033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
KYOSUKE HIMURO@Nippon Budokan(9/2)
前日に唐突なお誘いを受け、タダでいいというので、行ってきましたー!

うーっんと、ナマのヒムロックは、BOØWYの解散コンサート以来!?!
うひゃぁ~~~お久しぶりでっす...

ローティーンからもっぱら洋楽メインのリスナーでしたが、邦バンドに入れ込んでいた時期もありまして、BOØWYはある日突然ハマったら数ヶ月後に解散・・・・という短命ファンに終わった過去があったりします。
(今までの音楽嗜好の変遷史なんぞ書いてみたい気はあるのだ!ここじゃないとこでね、ふはははは。年がバレるし、軽音部時代にコピーした曲とか‘ちょっと恥ずかすぃ音楽遍歴’あるもんなぁ・・。)

長年遠ざかっていたジャンル?なので、アニバーサリーでメモリアルなツアーであることはつゆ知らず。押し入れの奥からお蔵入りマイCDコレクションを引っ張りだし、1stは記憶しておりましたが、4枚も持っていたのか・・ソロ・アルバム。でも、予習のために選んだ1枚はBOØWYのベスト・アルバム!演るのかどうかも知らないけど。
c0024243_228752.jpg
氷室京介のソロ20周年アリーナ・ツアー、発売初日に即日完売した人気公演だったのねぇ!発売日にチケをゲット出来なかった友人が、公演日の数日前に訪れていた関西の金券ショップで1枚の定価で2枚売っていたのを偶然見つけて購入したもの。友人の好意でタダ観できたわけなのです。

開演予定の10分前にブドーカンの門をくぐると、物販コーナーはシートをかけて店じまい(一時休止)し始める。スタッフは「現時点で開演が遅れるとの情報は入ってきておりません、早く入場してください」と促し誘導する。ステージの斜め横後ろの2階席に着き一呼吸したら、場内が暗転し開演。19:00オンタイム!

広~いステージはアリーナの3分の1を占めているんじゃないかな。真後ろにも観客がいる、360度観客に囲まれたセット。序盤から飛ばした曲が続く。初めて聴く曲ばかりだった(と思う)が、どれも似たり寄ったりな・・。観客はとても熱狂的だが、皆が右手を振り上げ「オイ!オイ!」とか画一的なノリでちょっとついていけない・・まぁついていく気もないが今の私は(苦笑)

サラサラヘアーのヒムロックは昔と変わらない体型で、ALL黒の皮パン+タンクトップ+上着、笑顔が多く少年っぽい若々しさ~!(来月の誕生日で48歳!)
ステージ左右の花道は真後ろまでぐるりと伸びて1周できるようになっており、花道を上がってくるときは表情が見えて楽しめたし、1階席の客と手タッチして回っているのは羨ましかった!

本編の中盤から終盤あたりで演った“B・BLUE”に大興奮!!!会場の盛り上がりも1番よかったかも。“IMAGE DOWN”もやっちゃうのにはビックリしたな~。
アンコールは20周年を迎えた感謝の気持ちを込めたMCとアコギの弾き語りで始まり、バンドのメンバー紹介で分かったのは本田氏(元PERSONZのギタリスト)だけ。聴けると思ってなかった“わがままジュリエット”は不意打ちの感動!ソロデビュー曲の“ANGEL”で締めて、21:30に終わった。ヒムロックの魅力に満ちたライヴで、好きだった歌声は、今も素敵でした♪
前日のセットリストもチェックしたら “季節が君だけを変える” “Marionette” “CLOUDY HEART” 演ってた~!!





BOØWY - B・BLUE (1986)
シングルでこの1曲!といえばコレかな。いやぁ、ベスト盤聴いていて恥ずかしくなったのはほとんどの曲の歌詞がクサい・・・。ヤンキーの書いたラヴソングって感じ?!(苦笑) いわゆるジャパニーズ・ビートロック全盛の時代で洋楽にない刺激を受けたけれど、今となっては懐かしい青春の1ページって事で・・・。フォロワーといわれてる今のバンドにはさっぱり興味ないし。。その後ソロでも活躍のヒムロックとHOTEI、カリスマが2人いたという事実は伝説たりえる!


氷室京介 - ANGEL (1988)
ギター弾いてるのは当時まだ20歳のチャリ坊(Charlie Sexton)!シングル買ったしヒムロックに最も燃えていた頃でしたね~。4年前のことですが、氷室サンのセレブっぷりが確かめられるABC振興会の記事も貼っておくわ。


Charlie Sexton - Beat's So Lonely (1985)
おぉ!今、聴いてもトキメキますよコレは♪ 視覚的にも楽しめるPVはコチラで!
17歳でこの渋い歌声はヤバイ!ルックスの良さが災いして、アイドル扱いされちゃってましたからねぇ。かくいうワタシもミーハーなファンだった・・・。
チャリ坊は以前にもちょこっと記事にしてまして(shindouさんとukmaniaさんからナイスなコメント頂いてました!)、きっと潜在意識に残ってるんでしょうな。今のライヴも観たいわー
by 033_MFS | 2008-09-07 23:27 | ♪音楽-LIVE
<< WEEZER@Zepp Tok... Summer Sonic &#... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ