコギとピアノ音が優しく重なっていくイントロに「あれ何だっけ?」 と耳を傾けていると・・Ba badada ba ba~♪のコーラスが始まった瞬間に飛び跳ねて喜んでしまったわー!前回の単独では演っていない“Have a Nice Day”!今は車のCMで使われてるけどね、リアルタイムで好きだったから感激!!途中で演奏を1回切って、歓声が沸き起こってきたら演奏を再開するというお決まりの演出なのだが、沸かない・・。ケリーがカモーン!と手をフリフリさせ煽ると、やっと元気な歓声があがったでしょうか。ふぅー。(冷や汗)

最初は声援や手拍子を送ってくれていた観客(アジカンファン)も、途中から明らかに退屈そうなのが分かった。寡黙なリチャードが何度もステージ前に出てきて手拍子を促す姿を見たときは、なんかもう、ごめんなさいって感じでした・・・。
やる気のない客に囲まれて1人でハジけるのも、だんだん快感になっていったりして!?

トリ前の1時間で、こんな選曲を演ってくれるなんて、ファン的には満足!!!ヘヴィで渋い曲が続いて、アジカンファンには辛かったでしょうけどね~。
“Local Boy in the Photograph” と“Dakota”で飛び跳ねて拳上げて合唱して、大汗かいて燃焼!

set list :
01. Bank Holiday Monday 02. The Bartender And The Thief
03. A Thousand Trees 04. Pick a Part That's New
05. Have a Nice Day 06. Superman 07. Vegas Two Times
08. It Means Nothing 09. Mr. Writer 10. Just Lookin
11. Local Boy in the Photograph 12. Maybe Tomorrow
13. Dakota


もぬけの殻状態になったフードエリアで食べたいもの三昧。
昨年の京都フェスのときと同じ気持ちで、アジカンフェスはもう行かないと思う。

こんなアウェーな雰囲気で観たって心底から楽しめないもん!単独観に行ったほうがイイに決まってる!

音楽的嗜好の壁はあって当然です。場所取りに躍起になりすぎてません?!コール&レスポンスは日本語も英語も変わらんって!

何ともいえないフラストレーションが物販でステフォの単独チケを買わせてしまったのである。自重していたのに・・・。

これからステフォの単独観に行って、すっきりしてこようと思います♪

悩んでいたAshは行けません・・親心より乙女心を優先してしまうイベントに行く予定なのだ。(恥)
by 033_MFS | 2008-07-22 17:49 | ♪音楽-LIVE
<< STEREOPHONICS@C... David Potts@Dru... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ