033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
<   2005年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
スマパン再結成!?
元The Smashing Pumpkinsのフロントマン、ビリー・コーガンの初ソロ・アルバム“The Future Embrace”について書こうとするが気乗りしない・・。
ギターは前面に出てないけどかき鳴らしてるしシンセにドラム・マシーンとシンプルで繊細なサウンドはスマパンの 4th“Adore”に近い雰囲気でもろニュー・ウェイヴ。聴くほどに良くなる美しいアルバムだけど、思い入れのある人だから客観的に聴けないよ~。

私はスマパン好きといっても90年代前半のオルタナティブ・ロック全盛期の洗礼を受けておらず、'95年の3rd“Mellon Collie and the Infinite Sadness”の2枚組の大作でノックアウトされた中期からのファン。
スキンヘッドの一見して強面で青筋立てた迫力とは反面なピュアで繊細なハートの持ち主でもあるビリーの少年性に心を奪われてしまったんだな。
2000年末に約10年に渡る活動に終止符を打ったときはショックだった。

その後ビリーはスマパンのドラマーだったジミーと新バンド‘Zwan’を結成するがアルバムをリリースした年に早くも解散。2年のインターバルで今回のソロ。音楽活動を続けていることを喜べばいいのか、うーん複雑な気持ちだ。

最近ビリーはスマパンやズワンについて色々と語り始めているのだが、気分のいい内容ではない。ベースのダーシーがドラッグ依存症でクビにするしかなかった、ギターのイハとの不仲、ズワンではジミー以外のメンバーは信頼できなかったとか。 (どれもがドロドロした話で、ビリーに同情してしまうけど)
でも今更真実を語ったところでどうだっていうんだい?
ただ愚痴ってるだけのちっちゃい人ではないと信じているから何か踏ん切りがついたのかなと思っていたら・・。

ビリーが初のソロ・アルバム発売日に、地元のシカゴ・トリビューン紙にて、スマパン再結成を表明した!という。

これはどう受け止めればいいの?? オリジナルのメンバーであっても、なくても違和感を感じそう。でもスマパンの曲をまたライブで聴けるなら単純に嬉しい。
もしローゼズが再結成したら?ライブがあったら絶対見に行っちゃうだろうな。

■ビリー・コーガンの声明文全文■
by 033_MFS | 2005-06-30 01:02 | ♪音楽-思い入れ強い編
FRF'05に向けて
昨日から友人宅に泊り込んでフジロック予習会。
アルバムや音楽番組の映像を視聴しながらお酒を飲んで美味しい手料理をご馳走になり、参加者で持ち込んだCDで興味あるアーティストの音源をざくざくダビングするという真面目な行事。
毎年フジのライブ映像を見るという事後のオフ会は恒例なのだが事前に集まるのは初めて。予習不足で見逃して後悔することがあるからねぇ。。

私はThe Pogues、Cake、Dinosaur Jr.の音源を持ち帰らせてもらった。いずれも観れない可能性大なんだけど・・。
参加者の間で掘り出し物はAthleteで一致。今年リリースの2ndで初めて存在を知ったけど1stのほうがヒネたポップで興味深かった。

個人的に今年1番の期待はNew Order。新作良かったし'01年のステージで死にそ~になりながら観るハメになったので今度は楽しく踊らせて欲しい♪
ヘッドライナー級ではColdplayとBeck、中堅どころではDoves、The Coral、新人ではMaximo Park、The Futureheadsはマストかしら。
あとソロ公演は希少価値かなと思うCharlotte Hatherley。
カブるの気にしなくていいならThe Music、Feeder、Aqualung、くるりも観たいけど。そういえば追加決定のPrimal Screamもいたなぁ。

ラフな日程表を見ながらあーだこーだ言ってるうちが楽しかったりするんだな。
by 033_MFS | 2005-06-26 23:52 | ♪音楽-雑記
普通の男の子たち、好きです・・
♪ “ Brassbound ” / THE ORDINARY BOYS

英ワーシング(モッズの聖地、ブライトンの隣の港町)出身の4人組ジ・オーディナリー・ボーイズの 2ndアルバム。
発売日はアルバムを予約していた渋谷店へ行く余裕なく近場のCD屋へ立ち寄って物色するも、オーディナリーズ・フラワーのジャケが並んでるのを見たらほおっておけなかった。数日の我慢ができず輸入盤をゲット!

ジャムやスミスなどUK伝統ロックを受け継いだ直球型モッド・パンク色強い1stの中で、スペシャルズのカヴァーという異彩を放っていたスカが新作では満載!プロデューサーは1stでも組んだスティーヴン・ストリート(ブラー、スミス、ニュー・オーダー他)。
スカ&レゲエをベースにパンク、ソウル、ギター・ポップにちらほらとモータウンなんかも取り合わせたサウンドはとってもキャッチーなポップソングで分かり易い。欲をいえばヒネリが足りないか・・。

彼らが目指す「現代版2トーン」は色んなジャンルからほどよくブレンドされているおかげで、スカ&レゲエがロックと同じ感覚で聴けちゃう。いやぁ、レゲ~だよ、どうしちゃったの私。(Dead60sの影響もあるけど)
“Rudy's In Love”というレゲエのカヴァー(モチロン原曲を知らない)がイイと感じたもん。“Little Bitch”といいカヴァーを自分たちのモノにしているところも好きだな。国内盤ボートラのラモーンズのカヴァー“KKK”も早く聴きたいっ!
とかいっても、“One Step Forward”のギター・ポップや“A Few Home Truths”のUKらしい哀愁サウンドに心惹かれてしまうんだよなぁ。

近年まれに見る新人当たり年の’04年組で先頭をきって2ndをリリース。やりたいことを背伸びせず理想のサウンドに向かってばく進中。まだまだ深みなんか期待しちゃいない。若者はこうでなくっちゃ!
80'sリヴァイバル的サウンドが食傷気味になりつつあるので、この方向性が多くの人に好意的に受けいれられるといいな♪

あとはサマソニのライブが肝心だ。でも大丈夫、後退してることはないから、今は前進あるのみ。(リズム隊頑張ってくれぃ!)
by 033_MFS | 2005-06-24 15:46 | ♪音楽-レヴュー
Musical Batonだと
これって不幸の手紙みたい・・・?音楽ネタだからまっいいかとささっとやってみるよ。(仕事やるより早いじゃん!?)

【音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す、というルール。】

★Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
898曲3.06GBなり。基本的にPCで音楽聴きましぇん。iPod miniに転送するための必要作業だね。

☆Song playing right now (今聞いている曲)
The Libertinesの“What Became Of The Likely Lads”。 週末会う友人へ04年私的ベスト版のCD-Rを渡そうと思い選曲中なのだよ。リバは2曲入れちゃおうかしら。

■The last CD I bought (最後に買ったCD)
“The Futureheads”ザ・フューチャーヘッズの国内盤、今更だがいいじゃな~い!って感じ。

♪Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
U2 “one” 、R.E.M. “fall on me” 、Radiohead “high and dry” 、The Smashing Pumpkins “today”
ブログ始めてからオールタイムでのベスト何ちゃらを考えることがあってすんなり出てきたかな。横綱・大関級のベスト4バンドから曲は今の気分で選んでみた。5番目っていうのが非常に難しくて甲乙つけ難い20組が並んでるとでも言っておこうかな。

悩む前に日本人で好きなの入れておこうっと。くるりの“ワンダーフォーゲル”。

□Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)
ganちゃん、808クン、おぐっちゃん、ゆうこりん、P子

身内(フジロック仲間)へまんま渡すぜっ。許せ友よ。登録制ブログorブログ無しの方々たちでやんす。

お終い。
by 033_MFS | 2005-06-21 01:06 | ♪音楽-雑記
Stereophonics@O-East(6/18)
英ウェールズ出身の3人組ステレオフォニックス。(メンバーチェンジでアルゼンチン出身のドラマーが加入)
シンプルで力強いロックの王道を行き、Oasisから気に入られ弟分的な存在で本国では国民的バンドだが、日本での知名度は高くない。
どことなく泥臭いイメージがあってフェス以外の単独公演は行ったことがなくて、今年リリースされた5thアルバムは買いそびれていたが、最近になって新作を聴いたらテクノロジーを多用したサウンドでU2が“アクトン・ベイビー”で変化したときのような印象を受けた。

東京3daysの2日目の土曜日は早々にソールドアウトなだけあって開場時から熱気ムンムン。
男子率が高く開演と同時に前方へ流れ込むわジャンプしまくるわの大盛り上がり!ケリーのハスキーなナマ声は爆音でサングラスに革ジャンと見た目も男気あるー。(20分ほどで脱いでいたが)
半分は新作からでシンセサイザーのサポートもあったが、残り半分は初期ファン大喜びの旧作からの選曲で3人がダイナミックな演奏でぶっとい音を出していた。ケリーの最後まで衰えない声量は凄いし、バラードでは深い歌声で聴かせるし、CDで聴くより全然よい。
参加型ロックのライブ、汗臭い野郎たちに囲まれるのは久々だったけど楽しかった♪ 派手さはないけどステフォは良いライブ・バンドだな~。

お・ま・け!!
by 033_MFS | 2005-06-19 23:43 | ♪音楽-LIVE
しばしリヴァプール・モード(その2)
♪ “The Dead 60s” / THE DEAD 60S

英リヴァプール出身4人組のザ・デッド・シクスティーズのデビュー・アルバム。同郷のThe CoralやThe Zutonsを輩出したレーベル<デルタソニック>に所属しているが、地元の音楽シーンには全く興味がないらしい。

ファンキーなパンクって感じでカッコイイなと思っていたが彼らの音楽性が語られるとき出てくるのはパンク、スカにダブとレゲエ。
ダブってピンと来ないのでジャンル説明から引用すると、「レゲエのリズム・トラックにクレイジーなサウンド・エフェクトや、めいっぱいのリヴァーブをかけ、ところどころにヴォーカルをちりばめたものである」となる。
スカはよいけどレゲエは苦手でボブ・マーリィのCDですら持っていないのだが、彼らの小気味好いリズムに乗っちゃうとOK!なのだ。ゆる~い数曲だけ早送りしたくなるぐらいかな。
どちらかといえばファンク・パンクやニュー・ウェイヴの影響もあるフランツっぽいギターやスカスカ感(音の厚みがないっちゅう意味ね)のほうに惹かれる。ダンス・グルーヴもあるし生きのいい面白いヤツらが出てきたなと今後が楽しみ!

c0024243_12353495.jpg
アルバムの邦題は無線衝突!!
黄色と黒の絵柄を見ると興奮してきちゃう。
by 033_MFS | 2005-06-18 12:38 | ♪音楽-レヴュー
EUGENE@Zher the ZOO YOYOGI (6/14)
ASH(アッシュ)というカッコイイ日本人ギタリストがいるとのタレこみで、先月末観たライブが前座で20分程度と短いながらもインパクトあったのでまた観に行ったのだ。
10年以上のキャリアがあってソロと並行してカジヒデキやAIRなどのサポート・ギタリストやバンドを組んだりとフレキシブルな活動をしているみたい。
バンドのライブとソロのミニアルバム(demo tapes vol.3)を聴いた感想は歪んだギターに抑揚のないヴォーカルでMy Bloody Valentineを彷彿とさせるかな~とUKっぽいイメージを抱いた。

EUGENE(ユージーン)はVo&GがASH、Bが宮田氏(Buzz/Playnote)、Drが上条氏(PENPALS/AllGirlsFoundation)という3人組。
ASHは線の細い声質というか元々ヴォーカル志望じゃなかったんだろうな、という感じで上手いとはいえない。
語りかけるヴォーカルとはうって変わって時々シャウトするのだが、これがイイ!クールなのに、熱いもん持ってるね。
今回はUKの繊細さにPIXIESやSONIC YOUTHあたりの激しいUSオルタナティブの匂いがした。
英詞が多いってこともあるが洋楽を引き合いに出したくなるサウンドなのだ。

キャリアを積んだ3人が奏でる音の洪水はお見事としかいいようがない。ASH目当てだったけどドラムの激しくキレのあるプレイにも釘付けになっちゃった。
激しくて切ないライブで衝撃を受けたUKバンドのMy Vitriolとちょっとダブらせるかも・・。
こうゆうバンドに洋楽公演のオープニングアクトをしてもらいたいよなー。

今年3月にオープンしたばかりのライブハウス、ザー・ザ・ズゥ代々木は駅前すぐの好立地で200人ほどのキャパでステージ高めで観やすくてよい印象。
by 033_MFS | 2005-06-16 00:50 | ♪音楽-LIVE
しばしリヴァプール・モード(その1)
欧州サッカー優勝にラーズ復活とリヴァプール盛り上がってる!?てなわけでコーラルの新作。発売日に買っていたのに大作のリリース続きで開封もせず2週間以上放置してすまん!

♪ “The Invisible Invasion” / THE CORAL

'02年デビュー・アルバムから音楽メディアやリスナーの高い評価を受けている英リヴァプール出身の6人組(今は7人)、ザ・コーラルの3rdアルバム。(前作のミニ・アルバムは未聴)
サイケデリックなロックにイギリスの伝統的フォークを取り入れたレトロチックなサウンドが流行とは関係ないユニークな音楽性。その一風変わった独自のスタイルの良さをわかってるフリしていたけど、今作でまさにハマった。
一聴してコーラルとわかる哀愁漂うサウンドだが、単純にメロディが良くてキャッチーで聴きやすい。ヘンテコリン度は減ったともいえるが、細かい点まで練られている感じで1曲ごとの完成度は高い。
ポーティスヘッドのメンバーがプロデュース&ミックスを手掛けているのは意外だが、基本的なサウンドは変わっていないし、雑多な面が洗練されてバランスよくなったかも。
#8“Come Home”のサイケでブルージーなのと#11“Arabian Sand”のガレージっぽいロックのカッコよさにシビれて、#10“Leaving Today”の美メロとあるギターフレーズがクセになって頭の中から消えない。

初来日公演はステージ上を走り回って若さ溢れるって感じで演奏はなかなか上手かったと記憶に残っている。
今年のフジで待望の来日だけどNOとカブりそうでビミョーに黄色信号が・・。
by 033_MFS | 2005-06-14 01:24 | ♪音楽-レヴュー
Tahiti 80@O-East(6/9)
おフランス出身4人組のポップなバンド。さわやかでおシャレなサウンドがウケているのだろうが、最初にライブを観たとき意外とロックしているな~と気に入って、ローゼズやハピマンといったマンチェ・バンド好きというバックグラウンドを知って更に好感度が増したのだった。

新作のヒップホップから影響を受けた今風のグルーヴ感をどう再現するのかと思ったら、基本のVo&G+Piano、G、B、Drにキーボード&パーカッションのサポートメンバー1人というシンプルな構成で曲はロックっぽいアレンジだった。
テクがないから(?!)といっちゃそれまでだが、いい意味で変わってないことにひとまず安心した。
まだ素人っぽさは残っていたけど演奏もこなれてきてるし、Voのグザヴィエのちょいハスキーな高音の歌声はいつ聴いても心地好く清涼な空気が流れる。
1stから3rdまで満遍なく選曲され新旧ファンそれぞれ思い入れの曲が異なり色んな反応があって興味深い。始終和やかな雰囲気で上品に盛り上がっていたといえるかな。

あとベースのペドロの強烈なキャラも魅力の1つで、グザヴィエと対照的なルックス(細身で良家のお坊ちゃんタイプと片や毛むくじゃらの力士体型・・)で汗かきまくりーので暑苦しいのだけれども愛すべき人物なんだなぁ。
ペドロほど愉快なミュージシャンは見たことがないっ。ラテンの血(ポルトガル人)のせいか体型に似合わない軽快な身振り手振りに、最新作のジャケにも登場するパンダの被り物や自分のお腹を指差して「ニンプデス」には大ウケ。
ふざけてばっかいないでちゃんと弾け~なんて思わないよ、楽しすぎるもん!

前日の公演も行っておけば・・と後悔するほどよかったー。
by 033_MFS | 2005-06-11 01:01 | ♪音楽-LIVE
コーラス
原題:LES CHORISTES

【1949年、戦後間もないフランスの片田舎。親をなくした子供や、素行に問題があり親元を離れた子供たちが集団生活をしている寄宿学校に赴任した音楽教師マチュー(ジェラール・ジュニョ)は‘淋しさ’から荒れる生徒たちの心を癒そうと合唱団を結成する。最初は面白半分だった子供たちも徐々に歌うことの素晴らしさ、楽しさに目覚めていく。その中に“奇跡の歌声をもつ少年”ピエール(ジャン=バティスト・モニエ)がいた。 だが彼は学校一の問題児だった…。 】

'04年フランス最大のヒット作で世界各国の映画賞にノミネートされた作品。
『ニュー・シネマ・パラダイス』の名優にして、『WATARIDORI』の名プロデューサーでもあるジャック・ペランが製作と出演を兼ね、パトリス・ルコント作品の常連であるベテラン俳優ジェラール・ジュニョが主演。

容赦ない体罰を繰り返すスパルタな校長、 小太りで愛嬌のある心優しき教師、天使の顔をして悪魔の心を持つ生徒など教師と生徒の心の交流というテーマにありがちな人物が登場し予想通りにストーリーが展開されていく。
しかし涙を誘おうという狙いがありありという感じは薄く、シリアス過ぎずほんわかと自然に描かれていて最後に大泣きするクライマックスもない・・かな。
とばっちりを受けて解雇されるマチューが学校を出て行くときに、窓から次々と子供たちのメッセージ入りの紙ひこうきが飛ばされてくる感動的な場面もあるけど、大げさでなくあくまでもしんみりした感じだ。
子供本来の純粋さや素直さを取り戻していく姿や劇中に響き渡る子供たちの歌声の素晴らしさにほろっとさせられる。フランス映画らしい何となく哀愁を帯びた雰囲気でジ・エンド。

この映画の一番の見所は“子供たちの歌声”である。とりわけソリストのモニエ少年の美声は天からの授かりものとしかいいようがないし、声変わりする前の子供たちの澄み切った歌声が美しい~。

奇跡の声の持ち主の美少年より、まだまだ子供のペピノ役の愛くるしさに母性本能をくすぐられる。
心が洗われる作品なのですさんだ生活を送っている人におすすめ。ついでにこの作品は文部科学省特別選定でやんす。
by 033_MFS | 2005-06-08 23:51 | 映画


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ