033(おみさ)と申します。長年の音楽鑑賞やライブ通いを記憶だけでなく記録に残してみようかな~
by 033_MFS
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
(47)
(40)
(39)
(29)
(27)
(23)
(16)
(16)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
以前の記事
検索
<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
おっ、きたきた。
R.E.M.の北米ツアー日程が発表されました!

c0024243_232338.jpg

がびーん。狙ってた時期より遅いじゃん・・・。

それに、どうみても少ないでしょ。1都市1公演なんて!

同行がModest MouseとThe Nationalってのもいい感じなんだけどなぁ。
3月のフェスに出演した後に空いてる期間は欧州を回るのかしらん?それとも新作のプロモーションで大忙し?!

さて私事ですが、正月早々ファンクラブに入会しちゃった。えへっ。
年会費はたったのUS$12、もっと早く入ってるべきでしたね。

つい最近届いた会報にとても喜ばしい情報が載っていたのですよ!
「2008 looks to be a big year for R.E.M. and fans. With the band planning to tour, ・・・」

これは、来日公演も期待していいってことよねー♪
by 033_MFS | 2008-01-29 23:23 | ♪音楽-雑記
どうなのよ、これって!?
ただ今、Rufus Wainwright@国際フォーラムの終演待ちで、予定外の更新。友人たちが観に行ってるこの公演、日程が近づいてきて余裕あれば行こうっかなーと思案していたらいつの間にか完売!当日券もなし・・。終演後の集いだけ参加する負け組なのだ。

さて、コーチェラの出演ラインナップが発表されましたね!海外のフェスに行くならコーチェラ!と漠然とした思いを抱いてます。(グラストへの憧れは年とともに断ち切れ・・)
c0024243_20152865.jpg
今年で9回目を迎えるUS最大級の音楽フェス、コーチェラこと<Coachella Valley Music & Arts Festival>の出演ラインナップが、今月21日に発表。
ジャック・ジョンソン、ポーティスヘッド、ロジャー・ウォーターズの3組がヘッドライナー出演。
なかでもロジャー・ウォーターズは、ピンク・フロイド時代の名作『Dark Side Of The Moon(邦題:狂気)』をフルセットで再現する特別ステージを披露予定。

4/25(金)~4/27(日)の3日間、カリフォルニア州インディオにて開催。
チケットは1/25(金)の10:00(PST)より発売を開始。
なお、8月には同フェスのニュージャージーでの開催も見込まれている。

公式サイト(出演者詳細):http://www.coachella.com/updates/news

えっと、めっちゃ観たいのは、 The Verve, The Breeders, My Morning Jacket!

Death Cab for Cutie, Spiritualized, Sons & Daughtersほか気になるのも十何組いるっちゃいますが、どうなのよ、これって!?

断然こっちのがイイ!!
by 033_MFS | 2008-01-23 20:38 | ♪音楽-雑記
赤ブリ早よ行きたいっ!
昨年は東京に続々と新名所が誕生してましたけど、ミッドタウンもイトシアも
未だに行ったことありませーん・・・。

そんな疎いアタクシでも、アンテナに引っかかっている新スポットが!

「赤坂五丁目TBS開発計画」もいよいよ大詰め、
新たな名所 「赤坂サカス」 が3月に登場!
‘和’を重視したイメージビジュアルを展開、様々な種類の桜が100本以上
咲き並ぶガーデンができるそうな。ほぉ。

3月6日にオープンする商業施設 「赤坂Bizタワー SHOPS & DINING」
出店店舗の一覧はコチラのニュースに紹介されています。

ビミョーなネーミングの新スポットですが、一時休館していた赤坂BLITZが
再オープンするのが嬉しいー!!

96年4月から03年8月まで開いていた赤ブリは最も好きなハコの1つでした!行った回数はそんなに多くはないし、音響は良くも悪くもなかった印象ですが。(追記:ココで観たRadioheadは人生のベスト5に入る!ベルセバの初来日、DVDをリリースしたASHが思い出深いです♪)
最寄駅から徒歩1分という抜群の好立地と周辺は飲食店や飲み屋が充実していたのも魅力的!超個人的なメリットだけど、勤務地からも、帰宅するのも、電車で乗り換え無し1本で行けるんだもーん!早退しなくても開場に間に合うのは有り難いことだ。
c0024243_2344260.jpg
昨日、赤坂界隈に出掛けたので、わざわざ様子を見に行ってしまいましたー
c0024243_23445534.jpg
まだ工事中の部分があるため、関係者以外は立ち入り禁止になってた。

赤坂駅の地上に出てから徒歩1分は変わらないですね~。キャパが旧施設より4~500人減って、1300人弱になるってゆうのもいいわー。

で、肝心の公演予定ですが、観たいのがさっぱり来ないんですけどぉ!
洋バンド全然少ないし・・・。(元から邦バンドが強かったっけね)

う~ん、ライヴで行く予定なかったら、やっぱり話題のスポットにはしばらく
ご縁がなさそうだ・・。
by 033_MFS | 2008-01-21 23:55 | ♪音楽-雑記
Black Rebel Motorcycle Club@Duo Music Exchange(1/11)
新年1発目のライヴはBRMC×2daysという申し分のないスタートでした!

申し分ないどころではない、ヤラれた! 最高だったー!!!

先に書いてしまうと、2日目のduoは3時間という濃厚なパフォーマンスを魅せてくれたのですよ!一生記憶に刻まれるライヴであったことは間違いないっ!演奏時間の長さと感動が比例するとは思わないが、無関係でもない。更新の遅さとレポの充実度は比例していません・・・・悪しからず。そんな凄いライヴの何をどこからどこまで書けばいいのだろう.....。
c0024243_1335683.jpg
とりあえず初日のAstroから、終演後の友人らとの会話なども元に書いてみる。つまらないことだけど、招待者が開場と同時に入場していたことに疑問というか不信を抱いたちゃった。会場内に入ると自分の整理番号より多い人数がすでに居たもん(苦笑)Nick前の最前に行けたので個人的には不満ないけど、恐らく無料だろうし、業界人だろうが2階席がなかろうが、良い気分はしないですぜ。

ちょっと退屈なSEが待ち時間のまったり感を増長させ20分押しで開演、ハープとアコギの弾き語りで登場したPete、うぉ~渋い!途中ドラムセットに座ったNickがコーラスに加わる、きゃ~カワイイ!3曲目にRobが登場し、歓声に笑みを浮かべてる、いや~んフツーにカッコイイ!

ステージ向かって右端がPete(g)、左端がRob(b)、中央後方にNick(d)という基本スタイル、曲によってPeteとRobのリード・ヴォーカルが変わったりギターとベースの持ち替えは変わらずだが、左端に置いた鍵盤を弾きながら歌うRob、Peteのトロンボーン、Nickがかなりコーラスに参加してること、楽曲・アレンジ・演奏・ステージの進行、音楽的な幅が広がったなー。カッコイイだけじゃない、懐の深さに魅入ってしまった。

Robがアコギ弾き語りタイムで真ん中から右寄りのモニターに座ると、最初のフレーズが出てこないらしく困った照れ笑い。話すときはボソボソしてるけど感情豊かで熱い人なのね。攻撃的な曲では手をちょっと伸ばせば触れる位置まで出てきて激しくかき鳴らす!

曲間のチューニング中に「C-C-D#-G……」 おもむろにコード進行を口にして、マジカルなんだよね~と言って微笑むPeteさん、反則的にステキです.....。

Nickの叩き方は女子みたい、リズムずれて聞こえるときがあった・・というのは否定できないっすが、イイ音出してるときもいっぱいあったぞ!やる気あるのかないのか分からない表情に母性本能がくすぐられる!?

強く印象に残った曲は新作収録の‘666 Conducer’と‘American X’!!ダークでスペーシーなブルースは間奏で凄みが一段と増す。退廃的な雰囲気が漂うなか、陶酔感に浸ってたよ。‘American X’でベースを弾くPeteの指がなめらかで美しかった~。

‘Punk Song’で最大の盛り上がりをもって終演、幸運にも友人はNickのスティック、私はセットリストを受け取ることができしばし満足感に満たされていると、興奮冷めやらぬ観客の熱気にPeteが再登場!アコギの弾き語りを2曲聴かせてくれました。このファンサービスにはグッときたね。

Peteさん、Robちん、Nickちゃんの名前を覚える気のない友人は髪型で区別しておりました。なでつけ、もしゃもしゃ、キタロー・・・。

2日目のduoは前日の2倍以上のキャパで、若者も多い!男性率高い!ドクロの垂れ幕がさがってる!この会場は前から10列目あたりでもステージが全然見えなかった苦い思い出があるため、下がったところから3人が視界に収まる位置を狙ってステージ向かって左側の後段最前から観ることにした。

この日のSEはカッチョイイ曲が流れてたんで時間経つのが早く感じられた。で、やっぱり20分押しで開演。前作の『Howl』からアコースティックでブルージーな4曲が続いた、序盤で前日より1曲増えてる!?

後方から観ていて、観客の熱い視線と声援を感じたよ。メンバーの名前を叫ぶ応援合戦だった前日は珍しい光景だったのかな。「コンバンワ、ゲンキデスカ」なんて日本語がスラスラ?でてきて、メンバーもリラックスしていたのではないでしょうか。客とのレスポンスも多かったし。Peteは後半やたらタバコ吸ってたな。

前日演らなかった曲を織り交ぜながら進行していく。‘Six Barrel Shotgun’、 ‘Need Some Air’の分かりやすいアップテンポな曲は、やはり嬉しい!

Robアコギ弾き語りのカヴァーはローゼズの‘I Am The Ressurection’!!きゃー!途中まで気づかなかったけど・・好感度がぐんとあがった!後日知ったことですが、この2日間で披露したカヴァー曲はBob Dylan、Johnny Cash、John Lennon。(ファンサイトの管理人miuさん情報を参考にset listを補完)

Peteの歌声のほうが艶気があって高音域もしっかり聴き取れる。ギターはこれ見よがしではなく、重くてグルーヴィで器用さも感じる。Robは荒っぽくてダイナミック、ステージ左右からフロアに降りてもみくちゃにされながら一体感を楽しんでましたね。

‘Punk Song’を終えたときは、2時間以上経過、ここで終わっていても満足していたと思う。アンコールはバンド・スタイルで‘In Like The Rose’、数少ない2ndからの曲だ、ヤッター!ローディさんがサポートで加わったこと以外は、本編の続きのような流れ。ベーアンに貼っていたセットリストが2列になってるのは見えていたけど、遠目だったし、まさかねぇ・・と思ってたから、ビックリだよ!

最後はNickが叩けなくなり、Peteが場をおさめるように終演の挨拶をするが、Robは「C'mon Nick!」って、まだ続けようとしてたのかい?!あやふやな終わりかただったけど、時計を見て笑ってしまった。なんだこの充実感は!

この日はRobに心を奪われちゃった~。感極まっていたように見えたこともあったし、バンドへの深い愛情が感じられたから!Nickに対するSっ気な態度も含めてね、ふふ。

求めていた以上のことを伝えてくれた素晴らしいライヴでした◎◎◎
c0024243_1343960.jpg


【set list】
by 033_MFS | 2008-01-17 06:00 | ♪音楽-LIVE
Black Rebel Motorcycle Club@Astro Hall(1/10)
BRMCの東京初日行ってきた!腕と背中が筋肉痛だー。骨盤も痛い・・(苦笑)

ソールドアウトだけあって開場前から人が集まり、年齢層は若い世代少な目な印象に油断していたら、結構ガツガツしてたよ。最も激しかった‘Punk Song’ で背後からのモッシュと手すりバーに挟まれて、正月明けのたるんだ腹に食い込んで苦しかった~。

前回の来日から4年ぶりに観たのですが、ブルージーで素敵な渋み、イイ男っぷりが増して、特に後半はうっとり&コーフンの連続!目が3つ欲しかった~!

初見の連れ友2人もご満悦な様子で勧めてよかったぜ!カッコイイ~!と感じたメンバーが、3人3様の見方で面白かったわ。OちゃんはPeteさんの撫でつけた髪・・じゃなくて、トロンボーンとベースに萌え。gちゃんはRobの開放弦弾き(がイチバンの理由ではないケド)、私はNickの裸足に・・っていうのはウソで、とにかく目の保養になりました、えへっ。

今日は真ん中から後方あたりでじっくり観てみるつもり。次回のレポでは曲や演奏の感想についてもまとめて書いてみたいです♪

【set list】修正版(1/16追記)
by 033_MFS | 2008-01-11 14:00 | ♪音楽-LIVE
今年の初遠征は・・・
c0024243_1232724.jpg
クラシック音楽の都、ウィーンからスマパンのチケが届いちまったよぅ。

そりゃ、申し込んだから当然といっちゃ当然なんですが。

オーストリアのチケ屋さん、仕事早っ!くて驚いたわー。

ネットでポチッとやってしまってから1週間も経ってないぞ。

スマパン観たいけど、けど、けど・・・
by 033_MFS | 2008-01-10 02:51 | ♪音楽-雑記
フジの大トリで観たいバンド!
♪“R.E.M. Live”/ R.E.M.

c0024243_23462718.jpg【昨年‘Rock and Roll Hall of Fame’ロックの殿堂)入りを果たしたUSを代表するバンド、R.E.M.のキャリア14枚目にして初となるライヴ・アルバム。
05年に行われた『Around The Sun Tour』の中から2月のダブリン公演の模様、今回が初CD化となる楽曲 “I'm Gonna DJ”の音源も収録。】

昨秋以降にリリースされた、たまった未聴盤の中から新年の初聴きはコレ!
2CD+DVDの3枚組で全22曲収録。CD2枚分とDVD映像の収録曲は同内容ということで、DVDを鑑賞。2年半も前のライヴを中途半端な時期にリリースするなぁ・・としばらく放置してしまったけど、05年3月の来日公演を思い出し気分が高揚してきてしまったわん♪

インタビューといったボーナス映像は無く、開演前のバックステージが少し映し出されるだけ、ほぼライヴ映像のみで構成された、タイトル通りの直球な内容!アイマスク・メイクを施している最中のマイケル・スタイプの映像は貴重かも。

来日公演もこんなんだったっけ?!と記憶が曖昧なのだが、ライティングが綺麗!Depeche ModeのライブDVDを制作したことでも知られるBlue Leachが監督を務め、ダイナミックなカメラワークが臨場感を演出。モノクロやデジタル加工の切り替えとか、素人目にも編集が凝ってるなと感じました。洗い落とせなかったアイメイクの黒墨が、スタイプの手のひらや爪先に残ってるのが分かるよ~。

The Point Depotという8,500人キャパの会場、飛び跳ねたり合唱して盛り上がってる観客の様子も良い感じ。最前に日本人らしき女性が居たのは立派!
演奏面は、ギターとキーボード2人のサポート・メンバーが加わった厚いバンドサウンド。アンコールでThe Thrillsのギター君がゲスト出演してるのがチラっと映ってます。

スタイプのクネクネした動きや観客に向ける笑顔がキュート!ライヴならではのエネルギッシュな歌声、涙を誘う深い歌声、素晴らしい!!!R.E.M.のライブって年々パワフルになってませんか!?

一昨日、スタイプの誕生日(48歳おめでとう~!)に、オフィシャルサイトで今年のSXSW(毎年3月に米テキサス州オースティンで開催される音楽見本市)に出演することを発表しましたね。
4月1日リリース予定の4年ぶりの新作『Accelerate』は「過去20年間で最も速く出来上がった、ギター中心のサウンドで1番疾走感のあるアルバム」というインタビュー記事に期待が高まります!
今年は精力的にライヴ活動するのかしら?ヤバイ!凄ーーーく観たいっ!!

c0024243_23471691.jpg
..................日高さん、スマパンも一緒に呼んでくだされ!
by 033_MFS | 2008-01-06 23:45 | ♪音楽-レヴュー
♪私的2007ベスト・アルバム&ライヴ10
新年おめでとうございます!!
昨年はブログを通じてお馴染みさんも初対面さんもお世話になりました。記事の更新と皆さんのところへの訪問もままならない状況が続いてゴメンなさい!
今年も引き続きお付き合いのほど、よろしくお願いしま~す♪

【Best Album】
新年持ち越しとなってしまったけど、07年の個人的な音楽生活を振り返ることからスタートさせます!昨年リリースの新譜80枚ほど購入は例年並み、旧譜も相当数出費しちゃったなぁ・・。HMVの新メンバーズ・カードが店舗&オンライン購入のポイント合算となり、購買欲を刺激されてしまった。ゲットしたはいいが、かなり消化しきれていないのが実情で・・・・・反省しておりマス。

c0024243_2213019.jpgc0024243_22134671.jpgc0024243_22141899.jpg
c0024243_22151071.jpgc0024243_22153152.jpgc0024243_2215465.jpgc0024243_22161437.jpg
c0024243_22172026.jpgc0024243_2217361.jpgc0024243_2218043.jpg

01. “In Rainbows”/ RADIOHEAD
02. “Make Another World”/ IDLEWILD
03. “Wincing The Night Away”/ THE SHINS
04. “Baby 81”/ BLACK REBEL MOTORCYCLE CLUB
05. “No Need To Be Downhearted”/ THE ELECTRIC SOFT PARADE
06. “Teenager”/ THE THRILLS
07. “An End Has A Start”/ EDITORS
08. “Twilight Of The Innocents”/ ASH
09. “Men's Needs, Women's Needs, Whatever”/ THE CRIBS
10. “Hats Off To The Buskers”/ THE VIEW


Radioheadはダウンロードのみであれば対象外でしたが、CDとしてリリースされたこと、DISC BOXのDisc2を聴いて2枚組として再評価!これから聴き込んでいく途中ですが新たな魅力を発見できそう、という期待も込めて。
Idlewild以下はよく聴いた愛聴盤をおのずと選んだという感じですね~。

ベスト10候補だった次点作たち・・
c0024243_22192363.jpgc0024243_22194234.jpgc0024243_22195669.jpgc0024243_22201039.jpgc0024243_22202357.jpg

【Best Live】
単独40公演+フェスorイベント5つ(FRF3days、サマソニ2days、British Anthems、音博他)、インストア2つ、友人バンド4~5回と我ながら頑張った!
ベスト10組で、複数公演観ている場合は印象の強い日を挙げてます!

01. IDLEWILD@duo Music Exchange(3/5)
02. JASON FALKNER@Shibuya O-Nest(9/25)
03. THE SHINS@FRF07 White Stage(7/29)
04. AQUALUNG@Shibuya Club Quattro(6/3)
05. THE COOPER TEMPLE CLAUSE@Liquidroom(4/11)
06. BECK@Nippon Budokan(4/16)
07. CLAP YOUR HANDS SAY YEAH@FRF07 Red Marquee(7/29)
08. OCEAN COLOUR SCENE@FRF07 Red Marquee(7/27)
09. THE CURE@FRF07 Green Stage(7/27)
10. !!!(chk chk chk)@Shibuya O-EAST(3/2)
10. DINOSAUR JR.@Summer Sonic07 Sonic Stage(8/11)

07年はドルワイイヤーでした!来日とUK公演ともに満喫♪東京公演を挙げたのは、Rodの弾けっぷりが強烈に印象に残っているから。次回も遠征できるようドルワイ貯金始めなくっちゃ!
音楽関連で最もショッキングだったのは、TCTCの来日公演直後の解散表明。あと、スノパトの来日中止も昨年の出来事かぁ。。

今年もライブより興味を持てることは・・・・なさそうだ。ご縁ある方たちと会場でお会いできることを楽しみにしてまーす!
by 033_MFS | 2008-01-02 23:54 | ♪音楽-雑記


♪My Antenna♪
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ