033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
WEEZER@Zepp Tokyo(9/12)
今月は上期末につき残業続きで定時上がりの目論見は甘かった・・最前狙える良番チケを無駄にせざるを得ない事態となり、開演ギリギリに会場入り。
早くも場内が沸き小さい音が漏れてきたけれど、構わずドリンクを引換えてから一番近い入り口の右側後方から入っていくと、完売とはいえ混雑しすぎ~!と思ったら数メートル先にリヴァース!?
c0024243_23423920.jpg
バンドが指定した曲をファンと一緒に演奏するという趣旨のフーテナニー(聴衆参加のフォークソング集会)をスタンディングエリア後方で行っていたのだ!
“Island In The Sun”、“El Scorcho”、“Beverly Hills”の3曲をファン8人と共演しながら(とはいっても後段エリアはキツキツでほとんど姿は見えず・・)、「ぞうさん」の歌を観客に歌わせたりリヴァースの絶妙な日本語による進行と、ゆる~く和む雰囲気でのスタートになりました。

“Beverly Hills”の最後をファンだけに任せてバンドはメインステージに移動、息つく間もなく“Buddy Holly”!フーテナニーのスペースが空くと客がわんさと降りてゆき視界が開けると、遠目ながらもリヴァースの中年の危機を迎えたルックスに驚いてしまった・・。新譜中心ではなく全アルバムから満遍なく選曲され、続けざまに演奏していったかしらん。1Fの後段は音響が悪すぎて、音や演奏がダイレクトに伝わってこなかったのよねぇ...。
歌声はなかなか調子よさそうでしたけど、伸びのある声はブライアン(g)だったりして、リヴァース以外のメンバーがメインで歌うのがやや多かったかなぁ・・。
中盤以降は日本語MCが弾み「ポカリスエット フタツ(?)クダサイ」「ブライアン君ハカッコイイネ チョーカッコイイ」。

本編は1時間ちょいで終わり、アンコールに期待するが、あっさり2曲で終わってしまった。しかも、ワタシがあまり聴いていない新譜から・・。「ポカリスエットデハアリマセン デモオイシイデスヨ」「モウスグオワリマスヨ ゴメンナサイ」などやけにMCが印象に残るライブでした。。

熱心なファンではないのだけれど、3年前にスタジオ・コーストで観たライブがとても良かったから迷わずチケを取ったんだが、全体的に中途半端で物足りなかったデス。“No One Else”と“Photograph”演ってたらポイント上がっていたかも。後方の残念な環境で観ていたせいもあるんでしょうが、最前列で観た友人たちも、うーん、イマイチ・・という反応で、“Island In The Sun”はバンドの演奏で聴きたかった!というのが共通の本音でしたー。Weezer Festivalで本気を出したのかな?!




2008.9.12@Zepp Tokyo

Island In The Sun
El Scorcho
Beverly Hills
Buddy Holly
Dope Nose
Pork And Beans
Why Bother
Hash Pipe
Say It Ain't So
My Name Is Jonas
Pink Triangle
Susanne
Undone(The Sweater Song)
Keep Fishin'
Perfect Situation
Troublemaker
---------------------------------
(Encore)
Automatic
Greatest Man That Ever Lived
by 033_MFS | 2008-09-15 23:40 | ♪音楽-LIVE
<< TAHITI 80 Acous... KYOSUKE HIMURO@... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ