033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
カテゴリ:映画( 41 )
PJ20 パール・ジャム トゥウェンティ
PEARL JAM TWENTY

1990年代前半、シアトルを中心に商業主義ロックに対抗する流れで生まれたオルタナティヴ・ロック・ムーブメントが若者の間で大流行。ニルヴァーナと共にグランジ・ロックと呼称され世界的にも反響を及ぼし、現在もUSロック界を代表するバンドとして活躍中のパール・ジャムのデビュー20周年を記念したドキュメンタリー。
c0024243_8332414.jpg

音楽ジャーナリストであり、『あの頃ペニー・レインと』でアカデミー脚本賞を受賞した、20年に渡りパール・ジャムと深い友好関係のあるキャメロン・クロウ監督によって、1200時間もある膨大な映像素材から編集された貴重な未公開映像が満載となった作品。デビュー当時やブレイクの様子、また演奏中に死傷者を出したロスキルド・フェスティバルの映像など、彼らのさまざまな側面から、独自の視点で“パール・ジャム“の軌跡を紡いでいく。

【監督・編集】 キャメロン・クロウ
【出演】 パール・ジャム(エディ・ヴェダー、ジェフ・アメン、ストーン・ゴッサード、 マイク・マクレディ、マット・キャメロン)、 クリス・コーネル、 カート・コバーン、 ニール・ヤング 他
2011年 / アメリカ / 123分 <第36回トロント国際映画祭プレミア上映作品

◆英語オフィシャルサイト
◆日本語オフィシャルサイト


◆『パール・ジャム20』 トレーラー映像

More
by 033_MFS | 2011-10-16 23:57 | 映画
100,000年後の安全
INTO ETERNITY

原発から生まれる放射性廃棄物の放射能レベルが生物に無害になるまでには、最低10万年を要すると考えられている。

........映画『100,000年後の安全』

【毎日、世界中のいたるところで原子力発電所から出される大量の高レベル放射性廃棄物が暫定的な集積所に蓄えられている。その集積所は自然災害、人災、および社会的変化の影響を受けやすいため、地層処分という方法が発案された。フィンランドのオルキルオトでは世界初の高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場の建設が決定し、固い岩を削って作られる地下都市のようなその巨大システムは、10万年間保持されるように設計されるという。
廃棄物が一定量に達すると施設は封鎖され、二度と開けられることはない。しかし、誰がそれを保障できるだろうか。10万年後、そこに暮らす人々に、危険性を確実に警告できる方法はあるだろうか。彼らはそれを私たちの時代の遺跡や墓、宝物が隠されている場所だと思うかもしれない。そもそも、未来の彼らは私たちの言語や記号を理解するのだろうか。】

フィンランドのオルキルオトに建設中の、原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場"オンカロ(隠された場所)"と呼ばれる施設に、世界で初めてカメラが潜入したドキュメンタリー作品。

【監督・脚本】 マイケル・マドセン
2009年/デンマーク、フィンランド、スウェーデン、イタリア/79分/英語
■2010年パリ国際環境映画祭グランプリ
■2010年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀グリーン・ドキュメンタリー賞受賞
■2010年コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭 有望監督賞受賞


◆公式サイト (↑の画像クリックでも飛びます)

More
by 033_MFS | 2011-05-12 23:40 | 映画
ブライトン・ロック
Brighton Rock

文豪グレアム・グリーンの名作の映画化。英国南部の行楽地ブライトンを舞台に、不良少年と純情少女の偽りの関係を軸に語られる、愛と裏切りの物語。 『コントロール』で鮮烈な印象を残した主演のサム・ライリーに注目!
c0024243_51230.jpg
 © 2010 StudioCanal S.A/UK Film Council/BBC

【1964年ブライトン。静かなイギリスの海辺の町に、犯罪組織が入り込んできた。野心的な若いギャングのピンキー・ブラウンは、他のギャングたちが縄張りを乗っ取ることを阻止しようと躍起になっている。しかし、ピンキーがライバルを殺した瞬間、何も知らない若いウェイトレス、ローズの手に重要な証拠が渡ってしまう。ピンキーはローズがしゃべらないように誘惑するが、ローズの雇い主アイダが、この事態に深い興味を持ってしまう。死刑廃止の1年前、ピンキーは自分を裏切らないと、ローズを信用できるのか? そしてローズは、ピンキーが自分を犠牲者にさせないことを、信じることができるのだろうか?】

【監督/脚本】 ローワン・ジョフィ 【製作】 ポール・ウェブスター
【原作】 グレアム・グリーン 【撮影】 ジョン・マシソン
【出演】 サム・ライリー/ヘレン・ミレン/アンドレア・ライズボロー/
ノンソー・アノジー/フィル・デイヴィス/ジョン・ハート
2010年/イギリス/111分
■第23回東京国際映画祭コンペティション参加作品

以上、東京国際映画祭の作品紹介より引用

日本で劇場公開されるかわかりませんが・・
by 033_MFS | 2010-11-03 23:40 | 映画
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
THE HANGOVER

【結婚式を2日後に控えたダグは、独身最後の夜を満喫するため、悪友2人と新婦の弟を連れラスベガスへ向かう。高級ホテルに泊まり酒やギャンブルでバカ騒ぎをした男たち、翌朝ひどい二日酔いから目覚めると、部屋は滅茶苦茶でダグの姿はなく、代わりに1頭の虎と赤ん坊がいた……。重度の二日酔いで何も思い出せない彼らに、一体なにが起きたのか!?】

c0024243_2362098.jpgc0024243_237823.jpg
比較的低予算で大スターが出演していないにもかかわらず、全米で大ヒットを記録し、ゴールデングローブ賞の作品賞にも輝いたコメディ映画。コメディは米国外ではヒットが難しいという従来の常識も打ち破り、世界27カ国で第1位を獲得!
結婚式を間近に控えた花婿と友人たちが独身最後のバカ騒ぎをしようとラスベガスに繰り出すが、ハメを外し過ぎて花婿が行方不明に。2日酔いで花婿を探す男たちのドタバタを描く。主演は『バレンタインデー』のブラッドリー・クーパー。

【監督/製作】 トッド・フィリップス 【脚本】 ジョン・ルーカス&スコット・ムーア
【出演】 ブラッドリー・クーパー/エド・ヘルムズ/ザック・ガリフィアナキス
ヘザー・グラハム/ジャスティン・バーサ/マイク・タイソン
2009年/アメリカ/100分
■第67回ゴールデングローブ賞受賞:作品賞(ミュージカル・コメディ部門

◆公式サイト

More
by 033_MFS | 2010-07-19 22:10 | 映画
パイレーツ・ロック
The Boat That Rocked

【1966年、ローリング・ストーンズ、ビートルズ、キンクス、フー…ブリティッシュ・ロックが絶頂期だった頃、イギリスでは民放ラジオ局が認可されていなかった。BBCラジオが流すのはクラシックやジャズばかり。ポップ・ミュージックの放送は1日45分間に制限されていた。「もっと聴きたい。もっと聴かせたい」そこで北海に飛び出し、イギリスの法律が適応されなくなる距離まで沖合に出て、停泊した船の上から放送する海賊ラジオ局が生まれた。海賊放送の“ラジオ・ロック”は1日24時間ロックを流し若者に圧倒的な支持を受けていた。 しかしその一方、政府はこの海賊ラジオ局を潰そうと画策していたのだった・・・。】
c0024243_14412458.jpg
「海賊ラジオ局」を舞台に、ロック&ポップ音楽に情熱と愛情を注ぐDJたちと、彼らとともに暮らす人々を描いた群像劇。 監督・脚本は『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス。監督自身が、枕の下に隠したラジオで海賊放送を聴いていたという幼少の頃の思い出からインスパイアされたという痛快ロックンロールエンタテインメント♪

カリスマDJ“ザ・カウント(伯爵)"には、『カポーティ』のオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマン。ラジオ局のドンには『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのビル・ナイ、大臣役には『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のケネス・ブラナーと演技派が結集。さらに『ノッティングヒルの恋人』のリス・エヴァンスに加え、トム・スターリッジ、トム・ウィズダムといったイケメン若手俳優の演技も必見。

【監督・脚本・製作総指揮】 リチャード・カーティス
【出演】 フィリップ・シーモア・ホフマン / ビル・ナイ / リス・エヴァンス /
ニック・フロスト / ケネス、ブラナー
2009年/イギリス・ドイツ/135分

◆公式サイト

《10月24日(土)TOHOシネマズ六本木ヒルズ・みゆき座他全国ロードショー》

More(公開前につきネタバレ控えめなつもりですがご注意を!)
by 033_MFS | 2009-10-19 23:59 | 映画
リミッツ・オブ・コントロール
The Limits of Control

【 「自分こそ偉大だと思う男を墓場に送れ-」 という不可解な任務を与えられ、一人の男(イザック・ド・バンコレ)がスペインにやって来た。 “孤独な男”なるコードネームを持つ彼の前に、彼同様にコードネームを持つ名もなき仲間たちが現れ始める。任務を遂行するために一切他人を信用せず、計画の目的など謎に包まれたまま、スペインの様ざまな街を巡り、依頼主の標的を探すが……。】
c0024243_23505163.jpg
ジム・ジャームッシュが『ブロークン・フラワーズ』以来、約4年ぶりに放つ新作。ウォン・カーウァイ監督の長年のコラボレーターで独特なカメラワークで知られるクリストファー・ドイルを迎えて描く、孤独な男のロードムービー。
主演はジャームッシュ作品の常連俳優イザック・ド・バンコレ、共演には同監督の過去作にも出演した多国籍な俳優陣が集結し、新しい顔ぶれとしては気鋭のメキシコ人俳優ガエル・ガルシア・ベルナルも出演。色彩の国スペインでオールロケを慣行して描き上げた、色鮮やかな映像世界が見どころ。

【監督・脚本】 ジム・ジャームッシュ 【撮影】 クリストファー・ドイル
【出演】 イザック・ド・バンコレ/ ティルダ・スウィントン/ 工藤夕貴/ ガエル・ガルシア・ベルナル/ ジョン・ハート/ ビル・マーレイ
2009年/スペイン・アメリカ・日本合作/115分

◆公式サイト

More
by 033_MFS | 2009-10-19 23:57 | 映画
パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフ
Patti Smith: Dream of Life a film by steven sebring
c0024243_23595653.jpg
パティ・スミス(1946年生まれ)。1970年代に頭角をあらわし、類まれな音楽性と怒りを表現した詩、独自のスタイルを貫くパフォーマンスでミュージックシーンを刺激しつづけてきた伝説のロッカー。 パンクの女王とも呼ばれ、また同時に、詩、映画、写真など多岐にわたる分野で活躍するアーティストであり、社会活動家であり、母であり、娘であり、ひとりの女性である。 そんな‘ひとりの人間’としての姿を収めたドキュメンタリー映画。

95年に音楽誌の撮影で写真家としてパティと出会ったスティーヴン・セブリングが、彼女の人間的魅力に惹かれ、映像を撮りたいと申し出て撮り続けたもの。11年間にも及ぶ密着取材で記録された映像を中心に、ライブ・パフォーマンス、自身による解説、インタビューを通して彼女の半生、精神性、哲学を解き明かしていく。 ナレーションをパティ自身が即興で担当している。

【監督】 スティーヴン・セブリング 【出演】 パティ・スミス、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、レニー・ケイ、サム・シェパード、マイケル・スタイプ(R.E.M.)
2008年 / アメリカ / 109分 <08年サンダンス映画祭撮影賞受賞>

◆映画公式サイト
◆パティ・スミス(Wikipedia)

More
by 033_MFS | 2009-09-12 23:50 | 映画
その土曜日、7時58分
Before the Devil Knows You're Dead

c0024243_15161145.jpg【ニューヨーク。一見、誰もがうらやむ優雅な暮らしをしていた会計士のアンディ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、離婚した元妻のもとにいる娘の養育費もまともに払えない弟ハンク(イーサン・ホーク)に禁断の企てを持ちかける。それは、実の両親が営む宝石店への強盗計画だった。盗む宝石には保険がかけられており、闇でさばけば誰も損はしないという筋書きがあったからだ。
その土曜日、7時58分。最悪の誤算を引き金に、次々にあらわになる真実。そして急速に追いつめられていく二人の運命は・・・。】

ある兄弟が企てた強盗計画が、とある誤算を引き金に思いがけない悲劇を招いていくサスペンス・ドラマ。『十二人の怒れる男』『セルピコ』『狼たちの午後』『ネットワーク』など半世紀以上もの間、緻密かつ硬派なドラマを撮り続けてきた現在84歳(!)の名匠シドニー・ルメットの監督45作目。
『カポーティ』でアカデミー賞主演男優賞を獲得したフィリップ・シーモア・ホフマンと『トレーニング デイ』のイーサン・ホークが主人公兄弟を演じている。斬新でスリリングな展開と人間の本質をあぶりだす重厚な人物描写、さらには実力派キャストのリアルな熱演が見どころ。

【監督】 シドニー・ルメット 【脚本】 ケリー・マスターソン
【出演】 フィリップ・シーモア・ホフマン/イーサン・ホーク
アルバート・フィニー/マリサ・トメイ/ローズマリー・ハリス
2007年/アメリカ・イギリス/117分
■2007年 NY批評家協会賞(功労賞:シドニー・ルメット)、LA批評家協会賞(功労賞:シドニー・ルメット、助演女優賞:エイミー・ライアン)、ゴッサム賞(ベスト・アンサンブル・キャスト賞)ほか各賞を受賞。

◆公式サイト

More
by 033_MFS | 2008-11-03 23:40 | 映画
キャメ嬢が丸の内に!
やって来るというので、定時後ダッシュで行ってみたよ。

今月16日から公開される、映画『ベガスの恋に勝つルール(What Happens in Vegas)』のPRで来日中のキャメロン・ディアス(Cameron Diaz)とアシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)が丸の内 MY PLAZAで宣伝イベントを行うとのタレコミを得て、17:35に着くと大勢の見物客が集まってました!

なんで居たのか分からない次長課長と、キャミーをエスコートしていた明石家さんまはどぉでもよくって・・・アシュトンは“年の差カップル”が話題となったデミ・ムーア夫人を伴って登場。(デミ全然見えなかったよぅ・・・)
c0024243_1204420.jpg
目一杯手を上げて、観衆の頭上越しの撮影。
c0024243_121620.jpg
なんとかもっと見える位置に移動するも背中越しが精一杯か・・。
c0024243_1213247.jpg
更に頑張ってみるが・・・おみ脚が視界に入らないぞ。

果たして美脚は見れたのか・・・??
by 033_MFS | 2008-08-07 01:39 | 映画
My Favourite Actress
ケイト・ブランシェット大好きっ!この10年、私の中で不動の1位です。
主演、助演とダブルノミネートされていたアカデミー賞は惜しくも受賞ならず。
c0024243_03252.jpg
4月には第3子を出産予定だそうです、妊婦姿もべっぴんさん!
◆Cate Blanchett(Wikipedia)

『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観てきました。ケイトの演技は堂々たるもので素晴らしかったのですが、映画に関していえば終盤は失速してしまった感が否めず・・。予算不足な感じ、人物描写の希薄さ、イロイロ中途半端だったかな。俳優陣の演技力の高さは観る価値があると思います。個人的にはリス・エヴァンスの出演が嬉し~!のと、サマンサ・モートンもなかなかの演技派だなと感心。

今月は他にも 『ミスター・ロンリー』 『チーム・バチスタの栄光』を観たけれど、感想を書きたい意欲は沸かなかったのだ。バチスタは期待しないで観たので、犯人探しストーリーとバチスタ手術は何ぞやか分かってそれなりに面白かった。けど、TVの2時間ドラマでいいかも。ロンリーのほうは正直、退屈でした・・・・。これから楽しみに観ようとしている方には申し訳ない、辛口感想悪しからず。

ケイトのコスチュームものも良いですが、作品によって印象が変わるカメレオン女優なので、七変化演技が楽しみ!助演女優賞にノミネートされた作品が、GW公開予定。音楽モノ映画好きは必見ですね!その前に 『コントロール』 も当然観るわよ!こちらはサマンサ・モートンが出演してます。

『I'm Not There』-ボブ・ディランの半生を6人の俳優達が演じる伝記映画、5人の男優にまじって、ディランを演じてます!(亡きヒース・レジャーも出演)

c0024243_035018.jpgc0024243_041334.jpg

『インディ・ジョーンズ』シリーズの第4作目の公開も控えてるのか。コレは世間の評判を聞いてから観に行くか決めよっと。
by 033_MFS | 2008-02-29 06:19 | 映画


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ