033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
<   2005年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
SOUL OF どんと 2005@AX(1/30)
ローザルクセンブルグ、ボ・ガンボスのボーカリストどんとさん(2000年1月旅行先のハワイで急病のため37歳で帰らぬ人となってしまった・・)のトリビュートライブ。
ローザ、ボ・ガンボスのメンバーをバックにゲストが2曲ずつ唄っていく。くるりの岸田クンとTHE PRIVATESの延ちゃん目当てで行ったが、清志郎の存在感には敵わない。
ソウル・フラワー・ユニオンやTHE GROOVERSの方もイイ味出してた。

どんとさんの音楽きちんと聴いたことなかったけど、今日あらためてブルース、R&B、ソウル、ファンク~ロックンロールなど多彩な音楽性を知って楽しめた!今年で3回目のイベント(法事?)らしいが次回も行ってみたい。

岸田クンたらメガネ無し&タッキーのような髪型で何だか色気づいてたな。

昨日購入の新譜。
♪Worlds Apart / ...AND YOU WILL KNOW US BY THE TRAIL OF DEAD
長~いバンド名。「ロックとクラシックの融合」という新作はヘヴィでエモーショナルだけどメロディアスという基本は変わっていないようだ。音楽性とアートワークがSmashing Pumpkins に通じるものを感じる。迫力ある(という)ライブを早く見たい!
by 033_MFS | 2005-01-31 00:45 | ♪音楽-LIVE
今年初の新譜買い
♪I'm Wide Awake, It's Morning / BRIGHT EYES
♪Digital Ash In A Digital Urn / BRIGHT EYES

昨秋“Vote For Change <反ブッシュ>Tour”でREMとB・スプリングスティーンと共演していた初々しい青年にただならぬオーラを感じて音源知らず先物買いで来日公演行きを決めたBRIGHT EYES。
アコースティック編とエレクトロニック編の2枚を同時にリリース。フォークの良さが未だよく分からない私は後者のポップ調のほうが好み。

♪Universal Audio / THE DELGADOS
昨年の作品だけどイイ感じ!同じくグラスゴー出身のベルセバやTEENAGE FANCLUBに通じる心地よいポップ。これは来日公演行くべきだな、うん。
by 033_MFS | 2005-01-28 00:37 | ♪音楽-レヴュー
グリルエフ@五反田
1年に1~2回季節メニューを求めて訪れるお店。
看板にはフランス料理とあるがちょっと高級な洋食屋さんという感じ。
創業(1950年)以来、作り足し続けているデミグラスソースで煮込んだビーフシチューやタンシチューが有名。
季節の食材とは『牡蠣』のことでスペルに“r”の付く月は食すことができる目安になるそうだ。(September~April)

More
by 033_MFS | 2005-01-26 23:54 | 雑記(グルメ・旅)
MAHARAJA@六本木
会社の送別会2次会でマハラジャへ行ってきた。そう、あのバブル時代に有名なディスコのこと。80's音楽が再認識され始めあの時代を懐かしむ世代が再び足を運ぶようになったと聞いていたので興味本位で参加した。
料金は男性3500円・女性2500円3ドリンク付だが大人の集いのため4000円フリードリンクのVIPルームへ入る。行った日のジャンルは80's DISCO HITSということだがテクノでパラパラなんかやってるんでしばらくは静観していた。
ABBAの曲が流れ出番とばかりにフロアへ出ていきEARTH WIND & FIREで歓喜した。同僚たちの中には10分ほど踊ると疲れて席に戻っていたが余裕で踊り続けられる自分に普段LIVEで鍛えているからさっ!と小さな優越感。
80'sより70'sて感じもしたけどまっいいか。終電見送り上野で飲み明かしたのだった。
by 033_MFS | 2005-01-23 00:49
Ash★2days(1/17,18@AX)
まだ興奮覚めやらぬって感じなのでミーハーに写実的に書いちゃう。
今回は両日ともチケットの整理番号が良かったので気合をいれて(=早退して)最前列を目指す。
最新作がヘヴィーになったことで暴れん坊の観客が増えてきたことは昨年のフジで体感済みだがステージまで2、3mほどの至近距離の醍醐味を味わうチャンスを逃すわけにはいかない!

初日は狙い通りティム(Vo・中央)とシャーロット(G・左側)の間をキープするも開演した途端にビール入りコップをステージに投げつけたヤツがいて軽いしぶきを浴びる。少しでも前に行きたいが為の押し合いで後ろからン十人分の体重圧で手すりに挟まれて内臓がはちきれんばかり。
そこはシャーロット嬢目当てで野郎率が高い危険エリアだったのだ。終演までに何人が頭上を乗り越えていったことか・・。自分と他人の汗でTシャツはびしょ濡れ、最前列って体力要る。

前日の過酷な環境に耐えかねて翌日はティムとマーク(B・右側)の間へ場所変えしたら女子率高くて耐えられる感じ。
マークは以前からMCは一切しないし独特な動きでひたすら弾くって感じで注視したことがなかったが観客全体を見渡しながら視線で応えていることに今更気づく。
観察していると何度も目が合うのだがノリノリで合唱してると「いいぞっ!」と言ってるような顔でニヤリと笑い返してくれる。皆が歌ってるのに歌ってないと駄目出しの視線を送るそうだ。(友人談)

人柄のよいバンド(特にティムは)だと思う。
最前列真ん中の客にピックを渡し損なったらマイクスタンドにピックを取りに戻って再び渡しに行く律儀さ。
ただの人手不足かもしれないがローディのところへ出向いてギターチェンジするところも謙虚だ。
まだ駆け出しのギター小僧って感じで(いつでもフライングV!)始終ニコニコして嬉しそうにプレイする姿は微笑ましい。終盤に客が投げたペットボトルの水しぶき浴びても笑ってたし。

新旧取り混ぜファンが聴きたい初期の曲も選曲して期待を裏切らない、また意外な曲も聴けた。(そりゃ聴きたかったのにぃていうのも4、5曲あるけど。1h20mとちょっと短いのが唯一の不満かな)
演奏力は米国ツアーで鍛えられたせいか骨太になって安定感があった。
2連ちゃんが限界と思えるハードな体験であったが満足度かなり高し。楽しかった!サイコー!!

肋骨触ると痛い・・。

【セットリスト】
1. Meltdown, 2. Girl From Mars, 3. Cherry Bomb, 4. Evil Eye, 5. Clones, 6. Shining Light, 7. Renegade Cavalcade, 8. Detonator, 9. Oh Yeah, 10. Starcrossed, 11. Kung Fu, 12. Vampire Love, 13. A Life Less Ordinary, 14. Walking Barefoot, 15. Orpheus

Encore(1/17): 16. Goldfinger, 17. Wild Surf, 18. Burn Baby Burn
Encore(1/18): 16. Petrol, 17. Sometimes, 18. The Boys Are Back In Town(Thin Lizzyのカヴァー)19. Burn Baby Burn
by 033_MFS | 2005-01-20 01:19 | ♪音楽-LIVE
Ashを想ふ
Ashにはちょっとした思い入れがある。
彼らが未だ10代の頃に初めてLIVEを観たが、当時は3ピースで下手くそも然る事ながらVoのティムが歌、ギターを1人奮闘していてこのままだったら限界がみえそうで将来を悲観してしまった、ということで記憶に残っている。
その後女性ギターリストのシャーロットが加入するのだが彼女は華があって(でもでしゃばらない)コーラスが上手くて姉御肌のカッコよさもあるのに可愛い。(けどメンバーと恋愛関係にならなさそう・・?)
以来AshのLIVEは楽しくて清清しい気分を味わえるようになった。

単純明快な歌メロだけど北アイルランド出身のせいかどことなく切ない。
昨年デビュー10周年を迎えても27才前後という若さだ。
甘酸っぱい青春ソングを歌い続けて欲しいから、あんまり成長しなくてもいいよと思えるバンドかもしれない。
明日からの2daysは燃えるぞ!
by 033_MFS | 2005-01-16 23:47 | ♪音楽-雑記
The Music@Zepp(1/13)
今年の初LIVEは約1ヶ月半ぶりとちょいとブランクもあってワクワク感は高い。
The MusicのLIVEはデビュー時'02~'03に3回観て以来となる。
ダンスとロックの融合で生み出すグルーヴ感が好きなのだが衝動的なサウンドから進化した2ndの曲に合わせてか1stの曲もリズムは遅めになった印象。
当初から10代らしからぬ演奏力で魅了させてきた彼らはパワーアップしていたが更なるステップアップの過渡期とも感じた。
音楽性が多様になったので躍らせてくれる+聴かせる見所が増えてきて見入っちゃうことが多かったような。
個人的には新境地を開いた感の"into the night"がハイライト♪
"the people"はやっぱり盛り上がるな~。(でもoioiコールが激しくてイタイ・・)
欲を言えばもっと音が良くて身動き取れるところで見たかったな。
(フジの野外ステージがお似合い!)
by 033_MFS | 2005-01-15 23:54 | ♪音楽-LIVE
スーパーサイズ・ミー
1ヶ月、1日3食マクドナルド(ファーストフード)以外は食べないという人体実験ドキュメンタリー。
想像以上に健康を害するのが恐ろしい。消費文化、現代人の食生活について考えさせられるがユーモアに満ちていて総評すると面白かった!
帰りの電車(終着駅近かったけどさ)で隣の人がフィレオフィッシュ(今だけ100円)食べ始めたのはまいったな・・。
by 033_MFS | 2005-01-13 01:17 | 映画
今年初買いCD
HMVの10%オフ特典が最終日だったので寄り道したら翌日はトリプルポイントって言うじゃない。
一瞬買うのためらったけど昨年買い損なった3点をお買い上げ。
第2弾トリプルポイントの日は1/22(土)なので覚えとこっと。

・still life / AQUALUNG
・This is Music:The Singles 92-98 / THE VERVE
・Smile / BRIAN WILSON

今後ではBright Eyes、Trail of Dead、Doves、Beck、Coldplayの新譜が楽しみ♪

(Aqualungを聴いてるが好みだわ。来日公演行けないのが残念・・)

MUSIC MAGAZINEが'04ベスト・アルバム特集だったので購読。
くるりの岸田クンがSnow patrolを選んでた!
by 033_MFS | 2005-01-08 01:49 | ♪音楽-雑記
私的2004ベスト・ライブ10本(組)
♪LIVE♪
・Belle & Sebastian 1/29@渋公(+8/1@苗場【Fuji Rock Festival】)
・Radiohead 4/17&18@幕張
・The Vines 5/19@Quattro
・くるり 6/18@武道館(+6/4@Zepp)
・The Who 7/24@横浜【The Rock Odyssey】
・Paul Weller 7/24@横浜【The Rock Odyssey】
・Pixies 7/30@苗場【Fuji Rock Festival】
・22-20s 7/31@苗場【Fuji Rock Festival】(+11/30@QUATTRO)
・Supergrass 9/3@Liquid
・The Ordinary Boys 11/10@O-East(+10/14@London&11/8@Astro Hall)

公演日順に複数回の場合は良かったほうを先に記しました。単独26公演+フェス3つ(FRF、オデッセイとサマソニは初日のみ)と例年並みの回数かな。Radioheadは両日甲乙つけ難いってことで。
悪態つかれて唖然としてしまったThe Vinesは良くも悪くも印象づけられたので。

この数年で見逃したor初来日待ちによるライブ未体験のアーティストの中で待ち焦がれてたトップ5がIdlewild、Coldplay、Supergrass、The Vines & …Trail of DeadだったのがColdplayはFRF’03、Supergrass(←サイコー!)とThe Vines(←不完全燃焼・・)は昨年の単独公演ときてるので残る2組+Snow Patrolの来日祈願!
by 033_MFS | 2005-01-05 01:03 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ