033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
STEREOPHONICS@Club Citta'(7/22)
2月の単独来日ツアー最終日に「夏フェスで戻ってくる!」と言い残したのは逆オファーだったのかもしれない・・・まさかアジカンフェスに出るとは思ってなかったけど(苦笑)、あながちウソではなかったね!?
c0024243_6244169.jpg
遠いようでそれほど遠くない川崎のクラブチッタへ行ってきました!開演予定の19:00ちょっと前に到着、客の入りはいまいちでしたが解放感のある雰囲気で、いい具合にサポートのアダム前10列目あたりまで行けちゃった。

10分押しで開演、メンバーは2日前のステージとほぼ同じ格好で(フロントの3人が革ジャン、ハヴィエは黒T→上半身裸)、“The Bartender And The Thief”からスタート!

始終、観客はノリノリで自然と手拍子が沸き起こる、旧来からのファンは一緒に歌い、熱くて温かい、そして自由に楽しむ空気が流れてました!

ここでも何度も手拍子を促してたリチャード、もちろん必死にやらなくても良い反応が返ってくるので、パフォーマンスに余裕が感じられ、渋さに人間味が加わってステキ!リチャードのカッコよさに開眼してしまった!佇まいはジェントルだけど、実は脱いだら凄いんだよね(腕の墨が・・)。

メンバーは途中からリラックスしすぎ?ってゆうぐらい笑顔が絶えなかったです。
“My Friends”ではケリーが笑って歌えてなかったし。(原因はムリな体勢で弾こうとしたアダムにあったようだが。)アダムはメンバーに明るさを与える存在で、豊かな表情を見てると微笑ましい。同じくムードメーカーのハヴィエは無駄な動きが多すぎ?と思わんでもないが、彼も脱ぐと凄いね~。(筋肉が)

gちゃんがあまりの濃い顔立ちにサングラスを取ったの気づかなかった?!というケリー、圧倒的な歌声は毎回脱帽です。“Maybe Tomorrow”の弾き語りでは、合唱せずに聴き入ってた客もよかったな~。

観客のノリといい、メンバーが楽しそうという点でも、2月の単独よりイイ内容でした~!あーすっきりしたっ!

ええ、ステフォを呼んでくれたアジカンには感謝してますとも。




2008.7.22@Club Citta'

The Bartender And The Thief
A Thousand Trees
More Life In A Tramps Vest
Pick A Part That's New
Have A Nice Day
Superman
It Means Nothing
Mr.Writer
I Wouldn't Believe Your Radio
Just Looking
Traffic
Vegas Two Times
My Friends
Devil
Same Size Feet
Bank Holiday Monday
Local Boy In The Photograph
---------------------------------------
(Encore)
Maybe Tomorrow
Dakota
by 033_MFS | 2008-07-24 06:31 | ♪音楽-LIVE
<< フジ08私的タイムテーボー NANO-MUGEN FES.... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ