033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
<   2005年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Before Sunset
'95年の『恋人までの距離(ディスタンス)』<原題:Before Sunrise>の続編。
【ユーロトレインの車内で出会い、ウィーンで一夜だけを共に過ごした男女。別れの時約束した半年後の再会を果たせぬまま9年の月日が流れ、二人は遂にパリで再会した。しかし、二人が過ごせる時間は彼がNY行きの飛行機に向かうまでの、わずか85分。】
監督は昨年の私的ベストムービー『School Of Rock』のリチャード・リンクレイター。主演はイーサン・ホークとジュリー・デルピー。

昨秋機内上映を字幕無し&所々居眠りしつつ観てしまっていたけど9割方2人の会話なのでヒアリングできなかったお陰で新鮮な感覚で観れた。
大体続編はいただけない内容が多いのだが、これは違う。前作の曖昧なところをタネ明かししながら現在進行形で描かれていき自然に引き込まれて結末まで飽きさせないのだ。
他愛無い会話のなかに心に響いてくることが多くあって共感できるし。(イタイところを突かれることもしばしば)
また続編を匂わせる結末は好しとしよう。

ジュリー・デルピーはいけ好かない女優さんだったけど役柄・演技に脚本での貢献などイーサンより光っていたなぁ。(歌もお上手!)イーサンは相変わらず優柔不断で女々しいキャラにハマってはいたけどちょっとやつれ過ぎ・・。
サブカル的な作品と思っていたらアカデミー賞の脚色賞にノミネートされているそうな。
by 033_MFS | 2005-02-23 01:00 | 映画
期待してなかったら・・
DOVESの発売延期で凹んでしまったので他の新譜で我慢と思ったら意外に良かった。

♪Pushing The Senses / FEEDER
UKフリークのつもりだが何故か今まで聴かずにいたバンドだった。日本人ベーシストがいるから日本の雑誌で取り上げているのかとちょっとイジワルな見方もしていたけど10数年のキャリアがあり3年前のメンバーの死を乗り越えて本国でのセールスと人気は徐々に上向いている遅咲きの感もある。
聴く気になったのは雑誌で彼らがツアーサポートしたR.E.M.のことを凄く褒めていたから。R.E.M.に気に入られてたらしいという単純な理由だけどきっかけはなんだっていい。この5thアルバムはミドルテンポで繊細且つメランコリックな叙情的UKロックだ。ヘヴィなサウンドのイメージがあったのに・・・。過去の作品も聴いてみよおっと。

♪Young & Armed / SUGARPLUM FAIRY
最近の音楽シーンでUK、USに次いで注目のスウェーデンから2年前に彗星のごとく?現れたMANDO DIAO(本国と日本以外ではまだ無名・・)のヴォーカルの弟2人がいる5人組バンド。昨年末にMANDO来日公演の前座でライブを観たが若いのぉ~とか兄達の初期よりは上手いじゃんぐらいの感想。デビュー作はコーラル風あり、MANDOっぽい(笑)のあり、OASISやストーンズ好きでしょ?ていうのが伝わってくる若さがみなぎってるロケンローな内容。こーゆうのキライじゃないよ、てか好きだな。しかしツインヴォーカル(ライブではトリプルだったはず)って流行ってるねぇ。
by 033_MFS | 2005-02-21 01:27 | ♪音楽-レヴュー
小籠包好きの会
グルメランキング番組で小籠包の1位になった 「台湾海鮮」へ行くつもりが団体貸し切りのため断念。モード切り替えできず2件のお店をハシゴした。

More
by 033_MFS | 2005-02-19 23:44 | 雑記(グルメ・旅)
THE DELGADOS@渋谷クアトロ(2/16)
今月は例年になく来日公演が少なくて淋しかったので、よさげなのを探して予備知識無く行ってみた。

まず前座のAUTOUR DE LUCIE<オトゥール・ドゥ・リュシー>はフランスのバンド。
とはいっても女性ヴォーカルwithギターと男性キーボードの2人という特別編成だったので時折ドラムマシーンが入るも歌詞は仏語ということもあってアコースティック・ポップでロックというよりシャンソンてな感じ?低音で憂いのあるヴォーカルが印象的なぐらいで特に可も不可もなく。
最近はTahiti 80やPhoenixなどフレンチロック(英詩に限るけど)は侮れないのだ。

メインアクトのTHE DELGADOSはグラスゴーの裏番長!という売り文句に心惹かれる。
スコットランドといえばグラスゴーっちゅうぐらい良質なバンドを輩出している土地柄で大ブレイク中のFranzFerdinandや個人的に気に入っているBelle And Sebastian、TeenageFanclub、Snow Patrol(北アイルランド出身だけど)、Primal Scream(もだったよな)などなども。
既に5枚のアルバムをリリースしていて90年代半ばからグラスゴーを拠点に活動云々よりキャリアはありそうだが地味だったのか今回が初来日。
小柄で童顔な紅一点とバンド内随一のイケメンがヴォーカル兼ギターで昼間から飲んだくれてそうな見た目もプレイも豪快なベース(実際始終タバコかビールを飲む飲む)とまじめそうなドラムの4人組。チェロ、バイオリン、ピアニカも弾いちゃうキーボードの2人はサポートメンバーらしい。
開演前に音合わせしていたローディとおぼしき人が実はメンバーだったりして曲が終わるたびにステージ上で各々がチューニングしながら手の空いてる人がMCするわ、途中で吹き出して演奏中断したり、日本酒一升瓶を回し飲みするなど何かとアットホームな雰囲気。
肝心な音のほうは美メロあり、ちょいヘヴィなギターありの心地よいポップ。男女のツインボーカル、バックコーラス、演奏など巧いとはいえないけど温かみのあるガレージバンドのノリがある。微笑ましいほのぼのするひと時だった。

最新作は昨年発売時に聴き込んでいたら私的ベスト10に入ってたはずの名盤。ライブも気に入った!
終演後に客でごった返した会場ロビーにメンバーがやってきて気軽にサインや会話をしていてファンサービスも旺盛。
フレンドリーすぎるよー。にわかファンの分際でとサインもらうのは遠慮しておいた。

会場の外で◎FS存続の嘆願書へ署名してきた。番組愛好者としては当然の行為。
by 033_MFS | 2005-02-17 23:25 | ♪音楽-LIVE
◎UR FAV◎URITE AWARDS
ブログタイトルの元ネタでもある音楽専門チャンネルで放映している洋楽番組サイトで投票してみた。

①NEW COMER 2004:The Ordinary Boys
②BEST ALBUM TOP3(2004年までのオールタイムで永遠の。。。):
No1. Definitely Maybe / Oasis
No2. The Bends / Radiohead
No3. Achtung Baby / U2
③BEST ARTIST(永遠の。。。):Billy Corgan(Ex-Smashing Pumpkins & Zwan)
④FAVOURITE SONG,ONE&ONLY(永遠の魂の1曲):
♪Its The End Of The World As We Know It (And I Feel Fine) / R.E.M.
⑤FAVOURITE LIVE 2004:Supergrass 9/3@Liquid
⑥FAVOURITE ANIMAL:P◎L

<解説>
①新人の当たり年だったけど音楽性、将来性、ルックスなど総合的に抜き出ていると思う。買いかぶりすぎ?

②私的音楽番付表での横綱は東【US(米)】がR.E.M.で西【UK(欧)】がU2と恐らくこれは永遠に不動。永久欠番とか名誉会長レベルだ。大関はスマパンとレディヘ。
そんなわけでベスト・アルバムはいっとき音楽離れした時期から甦らせてくれた90年代にリアルタイムで影響を受けたものを選定。Oasisは番付では小結あたりかもしれないがこの1stアルバムでガツンとヤラれてなければ(ライブ通いしている)今の自分は無いと断言できる。洋楽でライブハウスって彼らが最初だったかも~。あのときを頂点に後は不完全燃焼が続いているけどいつかまた一発かましてくれることを願っている。
セールス的に世間で人気があるのはOasisなら“(What's the Story) Morning Glory?“、Radioheadは“OK Computer ”、U2は“The Joshua Tree ”になるんだろうな。ちょっとひねくれているかもマイベスト。でも80年代はU2ってあまり好きじゃなかったんだもんっ。
The Stone RosesとNirvanaも重要な存在であるがハマるタイミングがずれて萌え始めたら解散という(BOΦWYもそうだった)惜しいことをしてしまった。

③才能もさることながら2回も会ってしまったので運命的な何かを感じてしまう・・。

④昨年◎FSのイベントで“魂の1曲♪”を選曲した際に用意した数曲の中から今の気分で。(近々来日することだし)

⑤じ~んと感動したのはベルセバとくるり、The Who とPixiesが観れたのは夢のようだったけどヤングUKロック好きとしては待望していたのがやっと実現したということでサル軍団に1票!

⑥好きなアニマルVJはモッズ派のP◎L。音楽的にはマンチェのぶぅかUS系の猫田のほうが好みかもしれんが。
今更プロフィールを見たらP◎Lの親友TALB◎の好きな映画がTHE COMMITMENTSと知った。私と一緒じゃん!TALB◎の株が上がったぞ。

どうやら◎FSが終了してしまうらしくて何でー?だろう。フジの◎FSカフェはどうなるの?!
by 033_MFS | 2005-02-08 23:34 | ♪音楽-雑記
イブラヒムおじさんとコーランの花たち
昨年の夏ごろから予告を観ているだけで感動をおぼえる作品だったので前売券をゲットして上映を待ち望んでいたのに結局終了間際になって慌てて観る羽目になってしまった。
1960年代パリの裏通りで暮らす複雑な家庭環境のユダヤ人少年と近所の食料店主でトルコ移民の老人(イブラヒム)との人種と世代の壁を超えた人間同士の絆を描いたヒューマンドラマ。
とはいっても曖昧な人物描写でさくさくっと物語は進み宗教を深刻化しておらずユーモアと切なさをブレンドしたフランス映画である。
ドラマティックな結末を期待していると意外とあっけなく終わっちまった。ほのぼのとする作品であることは確かだ。

今週のお買い物。
♪Silent Alarm / BLOC PARTY
久々のUKモノの新譜だし音楽誌で趣味の合うライターさん一押しの新人なのでワクワクしていたのだが、一聴した限りボーカルの声が好みじゃないせいかいまいちビビッとこなかった・・・。ポップでダンザブルなサウンドとの謳い文句でニューウェイブっぽいところはイイんだけど。

♪The Very Best Of Lisa Loeb / LISA LOEB
メガネがキュートなシンガー・ソング・ライター、リサ嬢のベスト盤。そもそも私のお気に入り俳優イーサン・ホークが主演映画『REALITY BITES』('94)のサントラに友人だった彼女の曲「STAY」を薦めたと知ったときから好きなのである。
ライブも数回行ってて最近も来日してたけどASHと連ちゃんになるので諦めたんだよな~。フツーに聴きやすい親しみやすいメロディにナチュラルな歌声で好感が持てる。
by 033_MFS | 2005-02-05 23:35 | 映画
KK@日本武道館(2/1)
昨年デビュー20周年を迎えたKKは今の私の音楽嗜好からいって異質といえるが、年に2~3回程度10年は観続けているから実は一番足を運んでいるアーティスト(芸能人?)になる。
単にエンターテイメントとして楽しめるし今回は右端とはいえアリーナ一列目だったので興奮しないわけはない!
控えめに言ってもオバちゃんなファンが多数を占める客席の熱狂ぶりは洋楽ライブではお目にかかれない光景だ。
ザ・ベストテン常連時代のヒット曲から一時封印していたCOMPLEXのアノ曲もやってくれて楽しめる選曲だったな。

武道館帰りは『斑鳩(いかるが)』のらーめんを食べるというもう1つの楽しみがある。あまりの行列に諦めるかスープが無くなって終了を告げらるかで今まで半分の確率で食べ損なっている有名店。
ライブの余韻にひたる間もなく速攻でお店に着いて並んだが前の組みでお初を味わうつもりだった塩スープが終了となる。ノーマルのスープも十分美味しいのだが目的を果たせずがっくし。次の武道館は3月か・・。
by 033_MFS | 2005-02-02 23:50 | ♪音楽-LIVE
Brian Wilson@国際フォーラム(1/31)
ビーチボーイズのキーマンにして現代ポップスの創造主として神格化されているブライアン・ウィルソン。ビーチボーイズって「ビートルズのライバルだったアメリカのバンド」と云われているけどベスト盤しか持っていないし、ブライアンはプレッシャーで精神を病んでドラッグ中毒に・・・とかその程度の知識しかない。
普段聴き入っているミュージシャン達に影響を与えた大御所のライブはお勉強の意味合いでも行くようにしている。若手だとThe Thrillsはモロ影響受けてるしThe Ordinary Boysのギターリストもリスペクトしている。

ストリングス隊が入ると総勢18名にもなるバックメンバーを従えたステージは15分の休憩(!)を挟んだ2部構成(着席)+アンコール(スタンディング)とまるでミュージカルのようなゴージャス感。
ブライアンはキーボードの前に座っていたがほとんど弾くことはなく、たまに弾いてもおぼつかない感じもして声量はあったけど時々不安定だったり、なんだけどさすがに存在感は大きかった。

男子トイレに長い行列ができるの初めて見たっていうぐらい男子率(オヤジさん多し)高かった。
チケ代が1万円越えたのはストーンズ以来だな。
by 033_MFS | 2005-02-01 23:54 | ♪音楽-LIVE


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ