033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
FUJI ROCK FESTIVAL '08 (7/25~27) Day3&番外編
マイペースなレポたち、覚えているうちに書き留めておいたラフな下書きに友人との会話や皆さんのレポを読んで思い出したことを加筆して仕上げてたりするんですが、3日目については下書きしておらず・・1から書くのはしんどかったぁー!個人的な覚書き+番外編も一緒にまとめて遅すぎたフェスレポを完結しま~す。ふぅ、これで長い夏がやっと終わった感じ。




【7/27(Sun)】
前日の過ごし方が気に入り、また下界で食料を調達してからドラゴンドラに乗り山上で優雅なブランチ。前日よりほんの数十分出遅れたら、行列ができはじめ順番待ちのロープが張られ、10分ぐらい待って乗ることに。先発隊が到着したとき再びSpoonのメンバー?!が居たそうで、苗場を発つ前に早起きして来ていたのかと思うと好感が増します!まぁ控え目な方もいれば、生ビール売り場や下山乗り場の行列を当然のように割り込みしていたミュージシャンもいまして・・見知らぬ顔だったのでTV放送の映像で確認してやろうと思ってます(苦笑)
昼過ぎの山上は激混みで30分近く並んで下山できた~。
c0024243_695298.jpg
↑サンデーブランチはこんなんです。写真には写ってないけどレタス、きゅうり、トマトといった生野菜もバランスよく摂ってるよん!

“MYSTERY JETS”〈W・14:10~〉 【→ライブ写真はこちらこちら
下山してすぐの移動が面倒だったのと、雲行きが怪しかったのと、ヘンリーパパがライブに参加しなくなったとのことで諦めちゃった・・。でも、ゲスト出演してたんだよねぇ。単独観に行きまっす!

“JAKOB DYLAN OF THE WAKKFLOWERS”〈G・14:20~〉 【→ライブ写真はこちら
基地から渋くて味わい深い歌声を心地よ~く聴いていたら・・・激しい雷雨に!天気予報は降水確率高かったけど、一か八かで通り雨程度ならしのげる雨具しか持参しておらず、このまま乗り切るのはムリと判断して基地を撤収して1人宿に戻る。

“THE FUTUREHEADS”〈W・15:40~〉 【→ライブ写真はこちら
前夜のパレスで一緒に写真に収まってくれた兄弟には申し訳ないっ!単独での来日をお待ちしてまーす。

“STEPHEN MALKMUS & THE JICKS”〈W・17:10~〉 【→ライブ写真はこちら
身近の何人かが3日目のベストアクトに挙げていたのを聞いて後悔したわよ。。最近のインタビューでペイヴメントの再結成は‘もしかして’あるかもしれない、と語っていたのでそちらに期待!?

“THE BREEDERS”<ザ・ブリーダーズ>〈W・18:50~〉
宿の熱湯風呂でリフレッシュし、雨具完全装備でホワイトステージへ向かうと、雨足が弱まってきてほのかに夕焼けが・…。Pixies紅一点ベーシストのキム・ディール率いるバンド!フジ仲間の黒一点がキム姐の熱烈ファンで、Pixies後追いファンでBreedersをよく知らなかった私が5年前のクアトロ単独を観るという貴重な機会を逃さなかったのは友人のおかげ。
あのときメンバー4人が横一列に並び中央にドラムというのが印象的でしたが、今回はサポート?の女性ギタリストが加わった5人編成で、横一列に並ぶスタイルは変わってなかったけど、ドラムとベースの男性リズム隊は右端だったね。

“No Aloha”でゆる~く穏やかにスタート、スローテンポからロック調に変化していくと歓声が湧きあがる!私は1人でセンター20列目あたりで観ていたのですが、年齢層高めの観客が多い中で周囲はMCに反応できる外国人や飛び跳ねてノッテる人が集まり、程よくハジけられた!比較的短い曲ばかり、親しみやすさとカッコよさが同居した感じがイイ、キムの独特なハスキーボイスが素敵♪
曲間でのキムと双子の姉ケリーの漫談のような雑談MCがのん気でダラダラしていて・・・くつろぎ過ぎー。出身地のオハイオと日本語のオハヨーが似ている、キャンプ組の人は?とか姉妹のいる人は?と他愛ないことを振ってはガハハと大笑いして下町のオバちゃんみたいでした、姐さんたち。
大好きな『Last Splash』、あまり聴いてない新譜、音源持ってないThe Ampsの曲を中心とした選曲で、“Divine Hammer”や“Cannonball”は後半から終盤にやって欲しかったなと思ったり、何より持ち時間の50分満たずに終わってしまい名残惜しかった~。ホワイトより小さいステージのほうがよかったかもね。【→ライブ写真はこちら
set list:
01. No Aloha (From "Last Splash")
02. Walk It Off (From "Mountain Battles")
03. Bang On (From "Mountain Battles")
04. Pacer (From "Pacer" @ The Amps)
05. Divine Hammer (From "Last Splash")
06. Night Of Joy (From "Mountain Battles")
07. New Year (From "Last Splash")
08. Cannonball (From "Last Splash")
09. Happiness Is A Warm Gun (From "Pod" @Cover From The Beatles)
10. Regalame Esta Noche (From "Mountain Battles")
11. Drivin' On 9 (From "Last Splash")
12. Tipp City (From "Pacer" @ The Amps)
13. Empty Glasses (From "Pacer" @ The Amps)
14. Saints (From "Last Splash")
c0024243_2130821.jpg

“CSS”<カンセイ・ジ・セール・セクシー>〈R・20:30~〉
開演間際に行くと満員でPA横から観る。日系ブラジル人のラヴフォックスちゃんをはじめとして元気な女子4人+男性2人?のディスコ・パンク・バンド、元TCTCのジョン(ds)が加入したとのことだがステージはほとんど観えない状態。
演奏力は思っていたよりしっかりしてましたけど、似たような曲調が多くて飽きてしまった・・。曲を知らなくても単純に楽しめるエンターテインメント性は高い!サイン会の参加券は早々と予定枚数が完了し、来日ツアーの東京公演が完売しているなど、日本での人気の高さすごいのね~。 【→ライブ写真はこちら

“PRIMAL SCREAM”<プライマル・スクリーム>〈G・21:30~〉
メンバーが出てくると側にいた女性が「ボビー昨日と同じ衣装だ・・」とつぶやいてました。ワタシは「あ、バーリーまだいたのねぇ、何か前より目立ってるぅ・・」。客の入りはさみしい感がありましたけれど、トリらしく幅広い観客にアピールするロックンロールショーを繰り広げてくれました!一緒に観てた初見の連れは軽く圧倒されてましたし。前日に続いてのラヴフォックスちゃんとの共演では笑顔でコミカルな動きで応じてたボビーに危ういオーラはなかった・・。実は苗場までの車中で新譜を聴いてみたら眠気を誘われてしまったのよねぇ。悪くはないんだろうけど、プライマルらしい面白さは足りないかなぁ。 【→ライブ写真はこちら
set list:
01.Accelerator 02.Dolls (Sweet Rock and Roll)
03.Miss Lucifer 04.Jailbird 05.Beautiful Future
06.I'm Losing More Than I'll Ever Have 07.Kill All Hippies
08.Suicide Bomb 09. I Love To Hurt (You Love To Be Hurt)
10.Shoot Speed Kill Light 11.Swastika Eyes
12.Movin On Up 13.Country Girl
(Encore:) 14. Loaded 15.Can't Go Back 16.Rocks

“THE MUSIC”〈W・22:30~〉 【→ライブ写真はこちら、トークショー&サイン会の写真はこちら】 入場規制寸前の盛況だったそうで、単独公演が楽しみ!

“NEON NEON”<ネオン・ネオン>〈R・23:00~〉
Super Furry Animalsのグリフとソロ・アーティスト兼プロデューサーのBoom Bipによるユニット。今となれば、サマソニのスーファリよりこちらのグリフのほうが新鮮に映って素敵でした~。グリフとは対照的でチビ・デブ・ハゲの3拍子が揃ったHar Mar Superstar(ショーン・ティルマン、お下品でも憎めないキャラ!)の乱入でうっとり気分から一気にお笑いモードへ。最後にオモロイもん見せてもらった! 【→ライブ写真はこちら

3日目のベスト・アクトは、ライヴとしての完成度は断然プライマルなんだけど、レア感が勝ってThe Breeders!!雨上がりのシチュエーションもよかった!

*フル観したアクトは太字

♪番外編♪
総括的な所感はどんどん長文になっていくので割愛しますが・・・思い出すのは楽しかったことばかり!!フジはサマソニの何倍もの距離を歩くのに疲れても、サマソニとは違う爽やかな疲れなんだよね~。

【私の瞳がハートになった出演者】
記事がダラダラ長くなろうがこのコーナーは割愛しませんよ!
c0024243_21172433.jpg
グラントには乙女心と母性本能もくすぐられてしまうのよね。むふふふ。
c0024243_2118189.jpg
c0024243_2018459.jpg(↑左)Jason Falkner
才能溢れる微笑の貴公子は
爽やかで素敵なんです!

(↑右)David McCabe
(vo&g/The Zutons)
パワフルな歌声とオフステージのあまのじゃくっぷりも憎めないキャラで好き!

(→)おまけ
Feederのサポート・ギタリストDeanが手にしているモノは・・!

【スライドショー・FRF08の思ひ出・出演者Zutonsほか】
c0024243_618947.jpg
①Zutonsアコースティック・ライヴ@インターFM出演!
【Zutonsサイン会より】
②メンバー和気あいあい!デイヴ以外は・・
③キュートなアビちゃん!
④反応がいいっすラッセル!
⑤メンバー3人と一緒にGちゃんと筆者も一瞬登場!
⑥デイヴだっておだてればノリノリさ!
⑦アビちゃんのオフショット、自然体で何をやっても可愛い!
【2日目深夜のパレスにて】
⑧Futureheadsのハイド兄弟となんちゃってカップルショット!
⑨Primalのマニ~!めっちゃイイ人で感激!!
⑩酔っ払ったデイヴ・・ganちゃんのメガネを取り上げてご満悦!

えっーと、今年のフジベスト・アクトはサイン会もろもろ併せてThe Zutons!
ここまで完読いただいた方、お疲れさまです・・・来年はもっと早く書きます!
by 033_MFS | 2008-09-29 23:55 | ♪音楽-LIVE
<< 期末が終わったら・・・ FUJI ROCK FESTI... >>


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ