033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
SCISSOR SISTERS@Yokohama BLITZ(1/27)
昨秋のMTVイベントに参加してから著しくハマっていったライブ友だちの勢いが凄くて、エンタ性の高いパフォーマンスは一見の価値ありかな~と思いながら、ブリッツはリニューアルしてから行ったことないし、中華街散策もできちゃう!とおまけに惹かれて、平日のZepp公演をスルーして休日の横浜へ!
c0024243_22143944.jpg
NY発の5人編成のバンド、うち3人がゲイ。アンダーグラウンドシーンからメジャー・デビューを果たすと英国でブレイクし、04年の全英アルバム年間セールス・チャート1位を記録! ダンサブルでファンキーな音楽性とお祭り騒ぎなパフォーマンスがUKを中心に全世界で注目を浴びている。昨年リリースの2ndアルバム(全英1位)を引っさげての来日公演!

Zepp公演も行った友人のハイテンションに合わせてステージ向かって左側のジェイク前の最前列をゲット!ジェイクは(そっち系だが)性別関係なく人気者、女子率高いわ。右側のアナ前は男子が多かったかしら。
一昨日に続き30分押しで開演。どんなステージを展開するのかは聞いていたけれど・・ジェイクのコミカルっぷりに抱腹絶倒だよ~!!Zeppの時とは色違いのミッキーマウス柄のスーツにサンバイザー着用、ステージの左右を走り回り、内股でくねくね歩く、面白すぎるぅ。不自然な笑顔にムダな動き、芝居がかっていて、ミュージカルを見てるみたい。。元ストリッパーだけあって、脱ぐときはチラ見させておき引き延ばす、マイクスタンドやペットボトルなど小道具を使った本場仕込のショーさながらでやんす。でも、脱いだのは上半身だけだった、ちぇっ。

アナ姐さん(って年下だけど貫禄あるから)の「...ようこそお越しくださいました」と流暢な日本語に感心。1番オモロかったのは横浜をもじった「よこホモ~!」
アイメイク濃かったけど、透き通るような白いお肌で顔立ちも美しかったデス。

見た目は怪しいが、ファンク寄りだから、確実な演奏力と歌唱力ありますわ。
鍵盤担当のサポートが1人加わった編成で、楽器隊は真面目に演奏、フロント含めた全員からイイ人オーラが出ていた!個人的には1stに好みの曲が多く、2ndは数回聴いて飽きてしまったのよねぇ。。ライブは単純に楽しめて娯楽色が強いっ、CD音源とは別もん!

開演直後からファンクやディスコといったダンス系ではありえないほど押されてアバラ骨が痛むわ踊れないわ、と不快な環境だったのだ。。元凶は背後の人でなく、そのまた後ろに居た外国人カップルだったらしい(怒)。ドラッグクイーンを見かけたし、個性的な客も多かったみたい。

アンコールのMC中に、友人がアナへのプレゼントの “にゃんにゃんにゃんこ” グッズをステージに投げ入れると、嬉しそうに反応してくれた!アナお気に入りのネコちゃんキャラクター、昨年?来日時にどこのお店にも商品が置いてなかったので、見かけたらちょ~だい!とZepp公演でアピールしていたんですって。他にも何人か用意していた客から続けて投げ込まれると、アナしっかりと拾い上げてご満悦な様子。

ジェイクとアナの寸劇チックな絡みやMCは下ネタ満載なんだけど、陽気でお茶目だからヤらしくないのね。とにかくジェイクの全力投球パフォーマンスは、腹がよじれるほど笑わせてもらったよ。いい意味でB級感が漂っているところも魅力なのかも。お腹いっぱい!しばらく観なくてもいいっかなぁ~。

c0024243_0445234.jpgc0024243_6214739.jpg
↑Zeppのときはカメラマンが多くって、ステージにチューリップ敷きつめて客に投げる演出!とイロイロ気合がはいっていた感じ。

【set list】
by 033_MFS | 2007-01-31 16:57 | ♪音楽-LIVE
THE KBC@Shibuya Club Quattro(1/22)
"Brightest British Band Sessions"というUK新人のショーケース・ライブへ行ってきた!2バンド出演で、お目当てはTHE KBC!もう1組のバンドのほうが人気は格上?!だったらしく、KBCが先に登場。
c0024243_6254283.jpg
【マンチェスター近郊プレストン出身、平均年齢21歳の3人組、ザ・ケービーシー
(L→R)Ric Ormerod(B)→James Mulholland(Vo,G&Key)→Michael Brown(Dr)


左右エリアの前方に観客スペースを狭くする小細工があったものの、ほどよく埋まってたかな。19:30開演予定から10分押して“K.B.C.”でスタート!
ステージ向かって右側の7列目辺りから観る。軽快な音や漫画タッチのジャケから受けるイメージとは異なる、浮ついた感じがしない好青年たち。
Voは色んなミュージシャンの顔に似てたな~。リズム隊の2人と比べると老け気味だったけど、CDと違和感のない歌声はやはし若者の声だ。そつなく歌い、ギターはガッツリ弾き、たまに鍵盤って感じ。
ベース側にいたのだが、ギター弾くようなピックさばきや、メロディアスで複雑なラインを弾いていて目を見張るグルーヴィっぷり!ドラムはちょっと手数の多いダンス・ビートが得意のようで、パンチがないのが残念・・。
(CB誌最新号より影響を受けた音楽について語る、Vo→ローゼズ、マンチェ系、B→モータウンやファンク、Dr→ダフパンやケミブラ。 プレイに現れているね!)

小さいハコだからか、思ってたよりスカスカしていない!3ピースの若者新人にしては、なかなかの力量、ベース君のおかげかしら。電子タム?やピコピコ音も混じっていたけど、ほとんどナマ楽器音。3人とも演奏中は集中しているので、客を煽ったり乗せようという余裕はなさそう。ベース君は前にでてきていたほうだけど、微笑んだりと控え目で初々しかった!マイクはVoのみでMC少なめ、時々しゃべりが滑らかになってもVo君の英語さっぱり聞き取れず・・。
客のノリも最初は緩めで押し合いもないし、え、こんなもん?!と少し戸惑ったが、もっと盛り上がろうぜー!と煽られた後半からは、跳ねたり踊ったりヒートアップして息苦しくなっていったよ。。

ダンサブルなロックでよく引き合いに出されるThe Sunshine Undergroundと甲乙つけ難い!ローゼズやニュー・オーダーの匂いを感じるのはTSUだなぁ。 KBCのギターは随所にフランツを感じた。KBCの疾走感もTSUの緩急も好き。一緒にツアーして意気投合した仲だそうで、日本でもジョイントツアーして欲しかったわん。

終盤で機材トラブルのためギターが無音になってしまい、リズム隊だけで乗り切る。 で、1曲挟んでまたトラブる!ギターの音、復活したのに今度はなに?!しばし調整後に始まったのは・・・“Not Anymore”!!
そっか、あの電子音をどーしても出したかったのね! この曲、最も楽しみにしていたのよー、客もノリノリで最高!私の中ではCribsやAshに抱くワクワク感を味わえる、ときめきソングだわ♪ 3分弱であっという間に終わってしまうのが、ホント名残惜しくて、もっとハジけていたかった~!そのままの流れでラストの “Poisonous Emblem”も盛り上がって終わり!40分ぐらいだったかな、また観たいっ!カモ~ン、フジ!

もう1組のDustins Bar Mitzvah(ダスティンズ・バー・ミッツヴァー)、1年前のアンセムに出ていたなんて、全くノーマークだったわ。4人組のパンク・バンド、サウンドが好みかどうか以前に演奏力が・・音響バランスも悪くてリズム隊は聞こえない、Voはハウリング寸前だわ、数曲でズラかりやした。。

【当日の写真が SMASHING MAGに掲載!】

【set list】
by 033_MFS | 2007-01-26 16:30 | ♪音楽-LIVE
Hawaii 旅行記('06.12/6~11)partⅡ
ハワイといえば、海!なんだろうけど、眺めているだけで満足できちゃうので、ビーチを少し散策したぐらい。美食と買い物も旅行の醍醐味ってことで後半へ。

【食べ物編】
ファーストフードで軽く済ませたこともあれば(ノースショアのスーパーで買ったマグロやアボカドの巻き寿司も何気に美味かった!)、友人の計らいでガイドブックに紹介されている人気店にも行くことができた。ボリュームたっぷりすぎる、アメリカンサイズはもちろん食べ応えありやしたぁ。

More
by 033_MFS | 2007-01-26 16:29 | 雑記(グルメ・旅)
Hawaii 旅行記('06.12/6~11)partⅠ
最近の音楽モノお買い物は旧譜や再発盤ばかりだし先月の旅のことでも!と書き始めたら、それなりに盛りだくだったかしら。行動備忘録なので、旅行計画の参考にはならないと思います・・ごめんあそばせぇ。

旧友に会う!U2公演♪+ついでに観光で訪れたハワイ。5年ほど前にも行ったことがあるんでさほど観光欲もなくて、現地に知り合いがいる安心感からロクに下調べもせず出発。延期前の4月のときも希望していたクジラウォッチングは、またもやタイミング悪く断念。。(12月中旬から3月いっぱいまでがシーズン)

More
by 033_MFS | 2007-01-21 22:48 | 雑記(グルメ・旅)
BASEMENT JAXX@Zepp Tokyo(1/11)
今年お初のライブはダンス系。 ベースメント・ジャックスの名前はよく聞くけど、あまり知らない(汗)。。 04年フジでのアクトの評判や友人の乗り気もあって、予備知識なくても楽しめそ~と軽いノリで。大阪・東京とも完売の盛況ぶり!

c0024243_8445250.jpg英出身のサイモンとフィリックス(めがね)からなるダンス・ミュージック・ユニット。94年自主レーベルを立ち上げ、サンバ、ラテン・ファンク、ジャズなどを取り込んだダンス・トラックを立て続けに発表、クラブ・シーンに影響を及ぼした。
99年メジャー・デビュー後も次々とヒットを飛ばし、ハウス・ミュージックをクリエイトする。05年の米グラミー賞で最優秀エレクトロニック/ダンス・アルバムを受賞。 生バンド、ダンサー、ゲストシンガーが出演するエンタテイメント性の高いステージも人気がある!


整理番号良かったんでバー狙い、ステージ向かって左側の最前列に。ダンス系の単独といえばケミカル・ブラザーズでクラバーパワーに圧倒された記憶が強く残っている。夜通し踊れる人たちの持久力はすごい!体力的にはロックのほうが楽だなと思ったもん。開演までのDJタイムから踊ってる人もいましたね。

c0024243_2030857.jpgステージ中央にDJ機材、両隣にドラムセットとパーカッション。オサレなアー写とはイメージの違う2人。めがね君は盛り上げキャラで、サイモンは大半ギターで真面目に弾いていた。
男性ラッパー、3人のソウル歌姫、3人のホーンセクションも加わる編成で賑やか!超豊満ボディの歌姫たちが曲毎に衣装替えして華やか、軽快な動きで楽しませてくれる。ホーン隊もスコティッシュなスカート着用で振り付けあり、着ぐるみもやって愉快!ベースメントの2人より大活躍なのだ。
渋谷から連れてきたっぽいギャル男10人ほどがバックダンサーで登場。めがね君は時々ハンドマイクだけでステージ前に出てきて激しく煽る!「Red Alert」ほか何曲かはあー知ってる知ってる!合唱を求められたときは笑ってごまかすしかなかったけど、自然に盛り上がれちゃった感じ。生楽器の音が小さめで、全体の音響バランスがいまいちだったかしら。終演後のフロアに落ちてたペットボトルの残骸や大汗かいてる人たちが、興奮の度合いを物語っていた!楽しく肩慣らしできたよ♪

【当日の写真が SMASHING MAGに掲載!】

【set list】
by 033_MFS | 2007-01-13 23:55 | ♪音楽-LIVE
ドルワイきたっーーーー(涙)!!
c0024243_2137296.jpg


後遺症を治してくれるのは、レディヘ?スマパン??それともドルワイか!
by 033_MFS | 2007-01-10 21:54 | ♪音楽-雑記
後遺症はまだまだ続く・・
新年初記事は、抱負でも述べるべきかしらん? 昨年、心の中で立てた誓いは挫折だらけでも、U2のライブを輪っかの中で観るっ!という永遠の夢だと思っていたことが叶ったからいいのだー。(ギリギリの位置だったけどね・・)
おっと、目標から話がズレてることは承知です。今年も音楽中心+自分磨きをマイペースに不言実行できるよう頑張りま~す!

『U2 BY U2』
【バンド結成時からの活動記録を綴った、U2自身による言葉と写真によってU2自身が語ったオフィシャル・バイオグラフィ。(日本語版の書籍情報はコチラ)】

c0024243_2372489.jpgU2が来日していた11月末に出版されたバイオ本、6300円もするシロモノ。
心落ち着く年始休暇に読もう!と決めて開封するのを我慢していました。普段から読書習慣のない私にはかなりの文字数でしたが、夢中になって終盤は引きこもり状態で完読!
指紋がつかぬよう慎重に扱いたい豪華な装丁、数々のお宝写真、メンバー自身が語る真実(本音)は、値段に見合うだけの価値ある内容の濃い1冊!

ボノ (Paul David Hewson) - ボーカル、ギター 1960年5月10日生まれ
ジ・エッジ (David Howell Evans) - ギター、コーラス、ピアノ 1961年8月8日生まれ
アダム・クレイトン (Adam Charles Clayton) - ベース 1960年3月13日生まれ
ラリー・マレン・ジュニア (Lawrence Joseph Mullen, Jr.) - ドラム 1961年10月31日生まれ


U2は76年にラリーが学校の掲示板にバンド・メンバー募集の貼り紙をしたことをきっかけに結成、今でも不動の4人で活動している希有なバンドなのですよ。

More
by 033_MFS | 2007-01-08 22:38 | ♪音楽-思い入れ強い編


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ